在宅ワークに必要な知識やノウハウ、現役在宅ママインタビューなど、在宅で働くママたちを応援する「働くママ応援プロジェクト」が始動

Firebaseを活用したシステム設計・運用支援・サポート事業を手掛ける、株式会社 シンプルメーカー(所在地:東京都中央区、代表取締役:市川喬之)は、2019年10月24日に「働くママ応援プロジェクト」を始動しました。

<働くママ応援プロジェクト ウェブサイト>
https://www.hatarakumama-pj.com/

「働くママ応援プロジェクト」とは、主に在宅で働いているママやこれから在宅で働いてみたいと考えるママたちを応援するプロジェクトです。


■プロジェクトの背景
「働き方改革」などで日本の働く環境も変わりつつありますが、依然として出産を機に仕事を辞める女性が多いという現状があります。母親になった女性は、子育てがひと段落すると社会復帰を目指そうとしますが、待機児童問題やブランクの長さなどの理由で再就職が上手くいかなかったり、就職しても長時間の通勤や育児と家事と仕事のバランスを取るのに悩まされるなど、日々多くの課題を抱えています。

しかし、働きたいと願うママの中には、素晴らしいキャリアや才能を抱えている方が多くいます。その力を活かしきれていない現状があるのです。

そこで、弊社では「子育てママの自立支援・社会との接点を作る」というミッションを掲げ、子育て中でも第一線で働くことができる環境や、何十年先も働けるようにママ自身が成長できるような環境づくりに励んできました。
その代表例が、「時短+全員完全リモートワーク」制度の導入です。

この制度を導入することで、働きたくても外では働けないという子育て中の方でも、自身のライフスタイルに合わせて働けるようになりました。現在、弊社に所属するスタッフ約20名は全員在宅で、そのうち子育て中の女性は8割にも上ります。

彼女たちは、北海道や九州、時には外国などそれぞれ遠く離れた地にいながら、幼稚園のお迎えまでの時間や子どもが寝静まった後など、限られた時間をうまく活用して、大きなプロジェクトを動かしています。そして、「子育てでは誰もほめてくれないが、仕事では褒めてもらえる、自分を評価してもらえる」と、働くことに生きがいを見出しています。

こういった取り組みに多くの賛同を得たこともあり、「働くママたちをもっと応援したい」「一人でも多くのママが幸せに働ける社会を作りたい」という思いから、このたび「働くママ応援プロジェクト」を立ち上げました。


■プロジェクトの概要
主にウェブサイトを通じて、在宅ワークに必要な基礎知識やノウハウ、また在宅ワークで頑張るママたちのインタビューなど、「働きたい」「もっと働きやすい環境にしたい」と考えているママたちに向けて、在宅ワークをするうえで役立つさまざまな情報を発信していきます。


■主なコンテンツ(予定)
『テレワークの種類と違い』
在宅で働くと言っても、雇用形態や働き方などはさまざま。どのような種類があるのか、それぞれの違いなどを紹介します!
 
『在宅ワークの良いところ・大変なところ』
実際に在宅で働くママたちから寄せられた在宅ワークの良いところ、大変なところを紹介します。

『在宅ママインタビュー』
1日の過ごし方や仕事内容、在宅ワークと育児の両立など、在宅で働くママたちのリアルな声や生活を紹介します。

他にも、在宅ママたちによる座談会や、フリーランスとして生きる術、在宅ワーカーアンケート、シンプルメーカーの取り組み紹介など、役立つ記事を順次公開していきます。


■今後の展望
この活動を通して、一人でも多くのママたちと思いを繋ぎながら
・在宅ワークで行う、ワークライフバランスの実現
・事情がある人でも、限られた時間の中で自分のキャリアを積むことができる社会の実現
・賛同してくれる人や企業を増やすことで、子育て中の女性が働ける場所・機会を増やす
を目指してまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シンプルメーカー >
  3. 在宅ワークに必要な知識やノウハウ、現役在宅ママインタビューなど、在宅で働くママたちを応援する「働くママ応援プロジェクト」が始動