「#きょうの鳥海山」インスタグラム投稿キャンペーン実施中!

秋田・山形の県境にそびえる鳥海山の写真をインスタグラムに投稿して、環鳥海地域の特産品を当てよう!
鳥海山の標高にちなんだ、2236賞(ふうふでみろしょう)など、多彩な賞が揃う。
秋田県と山形県との県境にあり両県の友好のシンボル的存在にもなっている鳥海山は、雄大なスケールと見晴らしの良さで人々を魅了しています。鳥海山をまるっと囲んだ、秋田県の由利本荘市・にかほ市、山形県の酒田市・遊佐町による「環鳥海」と呼ばれるエリアでは、ふと見上げた先にはいつだって鳥海山が静かに佇み、私たちに様々な表情を見せてくれます。

秋田県と山形県の連携による「環鳥海地域連携事業実行委員会」では、2020年2月29日まで、「#きょうの鳥海山」インスタグラム投稿キャンペーンを開催しています。

「きょうの鳥海山」といっても、あなたにとっての「きょうの鳥海山」です。過去に撮影したスマートフォンに残っている画像を投稿いただいても大丈夫!自由な発想で「鳥海山」にまつわる写真を投稿ください。みなさんが感じた「鳥海山」の魅力を、一緒に国内外の方々に伝えてみませんか。ご応募お待ちしております!
 

 
  • 主 催
環鳥海地域連携事業実行委員会
鳥海山周辺の4市町(秋田県由利本荘市・にかほ市、山形県酒田市・遊佐町)で構成されています。

■ 応募方法
環鳥海地域連携事業実行委員会の公式アカウント「@kanchokai」をフォローし、「#きょうの鳥海山」を付けて、人にすすめたい・見てもらいたい環鳥海地域の写真を投稿してください。(一人何枚でも可。撮影時期は問いません。)
公式アカウントはコチラ→https://www.instagram.com/kanchokai/
 
  • 各賞と選定方法
「#きょうの鳥海山」インスタグラム投稿キャンペーンでは、いいね!の数が多いと1万円相当の特産品が抽選で当たるほか、鳥海山の標高(2236メートル)にちなんだ2236賞(ふうふでみろ)賞、投稿者から抽選するラッキー賞を設定。鳥海山の雄大な景色や、鳥海山麓の滝などの写真のほか、くすっと笑ってしまうような鳥海山にゆかりある投稿などをお待ちしています。
 
  • キャンペーンのコンセプト
鳥海山に来て写真を撮影し投稿いただくことで、鳥海山の魅力を発信していただくとともに、SNSによる情報拡散や、ビジュアル的訴求による外国人への認知度向上を目指しています。
 
  • 詳しくは以下のURLをご覧ください。
環鳥海地域連携事業実行委員会WEBサイト
https://kanchokai.net/2019/10/31/post-1851

 

 

  • 鳥海山について
秋田県と山形県の県境にあって、日本海に面し、標高は2,236メートル。山形側からは右が高い2つ山、秋田側からは左が高い2つ山に見え、場所によっては富士山のような形にも見えることから、「出羽富士」あるいは「秋田富士」とも呼ばれます。山形側では、春になると、残雪と山が作る景色(通称:種まきじいさん)を見て、田植えの時期を知ります。
鳥海山に降った雪や雨水の一部は伏流水となって、夏には鳥海山麓を代表する食文化である大きくて美味しい牡蠣を育てます。伏流水は様々な自然美を創りだし、特にエメラルドグリーン色の丸池様(遊佐町)と、苔の緑と水しぶきの白がまぶしい元滝伏流水(にかほ市)は、鳥海山麓の立ち寄りスポットとして人気です。
信仰の山としての存在も大きく、現在でも舞や番楽などの民俗芸能や、山岳信仰に根ざした行事が盛んに行われています。
 
  • 環鳥海エリアのおすすめインスタ映えスポット
元滝伏流水(秋田県にかほ市)
https://www.akitafan.com/archive/tourism/1056

鳥海山 木のおもちゃ美術館(秋田県由利本荘市)
http://chokaisan-wtm.jp/

 


丸池様(山形県遊佐町)
https://mokkedano.net/spot/30180

 

玉簾の滝(山形県酒田市)
https://sakata-kankou.com/spot/30163

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 環鳥海地域連携事業実行委員会 >
  3. 「#きょうの鳥海山」インスタグラム投稿キャンペーン実施中!