【仮想通貨取引所向け】仮想通貨のステーキング事業を導入してみませんか?

HashQuarkは仮想通貨取引所向けに、日本において初めてステーキングエコシステムのサポートを提供・開始いたします。【システムサポート開始日2020年1月24日】

昨年は、PoSのブロックチェーンプロジェクトが徐々に増えてきた1年となりました。
その中には、cross-chainプロジェクト、CosmosやPolkadotなどが話題になり、ETH2.0もPoSに移行する予定もあります。仮想通貨はマイニングの時代から、ステーキングサービスの時代へ移行してきたのではないでしょうか?
日本おいては、まだまだPoS仮想通貨が上場してないものの、近い将来、ステーキングサービスの波がやって来るでしょう。
HashQuarkは2018年に設立され、現在は世界中にステーキングサービスを提供する企業です。



【HashQuarkのOSP(open staking platform)エコシステムサービス構成】
 HashQuarkは単なるバリデーターとなって、ステーキングサービスを提供するだけではなく、
ステーキングビジネスのエコシステムの構築に注力しています。


 



【仮想通貨取引所・ウォレットなど事業者様向け】
取引所・ウォレットなどは、一般ユーザーに対して仮想通貨世界に入る第一の入口と言えるでしょう。
今後どうしたらステーキングサービスを既存のサービスと一体化させていくかが、
課題となってくることでしょう。
その課題を解決すべく、バックグラウンドにHashQuarkを利用してみませんか?

HashQuarkは、ユーザー様へのフロント機能に注力するというソリューションが、既に成り立っています。
 ①APIの提供
 ②サービス化の開発サポート
 ③収益決算サポートの提供
この3点についてシステム提供することができるため、
仮想通貨業関連業者様に対して、サービス品質向上とコスト減少に貢献することが可能となるのです。

●事例:HOTBIT, Coinsuper, imToken, MYKEYなど 



【HashQuarkの技術力】
HashQuarkはブロックチェーンの研究、過去のステーキングデータの分析、ステーキングストラテジーを開発するため、「ブロックチェーン技術研究室」と「データ分析部」を設置いたしました。
多数の技術専門家を配置することにより、最大限収益を獲得できるよう進化して行きます。




​【安全性】

 

ユーザーの資産と収益を守るため、HashQuarkは高度な技術対策と完備な管理体制を構築しています。
2018年6月から現在まで,20種類以上の仮想通貨を管理し、資産価値総額は2000BTCを超えました。
この間トラブルが発生することなく、トップレベルのサービスの稼働率を達成しています。



【取扱仮想通貨】
現在は34種類の仮想通貨に対応済み。今後はさらに20種類の通貨に対応予定です。(2019年12月時点)




【競合分析】

https://www.stakingrewards.com/providersより転載(2019年12月現在)
stakingrewards.comとは:ステーキング業界において有力な評価サイトです。
世界中に100以上のステーキングプロバイダーを考察し、情報をまとめています。


【会社紹介】
HashQuarkは、フィンテックグループ会社「HashKey Group」の傘下にある、
仮想通貨ステーキングの研究・開発・サービス提供する会社です。
2018年の事業開始以降、現在では34種類の仮想通貨のステーキングサービスを運営し、
仮想通貨ステーキング業界において、トップの1つと認められています。
また世界有数の暗号資産保管業者、取引所、投資ファンドとパートナーシップを結び、
暗号資産所有者と機関投資家に向けて「安定かつ安全なステーキングサービス」を提供しています。

HashQuark LTD
MAIL:contact-jp@hashquark.io

  
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. HashQuark Limited >
  3. 【仮想通貨取引所向け】仮想通貨のステーキング事業を導入してみませんか?