タイトーが新規事業に進出「食」と「遊」 が融合した新店舗『EXBAR TOKYO』2019年11月中旬 銀座にオープン

日本に、“大人に美味しい遊び場”を。

​株式会社タイトー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山田 哲、以下タイトー)は、新規事業として「食」と「遊」が融合した新店舗『EXBAR TOKYO(エクスバー トーキョー)』を2019年11月中旬、銀座コリドー街にオープンいたします。

 


人生は、いまがいちばん楽しい。
「食」と「遊」が融合した大人のためのイータテインメント

 スペースインベーダーに代表されるビデオゲームをはじめ、アーケードゲームの開発やアミューズメント施設の運営など、数々のエンターテインメントを生み出してきたタイトーが、新たに“大人に美味しい遊び場”をご提案いたします。成熟した大人たちに向けた新しいタイプの飲食店、『EXBAR TOKYO』をオープンいたします。店内は肉料理をメインとした上質な空間を楽しめるファインダイニングエリアと、ゲームや音楽などのエンタメ要素に触れながら食事とお酒が楽しめるガストロパブエリアの2つのエリアから構成されています。

【EXBAR TOKYO 3つの特徴】

1.大人が楽しめる、上質な“食”
 大人の為の空間だからこそ、大人にふさわしい上質な“食”を追求いたしました。国産のクラフトビールを始め世界中のビールやワイン、肉料理を軸とした“遊び心”あふれる演出を計画しております。

2.大人にこそ、“楽しさと驚き”を。
 五感を刺激する新しい形の遊び場は、大人に“楽しさと驚き”をお届けします。食事をしながら誰もが楽しめる体験型ゲーム、スポーツ観戦やイベントを盛り上げる迫力の大画面モニター、JAZZを中心としたDJやミュージシャンによるライブパフォーマンスなどの店内BGM、今までになかったゲーム×BAR×ミュージッククラブが融合したイータテインメント空間をお楽しみください。

3.“遊び”を邪魔しない、自由な時間。
 EXBAR TOKYOでは楽しく過ごしていただくための新たな仕組みをご提供いたします。ガストロパブエリアではタイトーが新規開発するセルフビールタップを始め、お客さまが自由に楽しんでいただくためのシステムが、大人の“遊び”を邪魔しない、スマートなひと時を演出します。
 
  • 代表取締役社長 山田哲・コメント
  

 タイトーは“フィジカル・エンターテインメント”でリーディングカンパニーを目指しています。そのような中で、我々のコア事業であるアミューズメント施設には、ミドル世代のお客様たちになかなか足を運んでいただけていないというのが現状です。
 そこで、心地よい音楽を聴きながら、美味しいお酒やお食事で仲間と語らい、昔得意としたゲームを楽しむ、そんな大人の遊びの空間があったら思いっきり楽しんでいただけるのではないかと考え「大人に美味しい遊び場」を創ってみました。でも、昔のゲームと言っても、最新技術を使うなど、新しい工夫が随所に。ぜひ一度、足をお運びください。


【施設概要】
施設名称 EXBAR TOKYO
所在地 東京都中央区銀座8-2-1 ニッタビル8階
施設面積 約512.16㎡(ガストロパブ100名収容、レストラン66席)
営業時間(予定) 日~木 17:00~24:00、金・土・祝前日 17:00~27:00(定休日:無し)

 


【タイトーについて】
 株式会社タイトーは、業界をリードするアミューズメント施設「タイトーステーション」の運営を行うアミューズメント・オペーレーターであると共に、多彩なコンテンツ/サービスを提供している会社です。代表作には、「スペースインベーダー」をはじめ、「アルカノイド」、「パズルボブル」などがあります。
 タイトーはこれからもエンターテインメント体験・空間を通じて笑顔や新たな驚き、人とのつながりをご提供してまいります。

【商標】
・TAITO、TAITOロゴおよび「スペースインベーダー」「EXBAR TOKYO」は、日本およびその他の国における株式会社タイトーの商標または登録商標です。
・ その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※お料理は株式会社FTG Companyの監修によるメニューをご提供予定です。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タイトー >
  3. タイトーが新規事業に進出「食」と「遊」 が融合した新店舗『EXBAR TOKYO』2019年11月中旬 銀座にオープン