Quantitative Index ―日本初の説明会-2020年アジアに布局、世界へ展望

ビットコイン投資信託の場、Quantitative Indexは、2020年1月20日に初の説明会を日本の東京で盛大に開催することを発表ました。Quantitative Indexが設立してから、ブロックチェーン生態体系が立ち上がった特別な定量的指標とビットコインの取引量モデルをずっと注目しています。2018年5月から2019年12月まで、20ヶ月に渡り、月ごとにBTC量化取引収益がさらに10%以上を突発しました。さらに、2020年にビットコインが低減するチャンスにより、特別な創造的応用を発展し、共通、共創、共有、共栄のブロックチェーン生態圏を力を入れて立ち上げます。

5年以上ブロックチェーン事業に従事しているQuantitative Index社の設立者及びCEOIsaac Liu劉子然様が、以前の経験と市場全体の環境をもとに分析すれば、来年ビットコインの減少により強気市場をもたらし、一つのビットコインが10万ドルに上回ると示しました。また、Quantitative Indexは、「消費体系」、「先物取引所」、「セキュリティトークンSTO」、「銀行体系提携」という四つのブロックチェーン生態体系をさらに設立し、これを未来で金融技術分野に重要な役割を果たせると示しました。

検討した結果、日本は「ブロックチェーン」に関する法律規定と応用が世界の先端になっています。Quantitative Indexはブロックチェーンの生態体系の設立が分散型金融(DEFI)に対する重要性を深く理解しています。そのうち、金融システム、企業応用と民間生活応用はさらに密接な関係があるため、初のQuantitative Index説明会を日本の東京に盛大に開催することを決めました。分散型金融(DEFI)の重要な押し側として、Quantitative Indexはブロックチェーン生態体系の設立を確実し、世界を新しい時代に導きます。
 
  1. プレスリリース >
  2. QI MANAGEMENT AUSTRALIA PTY LTD >
  3. Quantitative Index ―日本初の説明会-2020年アジアに布局、世界へ展望