米国・ニューヨーク発ファインジュエリーブランド「MILAMORE(ミラモア) 」がシードラウンドの資金調達を完了

Forbes JAPAN発行人である高野氏がアドバイザーとして参画、パリ展示会も実施予定

株式会社Spinel(代表取締役:稲木ジョージ、大和梓)は、MTパートナーズ株式会社(代表取締役:高野真)を引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施いたしました。
株式会社Spinel(代表取締役:稲木ジョージ、大和梓)は、MTパートナーズ株式会社(代表取締役:高野真)を引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施いたしました。また、今回の出資を機にMTパートナーズ株式会社の代表取締役およびForbes JAPAN発行人である高野氏が経営面のアドバイザーとして参画することが決定いたしました。今後両社は「MILAMORE(ミラモア)」の海外展開および事業の成長に向けて協力してまいります。

今回調達した資金はニューヨーク、ロサンゼルス、パリ、日本などでの展示販売や、オリジナル商品の開発、コンテンツ制作、コンシューマー事業の成長、そして経営基盤の強化のための投資に充てられる予定です。
第一弾として、ジュエリーの聖地ともいわれる、パリのヴァンドーム広場にて2月29日(土)、3月1日(日)の2日間で展示会を実施いたします。詳細は広報担当連絡先までご連絡ください。
Milamore Web:https://milamorejewelry.com/
Email:info@milamorejewelry.com


「MILAMORE(ミラモア)」について

2019年4月、日本にルーツを持ち、ニューヨークを拠点に活躍するカリスマPRとして知られる稲木ジョージと代々一族で宝石商を営んできた大和梓によって立ち上げられる。稲木がクリエイティブ・ディレクターとしてデザインを手掛け、製造は日本の職人技と呼ばれる技巧によって実現する洗練されたジュエリーを提供。その品質と作品毎のストーリーへのこだわり、日本の伝統的な文化に触発されたユニークなグローバルデザインは海外でも高い評価を受けている注目のブランド。素材のデザインと品質、そして職人の技で、品質や価値を損なうことなく高級ジュエリーを手に入れることができる新しいパラダイムシフトを生み出すことを目標としている。


・共同代表取締役 稲木ジョージ (左)
・共同代表取締役 大和梓(右)

・アドバイザー 高野真

  
1987年に大和証券に入社しゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントを経て2001年にピムコジャパンリミテッド入社。取締役社長を約13年務める。2014年に金融から出版に転じ、株式会社アトミックスメディア(現リンクタイズ株式会社)代表取締役CEO兼Forbes JAPAN編集長に就任。2019年より代表取締役会長兼Forbes JAPAN発行人。また2016年よりD4V (Design for Ventures, IDEOとの合弁VC)のFounder兼CEOを兼務。早稲田大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。

 
本件、事業に関するお問い合わせ先
株式会社Spinel
Email:info@milamorejewelry.com
店舗情報:「Milamore Jewelry」東京都港区南青山3-13-3 TOKYO AOYAMA STORE 2F
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Spinel >
  3. 米国・ニューヨーク発ファインジュエリーブランド「MILAMORE(ミラモア) 」がシードラウンドの資金調達を完了