JSRから三官能性ベンゾオキサジンに関する特許についての独占的ライセンスを取得

炭素繊維強化プラスチック(CFRP)や5G機器向け材料などに展開

日本材料技研は、JSRが保有する三官能性ベンゾオキサジンに関する特許について独占的ライセンスを取得しました。炭素繊維強化プラスチック(CFRP)や5G(第5世代移動通信システム)機器向け材料などへの展開を目指します。
日本材料技研株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 浦田 興優、以下「日本材料技研」)は、このたび、JSR株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 川橋 信夫、以下「JSR」)が保有する三官能性ベンゾオキサジンおよびその硬化物に関する特許について、独占的通常実施権許諾契約を締結しました。

今回ライセンスを受ける三官能性ベンゾオキサジンは、JSRが開発した特殊な星型構造を持つベンゾオキサジンです。ベンゾオキサジンは、熱硬化性樹脂の一種であり、難燃性、低誘電特性、低線熱膨張性など優れた特性を持つ高耐熱樹脂です。こうした優れた特性から、航空機で用いられる炭素繊維強化プラスチック(CFRP)のマトリックス樹脂や、電子部品に使われる熱硬化性樹脂として実用化が進んでいます。

JSRが開発した三官能性ベンゾオキサジンは、その独自な星型構造のため高度に架橋が進み、より高耐熱な熱硬化性樹脂を得ることが期待されます。日本材料技研では、今回取得した独占的ライセンスを活用し、主に炭素繊維強化プラスチック(CFRP)や5G(第5世代移動通信システム)機器向けの材料への展開を目指し、早期の事業化を図ります。

日本材料技研は、機能材料分野に特化したファブレス型スタートアップとして、国内の企業や大学等で開発されながら事業化に至っていない新素材技術について、ライセンスアウトやカーブアウトを通じた事業化に取り組んでいます。これまでに企業5社と大学2校から、有機材料・無機材料・バイオケミカルに関する技術導入を行っています。今後も、企業が開発した未活用技術の商業化を進め、日本の素材産業におけるイノベーション創出に貢献してまいります。

【日本材料技研株式会社 概要】
■会社名            :日本材料技研株式会社
■設立             :2015年8月
■資本金            :1億円 ※資本準備金を含む
■代表者            :代表取締役 浦田 興優
■事業内容           :機能材料事業
■企業ホームページ       :https://www.jmtc.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 日本材料技研株式会社 >
  3. JSRから三官能性ベンゾオキサジンに関する特許についての独占的ライセンスを取得