東和薬品株式会社、TIS株式会社からの出資により対話型支援機器「comuoon®」自治体や医療機関・保険薬局・介護施設での展開拡大

ヘルスケア領域における、「comuoon®︎」の技術を生かした新たなサービス創出も目指す

 
  卓上型会話支援機器「comuoon®シリーズ」の設計・開発・販売を行うユニバーサル・サウンドデザイン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:中石 真一路 、以下『ユニバーサル・サウンドデザイン』)は、この度、東和薬品株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:吉田逸郎、以下、東和薬品)、TIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野徹、以下、TIS)からの出資をうけることとなり、2社の合併会社であるTスクエアソリューションズ株式会社(本社:大阪府守口市、代表取締役社長:天野雄介、以下Tスクエアソリューションズ)を通して、「comuoon®シリーズ」の販売を拡大します。

 現在、超高齢化社会による難聴者増加に加え、ヘッドフォンによる騒音性難聴やストレスによる突発性難聴など、“難聴”に悩む方は増加しています。このような“聴こえ”に関する社会課題解決を目指し、今回、Tスクエアソリューションズを通して、自治体や医療機関・介護施設・保険薬局への「comuoon®」の展開を強化していきます。
また、東和薬品、TISとの協業により、「comuoon®」の技術を活かしたアプリケーションの開発など、ヘルスケア領域における新たなサービス創出も目指してまいります。

「comuoon®」について


「comuoon®」は、聴こえが気になる方に対して、話者側から歩み寄るというコミュニケーション支援の新しい形を実現した、卓上型会話支援システムです。
補聴器のように従来の”聴き手”側のみの問題に焦点を当てるのではなく、”話し手”の声を聞きやすい音質に変換しコミュニケーションを支援します。2016年度と2017年度グッドデザイン賞を受賞。「グッドデザイン・ベスト100」にも選出されました。


「comuoon®」は、米国脳科学関連学会「14th Annual World Congress of Brain Mapping and Therapeutics」および、「第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会」において、脳科学的視点から難聴者に対する語音弁別の有用性を発表し、音の大きさではなく「明瞭度」が難聴者のコミュニケーションにおいて必要であることを証明しました。「comuoon®」は難聴者への生活支援ツールならびに、聴覚リハビリツールとしての活用が可能です。
 

 

ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社 について

・設立          :2012年4月
・資本金       :338,310,000円
・代表者       :代表取締役 中石真一路(なかいし しんいちろう)
・所在地       :東京都港区海岸1-9-11 マリンクス・タワー2F
・事業内容    :聴こえ支援機器の設計・開発・販売 
                      各種店舗、建築物および室内空間のサウンドデザイン企画、制作コンサルタント業
                      スマートフォンアプリケーションの設計・デザイン・開発
                スピーカーおよびアンプなどの音響機器の設計・製造・販売
                      PAおよびSR用音響機器の改修および修理
・URL       :http://u-s-d.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社 >
  3. 東和薬品株式会社、TIS株式会社からの出資により対話型支援機器「comuoon®」自治体や医療機関・保険薬局・介護施設での展開拡大