【シングルファーザーに吉報】日本初!!使い切り布ナプキン採用「はじめて生理セット」スタート

ひとりで女の子を育てるお父さんに送りたい、女の子ママが考えた初経セット

増加するシングルファザー家庭。ひとりで女の子を育てるお父さんには、お子さん体の変化についてどう対応して良いか悩んでいる実態があります。「消費を通じて社会と向き合う」アミー株式会社(所在地:東京都港区、代表者:渡部雪絵)は、女性について考える日である国際女性デーの3月8日、お父さんの一助となるべく女の子を育てるお母さんが考えた初経セット「はじめて生理セット」の取り扱いをはじめます。


家族の形態が多様化しているなか、シングルファーザーは2000年の18.1万人から2005年には20.2万人と増加傾向にあります(出典:総務省統計局「シングル・ファーザーの最近の状況」2010年発表)。


2017年に株式会社ユニクロがシングルファーザーに実施した「思春期の娘の子育て問題に関する調査」によると、小学校高学年の娘を育てるにあたり大多数の74.0%が戸惑ったり、困った経験があったといいます。そのうち36.0%のお父さんが『1人で解決できず、誰かに助けを求めたい』と感じたうえ、その内容として『娘の発育』をあげ、女性特有の変化である胸の成長や生理への対応ができなかったと回答しています。

このような社会問題を受け、アミー社は当社女性役員がセット内容を考え、日本で初めて衛生的かつより肌に負担の少ない「使い切り布ナプキン」を採用した「はじめて生理セット」の取り扱いを始めます。
 



アミー社には、シングルファーザーから「娘が(デリケートゾーンが)赤くなっているけどどうして良いか分からない」という声も届いております。

社会問題の1つでもあるシングルファーザーの悩み。

この解決と、はじめて迎える生理への対応策や選択肢を増やすことを目標に、アミー社は女性について考える日である国際女性デーの3月8日を本商品の取扱開始日としました。

 

  • 使い切り布ナプキン(布ライナー)とは

 

近年、注目を集めるコットン100%でできた新しいサニタリー商品の1つ。生理のときは他の生理用品と併用したり、本商品を重ね付けして使用。おりものシートやライナーとしてショーツに直接貼り付け、単品使いも可能。アミーの使い切り布ナプキン・布ライナー(日本製)はシールが布に添付されているためワンタッチで装着でき、ショーツにノリ残りもしません(特許出願中)。
 

 



 

  • 女の子の”気になる…”に配慮した「はじめて生理セット」の内容

※国際女性デーの3月8日より公式オンラインストア(https://amiee.theshop.jp)にて取扱いスタート。
※販売価格:1,320円(税込)
 

 


① アミー使い切り布ナプキン・布ライナー3枚
初潮を迎えた年代の女の子はデリケートゾーンが痒かったりしてもなかなか「言えない」。下着感覚の布ナプキンは、デリケートゾーンのトラブル対処で使い、悩みが軽減したというお声も多数届いています。

② シシフィーユ オーガニックコットン生理用ナプキン3個
デリケートゾーンにはなるべくナチュラルなものを使いたい、と願うのは大人も子どもも一緒。「自然な素材だから安心だよ」という大人のひとことが、子ども不安解消につながるかもしれません。

③三河木綿採用ハンカチ見えガーゼポーチ
ナプキンを入れた「いかにも」なポーチを持ってお手洗いに向かうのは気になるし恥ずかしい。そこでアミーでは「ハンカチ見え」する国産ポーチをセットに取り入れました。
 

 


シングルファザーには、男性だからこそ人に相談できない悩みが数多く存在します。

一人でも多くの、女の子をひとりで育てるお父さんの力になるべく本件につきましてご取材いただき、報道のお力で多くの方にお知らせいただければ幸いです。


【取材に関するお問合せ先】

アミー株式会社
渡部(わたべ) 070-2174-0716 / 松原 090-1697-0555
E-mail:info@amiee.jp      公式サイト http://amiee.jp
※アミーは、途上国の女の子の教育や生理に関する問題解決に向け、 1商品の販売につき5円を国際NGO団体に寄付します。

 

 

 


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アミー株式会社 >
  3. 【シングルファーザーに吉報】日本初!!使い切り布ナプキン採用「はじめて生理セット」スタート