大阪の伝統産業の後継者ユニット「ZORI(ぞうり)」、マレーシア・クアラルンプールのショッピングモール「パビリオン」で商品体験型のお茶会を開催。

茶の湯文化が栄えた堺の抹茶、純国産の黒文字楊枝、抹茶で染めた泉州タオル。大阪の地域資源にも指定されている伝統産業品が体験できる商品体験型のお茶会を、1月10日・11日・12日にマレーシアで開催します。

純国産の黒文字楊枝の製造販売を行う菊水産業株式会社(所在地:大阪府河内長野市、専務取締役:末延秋恵)はこのたび、2020年1月10日(金)~12日(日)にマレーシアの首都・クアラルンプールの人気ショッピングモール「パビリオン」6階の「Tokyo Street」にて、抹茶・黒文字楊枝・泉州タオルという大阪の伝統産業品が体験できる商品体験型イベント「茶・CHA・CHAT!」を開催いたします。

「ZORI(ぞうり)」は、日本文化と大阪の伝統産業の魅力を海外へ発信することを目的に結成した大阪の伝統工芸の後継者ユニット。大阪府河内長野市の地場産業である「黒文字楊枝」を製造販売する菊水産業株式会社、大阪府泉州地域の伝統産業「泉州タオル」を製造販売する「袋谷タオル合資会社」、千利休による茶の湯文化が栄えた大阪・堺で1854年より店を構える「西尾茗香園茶舗」の3社によるもの(3社合計で351年の歴史となります)。

大阪を発展させ、堺や千利休とも縁が深く南蛮貿易も盛んに行っていた豊臣秀吉。秀吉が仕えた織田信長の草履を温めたエピソードにちなんで、商いの街・大阪から海外へ”一歩ずつ”価値を届けるというコンセプトから「ZORI(ぞうり)」というユニット名といたしました。

今回のイベントはマレーシアで日本の抹茶がたいへん人気となっていることから「お茶会」をテーマに、マレーシアの方々が強い関心を持っている日本文化を伝えるため、各社が提供する大阪の伝統産業品を現地の方々に体験してもらうというもの(写真は西尾茗香園茶舗が同所で開催したお茶会の様子となります)。

イベントではそれぞれの商品の作り手から直接話を聞きながら、江戸時代から続く老舗・西尾茗香園茶舗の抹茶とともに、堺の和菓子の老舗「宝泉菓子舗」の茶菓子を菊水産業株式会社の純国産黒文字楊枝で食していただいたり、お茶会で使う懐紙の代わりに使用する抹茶染めのタオルハンカチの手触りを確かめたりと、お茶会を楽しみながら海外の方々が大阪の伝統産業品に触れ、その魅力を体感することができるイベントとなっています。

また会場では日本の伝統文化である浴衣の着付け体験や、和菓子職人による和菓子の手作り体験も行います。

私たちはこれからも、日本文化と大阪の伝統産業の奥深い魅力を海外の人たちに発信し、楽しみながら体験できる場を創ってまいりたいと考えております。

<参考URL>
ZORI(ぞうり)※イベント詳細もこちら
http://zori.jp/
facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/3100682479960105/
菊水産業株式会社
http://kikusuisangyo.co.jp/
袋谷タオル合資会社
http://www.fukuroya-towel.com/
西尾茗香園茶舗
https://www.nishiomeikouen.com/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 菊水産業株式会社 >
  3. 大阪の伝統産業の後継者ユニット「ZORI(ぞうり)」、マレーシア・クアラルンプールのショッピングモール「パビリオン」で商品体験型のお茶会を開催。