5G時代の「ファン共創型」ライブを創出するBEAMING。株式投資型クラウドファンディングを開始

~音楽ビジネスをテクノロジーでネクストステージへ~

ユーザー共創型ライブ『SHOWCASE LIVE』と、アーティストの成長に応じたリターンをファンも得られるようにし、「応援しがい」を生み出す『ポテンシャルカード』を通して、新しいエンタメ&応援体験を提供する、次世代音楽プラットフォームMUSER(ミューザー)を運営する株式会社BEAMING(東京都渋谷区 代表取締役:次呂久博幸)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2019年10月20日(日)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。

【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/95

■ 独立系アーティストが活躍する「個の時代」に対応したエコシステムを構築する
「個の時代」と言われ、「ユーチューバー」や「インフルエンサー」が活躍する中、音楽業界でも、世界中で「独立系アーティスト」たちが躍進し、市場を拡大していますが、株式会社BEAMINGは、ここ日本における、独立系アーティスト市場拡大の担い手として、アーティストのフロー収入(勤労所得)を拡大する『SHOWCASE LIVE』、CDに代わり、アーティストに新たなストック収入(不労所得)を創出する『ポテンシャルカード』の2つの取り組みを中心に、次世代音楽プラットフォーム『MUSER』の構築を進めています。

この度『MUSER』のさらなるユーザー規模拡大とサービス開発を目的とし、2019年10月15日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたします。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2019年10月20日~2019年10月22日、上限とする募集額は 50,000,000円(1口 10万、1人 5口まで)です。

<SHOWCASE LIVE>

<ポテンシャルカード>

今後、『SHOWCASE LIVE』については、スマホで簡単に見られる『配信版・SHOWCASE LIVE』を機能追加し、まずは国内、次いで日本の音楽が人気の東アジアを中心に、海外からも視聴可能な形にアップデートしていきます。

更には、2020年からの5G開始を見据えて、「MR(複合現実)」を活用した5G時代の『新・SHOWCASE LIVE』も準備を進めていきます。

『ポテンシャルカード』においても、機能追加やマーケティング活動を通じて、より大きなストック収入をアーティストに創出できるように努めて参ります。


■会社概要
・会社名:株式会社 BEAMING
・所在地:東京都渋谷区松濤1-4-9 サン・エルサビル505
・代 表:次呂久 博幸
・設 立:2015年5月
・事業内容:WEBサービス「MUSER」の開発・運営 / 音楽イベント「SHOWCASE LIVE」の企画・運営
・U R L : 会社HP:https://info.muser.link / サービスサイト:https://muser.link

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BEAMING >
  3. 5G時代の「ファン共創型」ライブを創出するBEAMING。株式投資型クラウドファンディングを開始