株式会社デジタルワークスが、RPAの大衆化を実現するための現場主導型RPA「RaQubo(ラクーボ)』を提供開始

ヒトとロボが協働する世界を創り、社会の生産性をアップし、人がよりワクワクすることへ

デジタルで「働く」をアップデートをミッションに掲げる株式会社デジタルワークス(本社:東京都目黒区、代表取締役:平松朋之/倉内伸幸 以下、デジタルワークス)は、RPAの大衆化を実現するための現場主導型のRPAツール「RaQubo(ラクーボ)」の提供を開始。中小企業や大企業の個別部門におけるRPAの活用を促進させることで、日本の生産性課題を解決し競争力を高めることに貢献して参ります。

サービスリリースの背景として、デジタルワークスではRPAを活用したBPOサービスを展開し、様々なRPAツールの利活用に関わってきましたが、市場を席巻しているRPAツールは、以下の理由で活用が進みにくいという状況を数多く経験しました。

・高機能なツールは、自社でRPAの開発と運用ができる人材が限定的となり、外注コストが増加してしまう
・IT部門やプロジェクトチームが業務ボリュームが大きな業務を優先するために、現場に点在する細かい業務の改善に手が回らない
・業務を理解している現場担当とRPAを実装する担当が分かれてしまうことでコミュニケーションコストの増加や業務改善のスピードが鈍化してしまう


このような状況を踏まえて、現場レベルのユーザーでも、簡単に利活用ができるRPAツールが企業に浸透することで、大企業の部門毎に点在している細かな業務や、中小企業においても業務の効率化が実現できると確信し、テストマーケティングを重ね、本サービスをリリースすることとなりました。

<サービスについて>
▼サービス名称
現場主導型RPA「RaQubo」(ラクーボ)

※名称の由来

ヒトとロボが協働する世界を実現するために、楽(Raku)に簡単に設定できるロボット(Robot)で、ルーチンワーク業務を自動化し、質(Quality)の高い仕事、ワクワクすることに時間を割いてほしいという想いから、「RaQubo(ラクーボ)」と名付けています。

▼特徴
・月額5万円で2ライセンスが提供されるリーズナブルな価格体系
・従来のRPAツールと比較して、開発者の育成・習熟期間が大幅に短縮可能

 -普段PCで作業している内容をそのまま画面に、OJTの要領で設定するだけで実装可能
 -画面構成が3つで専門用語や機能を覚えることが最低限で済みます
・RPA活用のための充実したサポート
 -導入前の“体験版利用”、“POC支援”、導入後の“個別Webトレーニング”、“ツールサポート窓口”を提供

▼画面イメージ

 

 

▼機能


▼提供価格
初期費用:10万円 ※通常20万円を3/31までキャンペーン価格で提供)
月額費用:5万円
契約期間:6ヶ月/以降月次更新

※1契約あたり2ライセンス(2つのPCにインストール可能)が提供されます。

▼サービスサイト
https://raqubo.com/


※1ヶ月の無料体験版をご提供いたします。
※ハンズオンセミナーを定期開催しております。
 

<デジタルワークスについて>
デジタルワークスは、デジタルトランスフォーメーション(DX)の一つの手段として、RPAの大衆化を掲げ、多くの企業やビジネスマンが抱える業務の仕組化と自動化を促進し、少子高齢化が進む日本が抱える生産性の課題を解決し、働く人々の選択肢を増やし企業の競争力を高めることに貢献して参ります。

<会社概要>
■会社名:株式会社デジタルワークス
■本社:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前2F
■代表者:代表取締役 平松朋之  代表取締役 倉内伸幸
■ホームページ:https://digi-works.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社デジタルワークス >
  3. 株式会社デジタルワークスが、RPAの大衆化を実現するための現場主導型RPA「RaQubo(ラクーボ)』を提供開始