介護&看護 EXPOに出展!!地方の看護師・介護福祉士の人材不足を解消!!

採用を確約し・一定期間勤務する「医療系外国人材採用システム」のご紹介

安定的な人材確保を課題としている病院・介護施設の経営者向けに、看護師・介護福祉士の採用を確約し・一定期間勤務する「医療系外国人材採用システム」が開発されました。このサービスは、奨学金を支払うだけで採用費用等は不要、一定期間(看護師は3年・介護福祉士は5年)勤務する日本語堪能で日本資格取得済の外国人看護師・介護福祉士を採用できるシステムです。

 

現地の医学部生たち(看護、医師)現地の医学部生たち(看護、医師)

 

2025年には3人に1人が高齢者になると推定されています。病院・介護施設の存在がますます重要となるなか、病院経営に必須の看護師等有資格者の人材確保が非常に厳しい状況が続いています。

松戸国際学院は、「日本のビジネスの現場で活躍できる海外留学生を育成する」ことを理念に掲げ、30年間指導してきました。1989年開校以来2019年までに日本のビジネス現場で活躍する卒業生を2,000人以上輩出し、日本の人材不足解消の一翼を担っています。

そのノウハウを活かし今回、優秀な外国人材を有資格者として病院・介護施設で安定的に採用・勤務継続できるシステムを開発しました。

医療機関の人材確保の課題を解決し、医療機関の基盤が維持・向上することで、高齢化社会の中でも人々が安心して医療サービスを受けて暮らせる環境が整います。特に地方の医療・介護現場に大きく貢献できるサービスです。
 

奨学金のしくみ奨学金のしくみ


具体的なしくみですが、松戸国際学院が提携機関と日本語教育を受け現地看護師資格のある優秀な学生を発掘・選考します。そして一定期間日本で徹底した日本語能力向上と看護師資格取得のための教育を行います。そして日本語が堪能で(日本語能力検定最上位資格を取得)日本の看護師資格を取得した状態の外国人看護師を育て、契約機関に就労し、一定期間勤務します。

 

 

 

 

ービスを広く紹介するために、10月23日(水)~25日(金)に幕張メッセで開催される「介護と福祉の展示会」に出展します。

展示会名:第2回 介護&看護 EXPO [東京]
出展内容:松戸国際学院「医療系外国人材採用システム」
https://www.nursing-expo.jp/ja-jp.html
期間:2019年10月23日(水)~2019年10月25日(金)
開催時間:10:00~18:00【25日(金)のみ17:00終了】


今回紹介するシステムを導入いただくことで、今後深刻な労働人材不足を迎える地方都市の介護施設や病院が、安定的に介護士・看護師に採用することが可能になります。
人材が育ち、基盤が整った医療施設が増えていくことで、人々が安心して医療・介護サービスを受けられる環境が維持できます。
都心に人口集中が進む中、地方に暮らす人々が安心して医療を受けられる環境作りに海外留学生と共に貢献して参ります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 松戸国際学院 >
  3. 介護&看護 EXPOに出展!!地方の看護師・介護福祉士の人材不足を解消!!