現役保育士の76.3%が「辞めたい」と考えたことがある!3人に1人が、保育園以外での働き方を知らない

〜ライフイベントによる離職率0%を実現したメディフェア、「保育士のお仕事」に関する意識調査実施〜

 保育士の働く環境を整える株式会社 メディフェア(本社:東京都新宿区、代表取締役:青木隆弥)は、現役保育士97名を対象に実施した「保育士のお仕事」に関する意識調査の結果を発表しました。
  • 「保育士のお仕事」に関する意識調査
調査概要:「保育士のお仕事」に関する意識調査
有効回答:現役保育士97名
調査期間:2019年9月6日~2019年9月9日
 
  • 保育士として働いている年数
 はじめに、「Q. 保育士として働いている年数を教えてください。」(n=97)と質問したところ、「10年以上」が28.9%と最多、次いで「5年〜10年未満」が19.6%と、長く保育士として働いている方が多いことがわかりました。

Q. 保育士として働いている年数を教えてください。Q. 保育士として働いている年数を教えてください。


・1年未満:16.5%
・1年〜3年未満:18.6%
・3年〜5年未満:16.4%
・5年〜10年未満:19.6%
・10年以上:28.9%


 
  • 67%の保育士が保育園で働く
 次に、「Q. 保育士としてどのような業態にお勤めですか?」(n=97)と質問したところ、「保育園内保育士」が67.0%と、半数以上の保育士が保育園で働いていることが判明しました。

Q. 保育士として働いている年数を教えてください。Q. 保育士として働いている年数を教えてください。


・保育園内保育士:67.0%
・病院内保育士:2.1%
・病棟保育士:4.1%
・企業内保育士:9.3%
・その他:17.5%

 
  • 「保育士をやめたいと考えたことがある」保育士76.3%
 さらに、「Q.保育士の仕事をやめようと考えたことはありますか?」(n=97)と質問したところ、76.3%の人が「ある」と回答。一見無邪気な子どもの世話をする楽しそうなお仕事の反面、過酷な労働環境で有名な保育士のお仕事。辞めたいと考えたことのある人も多いようです。

 

Q.保育士の仕事をやめようと考えたことはありますか?Q.保育士の仕事をやめようと考えたことはありますか?


・ある:76.3%
・ない:18.5%
・答えたくない:5.2%

 
  • 保育士を続けている理由、40.6%が「子どもが好きだから」
 続けて、Q3で「ある」と回答した人に「Q. 現在でも保育士を続けている理由」を質問したところ、「子どもが好きだから」が40.6%、次いで「生計のため」が37.8%、「他にやりたいことがないから」が13.5%という結果になりました。
 保育士の仕事は特殊なイメージを持たれることも多く、いざ保育士以外の職業に転職するとなっても、なかなか採用されないということが多々あるようです。保育士を辞めたいと考えたとしても、生きていくために続けている人も多いことがわかりました。

Q. 現在でも保育士を続けている理由Q. 現在でも保育士を続けている理由

・子どもが好きだから:40.6%

・生計のため:37.8%
・他にやりたいことがないから:13.5%
・その他:8.1%
 
  • 81.4%の保育士が「保育が好き」
 次に、「Q. 保育は好きですか?」(n=97)という質問では、81.4%の人が「好き」と回答。働く環境がキツイなど保育士の仕事は色々な不満も多く聞くものの、根本には「子どもが好き」という気持ちが大きく、子どもと関われる保育の仕事を好きと実感している人が多いようです。

Q. 保育は好きですか?Q. 保育は好きですか?


・好き:81.4%
・好きではない:18.6%
 
  • 保育士の働く環境、多様化していることを「知らない」保育士36.1%
 最後に「Q. 保育士の働く環境として、病院保育士、病棟保育士、企業保育費がありますが、それぞれの仕事環境の具体的な違いをご存知ですか?」と質問すると、36.1%の人が「知らない」と回答。保育園内保育で働く人が多い中で、保育士の内3人に1人は保育園以外の働く環境について、まだまだ認知されていないことが明らかになりました。

Q. 保育士の働く環境として、病院保育士、病棟保育士、企業保育費の仕事環境の具体的な違いをご存知ですか?Q. 保育士の働く環境として、病院保育士、病棟保育士、企業保育費の仕事環境の具体的な違いをご存知ですか?


・知っている:63.9%
・知らない:36.1%
 
  • まとめ
 保育士の仕事というと、「給料が安い」「仕事がきつい」「残業が多い」「残業代が出ない」「勤務時間が長い」などはよく聞く話。加えて、他人のお子様の命を預かるという、非常に責任の重い仕事でもあります。現実問題として、多くの保育園はギリギリの費用のなかで運営していることが多く、一人の保育士に対しての仕事量は多い反面、報酬は少ないのが現実です。今回の調査でも、7割を超える保育士が「辞めたいと考えたことがある」と回答するなど、率直な結果が出ています。
 さらに、今年10月からは保育無償化が適用され、幼稚園や保育所の利用料が無料になる子どもも増えるため、ますます保育士の需要は高まることが予想されます。一人でも多くの保育士が満足して働けるよう、保育士の働く環境整備が急速に求められています。
 
  • 保育園だけが保育士の働く場所だと思っていませんか?

 保育士をやめたいと考えていても、子ども達のことや施設の人員確保を気にして、結局転職できない保育士の方もいることでしょう。しかし、いつまでも環境が改善しない職場にいては、保育の仕事自体が嫌いになってしまいます。せっかく子どもが好きで保育士になったのであれば、保育士を諦めるのではなく「職場」を変えるべき。メディフェアは、認可保育所と同じ環境で、認可保育所よりも職員の数が充実している”事業所内保育所”を推奨しています。ライフイベント(結婚・妊娠・出産)による離職率0%を実現した私たちが、保育士の理想の働き方をご提案いたします。
(▼保育の未来を考えるメディア「ほいくらぶ」:https://www.hoikushi-future.com/)
 
  • 会社概要
会社名      :株式会社 メディフェア
代表者      :代表取締役 青木隆弥
所在地      :東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿AVENUE6階(CROSSCORP内)
事業内容     :1)保育事業(企業主導型保育所、院内・事業所内保育所の運営)
          2)訪問看護事業
          3)セミナー、研修事業
コーポレートサイト:http://medifare.jp/


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 メディフェア >
  3. 現役保育士の76.3%が「辞めたい」と考えたことがある!3人に1人が、保育園以外での働き方を知らない