国内最大級のファッション・アートイベント「東京クリエイティブサロン」5つの開催エリアのクリエイターやコンテンツなどの詳細が決定!

「乃木坂46」が公式アンバサダーに。 「シシド・カフカ」さんが招待アーティストとして参加。

このたび、東京クリエイティブサロン実⾏委員会は、東京都の支援を受け、経済産業省が後援する、国内最大級のファッション・アートイベント「東京クリエイティブサロン」(TOKYO CREATIVE SALON)の詳細を決定いたしました。
「東京クリエイティブサロン」は、東京をパリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドンに次ぐ、ファッション都市の一つとして位置づけることを目指します。これまで、各エリアそれぞれで⾏われていたファッションイベントやアートイベントを、世界に向けて東京のクリエイティビティを強く発信するという共通の目的のもとに統合し、同時期に都内各エリアにて展開します。

第1回目となる今回は2020年3月15日(日)~3月31日(火)の17日間、都内5つのエリアで開催いたします。期間中はストリートランウェイやアート・インスタレーション展示、ダンサーによるパフォーマンス、トークセッションなど、各エリア特色豊かなコンテンツを実施予定です。

また、東京クリエイティブサロン公式アンバサダーには、乃木坂46が就任します。乃木坂46の皆さまにはオープニングイベントやパンフレットへの出演を通して、イベントの魅力を発信して頂く予定です。また、アーティストのシシド・カフカさんも招待アーティストとして参加、イベントポスターのデザインや、ご自身が主宰するリズムイベント「el tempo」によるライブパフォーマンスでイベント全体を盛り上げます。

 東京クリエイティブサロンは今後複数年をかけて、エリアを順次拡大させ、日本の誇るクリエイティビティを世界に発露させる、象徴的なイベントになることを目指してまいります。


<東京クリエイティブサロン 実施概要>

■開催期間  :2020年3月15日(日)~31日(火)
   ※3月15日(日)に丸ビル1Fマルキューブにて、開幕セレモニーを開催します。詳細は後日ご案内いたします。

■実施エリア :日本橋、丸の内、銀座、渋谷、代官山

 

■主催        :東京クリエイティブサロン実行委員会
        [JAFIC(一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会)]
                    ※東京都「地域特性を活用したファッション産業振興事業」を活用して開催

■後援        :経済産業省、一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会、
        一般社団法人日本経済団体連合会、一般社団法人日本ショッピングセンター協会、
        一般社団法人日本百貨店協会、一般社団法人日本ファッション協会、
        独立行政法人日本貿易振興機構、日本小売業協会、日本繊維産業連盟、東京商工会議所、
        日本商工会議所 他

■URL        :https://tokyo-creativesalon.com/



<東京クリエイティブサロン 各エリア実施内容―日本橋エリア>

【コンセプト】
SAKURA FES NIHONBASHI/OFF TO MEET  
歴史を受け継ぎながら、変化し続ける街・日本橋。
この街を舞台に、人・もの・文化を堪能する春のイベントを開催します。
テーマは「OFF TO MEET=会いに行く」。
テーマを象徴する企画として、期間中の3月28日(土) 、29日(日)に、『圏外 NIHONBASHI』と題して2日間限定のスペシャルイベントを開催します。食、アート、本、ライブなど、スマホをOFFして堪能する「いまここにしかない出来事」が繰り広げられます。

【エリアイベント主催】
日本橋桜フェスティバル実行委員会(代表企業:三井不動産株式会社)

【メインクリエイター】
小野 直紀(Naoki Ono)|YOY・博報堂monom

2008年、博報堂に入社。空間デザイナー、コピーライターを経てプロダクト開発に特化したクリエイティブチーム「monom(モノム)」設立。社外では家具や照明、インテリアのデザインを行うデザインスタジオ「YOY(ヨイ)」を主宰。文化庁メディア芸術祭 優秀賞、グッドデザイン賞 グッドデザイン・ベスト100、日本空間デザイン賞 金賞ほか受賞多数。2015年より武蔵野美術大学非常勤講師。2019年より雑誌『広告』編集長を務める。

【シンボリックコンテンツ】
~リアルを楽しむためのファッションアイコン~

圏外 SACOCHE

スマホの電波を遮断する「SAKURA FES NIHONBASHI / OFF TO MEET」オリジナルアイテム。3月28日、29日に開催されるスペシャルイベント「圏外NIHONBASHI」にて1万個の無料配布を行います。
スマホ中毒、SNS疲れなどの現象が増加する昨今。スマホやSNSから少し距離を置いて、日本橋ならではの「いまここにしかない出来事」に向き合うためのアイテムです。
 

<東京クリエイティブサロン 各エリア実施内容―丸の内エリア>

【コンセプト】
Passion!Marunouchi
「ビジネスの街」「インテリジェンスの街」。
そんなクールな印象の街Marunouchiが“Passion“というキーワードのもと「情熱の街」に変貌。
「Marunouchi」の持つ魅力とパワーを、幅広いファッション世代やインバウンド層に感じていただくことを目指します。

【エリアイベント主催】
丸の内ファッションウィーク実行委員会(代表企業:三菱地所株式会社)

【エリアアンバサダー】
小山 薫堂(Kundo Koyama)

放送作家。脚本家。1964年熊本県生まれ。日本大学芸術学部放送学科在籍中に放送作家としての活動を開始。

「料理の鉄人」「カノッサの屈辱」など斬新なテレビ番組を数多く企画。映画「おくりびと」で第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第81回米アカデミー賞外国語部門賞を獲得。執筆活動の他、京都造形芸術大学副学長、地域・企業のプロジェクトアドバイザー、下鴨茶寮主人などを務める。「くまモン」の生みの親でもある。

【シンボリックコンテンツ】
~丸の内仲通りに“Passion RED”のストリートランウェイやデザイン作品が登場。街全体でPassionを表現~

PASSION! Marunouchi RUNWAY 丸の内仲通り(丸ビル前)

赤く彩られた丸の内仲通りにランウェイが登場。
様々な団体による、様々なテーマでの本格的なファッションショーを開催。
丸の内全体がギャラリーとなり、「情熱的」で「デザインされた街」へと
変貌します。
丸の内の魅力とファッションを掛け合わせ、人々の感性という内面を磨く
特別な空間を演出します。


<東京クリエイティブサロン 各エリア実施内容―銀座エリア>

【コンセプト】
THINK BORDER. MEET BORDERLESS.
既存の考え方や枠にとらわれずに発展し、モノコトの多様性に富む街、銀座。
異なる性別、異なる国籍、異なる年齢、異なる文化、異なる時代、異なる表現
それらが境界をこえて認め合い、混ざり合うこと。
融合や変化を繰り返しながら進化する銀座の多面的な魅力を新たに発信していきます。


【エリアイベント主催】
東京クリエイティブサロン銀座エリア実行委員会(代表企業:株式会社三越伊勢丹)

【協力】
松屋銀座、銀座三越、和光、東急プラザ銀座、GINZA SIX

※諸事情により予定が変更になる場合がございます。詳細につきましては、2020年3月1日(日)掲出予定の下記URLをご確認ください。
https://ginza.tokyo-creativesalon.com/

【シンボリックコンテンツ】
~銀座の「屋上」を巡り、さまざまな視点から銀座をとらえた作品にふれるアートイベントを開催!~
GINZA ROOFTOP PROJECT 3月15日(日)~31日(火)


松屋銀座、銀座三越、和光(※)、東急プラザ銀座など銀座にある商業施設の屋上などで、「銀座」をテーマにした作品を展示するアートイベントを開催。国内外から注目を集める写真家・細倉真弓や音楽家・蓮沼執太など、アートプロジェクト「TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH」が各施設に合わせてキュレーションしたアーティストの多様な感性を通して、新しい銀座の視点をお届けします。 ※ショーウインドウにて実施。


<東京クリエイティブサロン 各エリア実施内容―渋谷エリア>

【コンセプト】
未来をつくるWAを
今がたのしい、は最高。
未来もずっとたのしい、はもっと最高。
今をたのしむ若者や外国人・多様な人々が集い、常に変化を続ける街、渋谷。
その渋谷が日本らしい和(WA)の精神をもって
サスティナビリティの環(WA)を考える、ムーブメントの輪(WA)をつくる。
流行を発信し、トレンドをリードしてきた渋谷らしく
たのしく、かっこよく、おしゃれに未来をつくる「WAを(WOW)」!

【エリアイベント主催】
渋谷ファッションウイーク実行委員会(代表企業:東急株式会社)

【シンボリックコンテンツ】
~1日限り・渋谷の街で繰り広げられる、話題のファッションショー!~

SHIBUYA RUNWAY

街をランウェイに見立てた1日限りのファッションショー
「SHIBUYA RUNWAY」を開催します。
新進気鋭のデザイナーが最新スタイルを披露する
‘SHIBUYA FIRST STEP’と、渋谷の大型商業がリアルクローズを披露する
‘渋谷スタイル’の2部構成で展開されるこのショーは開催地がユニークな
ことも特徴です。ご期待ください。


<東京クリエイティブサロン 各エリア実施内容―代官山エリア>

【コンセプト】
THINK ALTERNATIVE
革新性に対して寛容であり、普遍性に対しての強い敬意がある場所、代官山。
この小さな区画の中では常に先端と伝統、ハイカルチャーとストリートカルチャーの融合が見られます。
伝統的な着物や最新のテクノロジーを通し、代官山らしい「もう一つのやり方。」を発信します。

【エリアイベント主催】
東京クリエイティブサロン代官山実行委員会(代表企業:株式会社オンワードホールディングス)

【メインクリエイター】
佐藤 オオキ(Oki Sato)|デザインオフィスnendo代表

1977年カナダ生まれ。2002年早稲田大学大学院建築学専攻修了、同年デザインオフィスnendoを設立。EDIDA「Designer of the Year」をはじめとするデザイン賞を多数受賞。代表的な作品はMoMA(米)など、世界中の美術館に収蔵されている。近年では、ボンマルシェ(仏)の2020年ゲストアーティストに選出された他、2024年に稼働予定の仏高速鉄道TGV新型車両の内外装デザインを手がける。

【シンボリックコンテンツ】
~代官山エリアコンテンツの拠点。ファッション、食、デザイン、アートが重なり五感を刺激する代官山の“丘”~

KASHIYAMA DAIKANYAMA

2019年4月、代官山の新たな出会いの場所としてオープン。
訪れる人々の心に彩りを添え、街並みに溶け込む憩いの場となることを
目指します。
TCS期間中、KASHIYAMA DAIKANYAMAではヴィンテージキモノの着付け
体験や、ファッション甲子園の入賞作品の展示を行います。

 

<公式アンバサダー 乃木坂46 プロフィール>
2011年8月に結成したアイドルグループ。2012年2月、シングル「ぐるぐるカーテン」でデビュー。2017年、シングル「インフルエンサー」、2018年、シングル「シンクロニシティ」で、日本レコード大賞を2年連続受賞し、名実ともに日本のトップアイドルとしての地位を確立した。

 

<招待アーティスト シシド・カフカ プロフィール>
ドラムヴォーカルのスタイルで2012年デビュー。モデル・女優としても
活躍し、現在も複数の番組にレギュラー主演中。
自身がプロデュースするイベント「el tempo(エル・テンポ)」を精力的に
開催している。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京クリエイティブサロン実行委員会 >
  3. 国内最大級のファッション・アートイベント「東京クリエイティブサロン」5つの開催エリアのクリエイターやコンテンツなどの詳細が決定!