創刊70年を迎えた「スポニチ」が会員制の新サイトをスタート、新サイトの名称は一般投票で決定

抽選で100人に500円分のQUOカードをプレゼント

 



 株式会社スポーツニッポン新聞社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:河野俊史、以下スポニチ)は、2020年の年明けに会員制の新サイトを開設します。ローンチに先立ち、新サイトの名称を6つの候補の中から、一般ユーザーの投票で決めることになりました。


「あなたが決める! スポニチ新サイト名称選挙」


https://sponichi.jp/voting/?pr

 



ニュースメディアだけでなく、本格的な双方向デジタルサービスを

 企業のデジタルトランスフォーメーションが叫ばれる中、スポーツ新聞業界もデジタルシフトが急務となっています。2019年2月1日に創刊70年を迎えたスポニチは、紙媒体の「スポーツニッポン」、デジタルニュースサイトの「スポニチアネックス」を中心にニュース配信をしてきました。この2本柱に加え、新たに会員制サイトをローンチします。

 新サイトは、会員制度を導入し、エンドユーザーとスポニチが直接、つながることで、ニュース配信を含むスポニチ独自のサービスを「双方向」で行うことを目的としています。

サービススタートを前に、サイト名称を一般投票で決定

 双方向サービスのテーマは「自分ごと化」。その最初の取り組みとして、「あなたが決める! スポニチ新サイト名称選挙」と銘打って、11月1日からサイト名称の一般ユーザー投票を開始しました。サイト名称の候補は6つ。特設サイト上で投票していただき、得票数が最も多い名称が、新サイト名に決定します。新サイト名に投票した方の中から、抽選で100人の方に500円分のQUOカードが当たるプレゼントも用意しました。

新サイト名称候補

・スポニチDX(デラックス)
・スポニチスクエア
・スポニチメンバーズ
・CLUBスポニチ
・MYスポニチ
・スポニチアリーナ

投票方法など、詳しくは上記の特設サイトでご確認ください。
※投票締め切りは11月30日(土)18時

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スポーツニッポン新聞社 >
  3. 創刊70年を迎えた「スポニチ」が会員制の新サイトをスタート、新サイトの名称は一般投票で決定