食べられるインクを活用した”脱プラスチック野菜直売所”のアイディア実証実験

〜練馬で350年続く農場のSDGsへの取り組み〜

ノウ株式会社(本社:練馬区石神井公園、代表取締役:深津康幸)は、白石農園(所在地:練馬区大泉)の協力のもと、エディブルインク(食べられるインク)を活用した”脱プラスチック野菜直売所”で、新しい野菜の売り方のアイディア実証実験を開始しました。

 

白石農園の野菜直売所白石農園の野菜直売所


グローバル企業の多くもSDGsへの対応で、2025年までにパッケージリサイクル100%を掲げるなど、世界は今プラスチックフリーへの転換期を迎えています。

日本でも度々、スーパーで並ぶ野菜やその他の食品の過剰包装の問題が取り上げられることもあり、身近なところからでも行えるアクションの必要性が叫ばれています。
 

そんな社会背景の中、東京都内で最も多くの野菜の直売所が存在する練馬区で、350年続く農家である白石農園と、クリエイティブで暮らしに関する課題解決を行うノウ株式会社により、農園に隣接する直売所や出店したマルシェで、プラスチック包装を行わない野菜販売のアイディアの実践を行いました。

ねりま女子マルシェ出店の様子ねりま女子マルシェ出店の様子


身近なスーパー、全国の直売所でも野菜の劣化を防いだり、まとめ売りするためにビニール袋が普通に使われていますが、そういった”普通”に少しでも意識を向けてもらい、環境意識を高めてもらうことが目的の一つです。

【売り方のアイディア】練馬大根にエディブルインクで生産情報を記載
売り方のアイディアとして、エディブルインクを活用。フードペン(フードペンは原材料が、水、グリセリン、エタノール、クエン酸に食用色素が食わられてできたイタリア製の”食べられるインクのペン”)を用いて主に市場に出回らないB品野菜にステンシルの技法で、文字を転写したり、顔のイラストを書いて、包装が無い代わりに手に取ってもらう仕掛けの実験を行いました。

ステンシルで生産情報を記載ステンシルで生産情報を記載

足の割れてしまった人参に顔を描くと子ども達の反応が良い足の割れてしまった人参に顔を描くと子ども達の反応が良い

【広めかたのアイディア】練馬区の野菜直売所を巻き込んだ環境活動を目指す
共通アイコンとして「脱プラスチック販売所 やさいやさん」の看板を制作。練馬区の古民家で出た廃材を活用し、黒板描きアーティスト、チョークボーイ率いる手描き集団「What a Hand-Written World!(すばらしき手描きの世界)」略して「WHW!」による手書き看板を設置。

共通アイコンとしての「脱プラスチック販売所 やさいやさん」看板共通アイコンとしての「脱プラスチック販売所 やさいやさん」看板


今回作成した看板や野菜の販売アイディアは、今後、練馬区の協力農家さんの直売所にも実践していく予定です。

■ノウ株式会社 / know Inc. の概要
事業領域「暮らしに関することすべて」を掲げ、グラフィック、インテリア•プロダクト、デジタルコンテンツ、インスタレーション、ハードウェアやサービス開発などジャンルを超えて、様々なコンテンツのプロデュース、企画、ディレクションを手がけてきた知識・経験を生かし、暮らしを豊かにするグラウンドデッド(地に足のついた)な価値を追求する会社。

代表取締役:深津康幸
設立:平成30年12月28日
本社:〒177-0041 東京都練馬区石神井町7丁目24-17
支社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目9-10 渋谷アサヒビル5F

サイト:https://know-corp.jp/
お問い合わせ:info@know-corp.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ノウ株式会社 >
  3. 食べられるインクを活用した”脱プラスチック野菜直売所”のアイディア実証実験