WE SOLUTIONS LIMITED(860.HK)がAPOLLO AUTOMOBIL社株式の過半数取得を発表

EVの先を見据え、持続可能な未来のモビリティー開拓に着手 買収が完了次第、ブランド名を「Apollo Future Mobility Group」に変更

 WE Solutions Limited(860.HK 以下、We soltions / ウィ・ソリューショングループ)は、欧州の自動車メーカーであるApollo Automobil(以下、アポロオートモービル)の持株会社の株式を86.06%取得したことを発表しました。
 さらに、買収が完了次第、ブランド名を「Apollo Future Mobility Group(アポロ フューチャー モビリティー グループ」に変更します。
 ウィ・ソリューショングループは、自動車業界の現状及び産業構造を根底から変革することを使命とし、人工知能、インテリジェント・インフラストラクチャー、応用材料、安全性、および最先端モジュラー・プラットフォーム・テクノロジーを柱の戦略としながら、EVの先を見据え、持続可能な未来のモビリティー開拓に着手することを目的として、今回の株式取得を決定いたしました。

 今回持ち株化するアポロオートモービルは、ドイツの有名エンジニアリング会社であるHWA AG社の協力の下、白紙の状態から始まった同社の最新プロジェクト「Apollo IE」で知られています。IE(Intensa Emozione)はアポロオートモービルの思想を体現するハイパーカーで、世界初のオールカーボン製シャシーを採用し、革新的で安全なソリューションを搭載しています。
 アポロオートモービルの軽量化に重点を置いた先端材料の採用は、最高水準の安全性とよりタイトな車両パッケージングの開発能力、ひいては優れた設計能力と空気力学の実現へ貢献することを期待しております。

 また、この発表に伴い、2019年11月12日(火)に「We Solutions Ltd 新事業戦略/ 新グループ体制発表会」を実施いたしました。ウィ・ソリューショングループ会長のEric Hoが登場し、今後の企業戦略や自動車業界を変革する方策についてプレゼンテーションを行いました。また、会場にはApollo IEも展示され、実際にApollo IEを購入したオーナーへの納車セレモニーも行いました。


【リチャード・サン、WE Solutions CEOのコメント】
 日本は我々のビジネス戦略において非常に重要な市場です。
日本における2018年の2,000万円を超える新車の販売は、2013年の3倍以上でした。(日本自動車輸入協会の統計)日本は世界でも最大かつ最も成熟した自動車市場の一つであり、日本市場の技術革新の可能性を我々は、見逃してはなりません。
 GLMのような企業は、将来のモビリティーのリーダーになろうとしています。グループとしてのビジネスの展望に非常に自信を持っています。

【WE Solutions Limited(860.HK)について】
 ウィ・ソリューショングループは、モビリティー・ソリューション関連事業へのさまざまな投資やパートナーシップを通じて、包括的なバリュー・チェーンの構築を目指す総合モビリティー・テクノロジー・ソリューション・プロバイダーです。中国における新エネルギー自動車の成長の勢いを生かして、インバーター、バッテリー、車両構造、充電パイルなどの各種モビリティー・ソリューションに対する多戦略的アプローチをとっています。中国全土への普及とアジア地域への展開を最終目標として世界中の最高のテクノロジーを統合することにより、世界有数の総合モビリティー・ソリューション・プロバイダーとなることを目指しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. We Solutions Ltd >
  3. WE SOLUTIONS LIMITED(860.HK)がAPOLLO AUTOMOBIL社株式の過半数取得を発表