WEB小説『腐女子、家を買う』連載開始──オタクだって、おひとり様だって、自分の家を持ってもいいんだ

オタク・独身・彼氏ナシの平凡なアラサー女子が『自分の城』中古マンションを買うまでを描くライトノベル、連載開始【毎週水・土曜更新】

一人暮らし女性応援ウェブマガジン「カーサミア」は、ウェブ小説『腐女子、家を買う』を1月29日より連載開始しました。

これは普通のアラサー女子が、都会の片隅に家を……『自分の城』を持つまでの、長くて短い物語。

一人暮らし女性応援ウェブマガジン「カーサミア(https://casamia.trust5.co.jp/blog/)」は、ウェブ小説『腐女子、家を買う』(蛙田アメコ・作)を1月29日より連載開始しました。

 

 



主人公は藤吉夕美(ふじよしゆうみ)。
29歳・独身・彼氏ナシ。
手取り20万の平凡な会社員。

そして推しカプを愛でるために仕事をがんばるオタク──腐女子です。

不動産購入なんて縁のない世界の話だと思っていた主人公。

けれども賃貸の更新のタイミングが来たこと、友人が中古マンションを買ったことから、”自分の家を手に入れること”に興味を持ちはじめます。


─────────────────

無駄だ、とか。
無理だ、とか。
そもそも、馬鹿馬鹿しい夢物語だとか。
もう、誰にもそんなことは言わせない。
誰のためでもない、私のために、私は家を買うんだ。


───────────────── 
『腐女子、家を買う』本編より引用



一人暮らし女性にとって、勇気づけられるエンタメ小説です。

小説として楽しめるだけでなく、不動産購入を身近に考え、知識をつけるきっかけになります。

更新は毎週水曜・土曜。
全14話を予定しています。ぜひご覧ください。


【連載はこちら】
https://casamia.trust5.co.jp/blog/post_11998/

─────────────────


◆ 作者:蛙田アメコ
https://note.com/ameco221b/n/nbccd7ef9a16f
2018年デビュー。新進気鋭のライトノベル作家。
したたかに・しなやかに生きる女性キャラクターを描くことを得意としています。
【著作】『女だから、とパーティを追放されたので伝説の魔女と最強タッグを組みました』1-2巻(既刊)
『異世界に咲くは百合の花』(2020年新刊)



◆ 一人暮らし女性応援ウェブマガジン「カーサミア」
https://casamia.trust5.co.jp/blog/

 

一人暮らし女性応援ウェブマガジン「カーサミア」一人暮らし女性応援ウェブマガジン「カーサミア」

ウェブマガジン「カーサミア」は、一人暮らし女性の「暮らし」「家」「お金」に関するウェブマガジン。
主観ではなくデータに基づいた正確な情報発信をモットーにしています。

 

 

◆ ひとりでも のびのび暮らす 家とお金の相談室「カーサミアクラブ」
https://casamia.trust5.co.jp/

家とお金の相談室「カーサミアクラブ」家とお金の相談室「カーサミアクラブ」

 

「カーサミアクラブ」では、一人暮らし女性が のびのびと自分らしく暮らす ために、家とお金の相談セミナーや個別相談会を不定期で開催中。
今後はセミナーや相談会に来られない人にも、カーサミアクラブのノウハウを体験していただけるようなブラウザアプリを開発予定です。

 

◆ 運営:株式会社トラスト・ファイブ
https://www.trust5.co.jp/

株式会社トラスト・ファイブ株式会社トラスト・ファイブ

首都圏で20年以上、マンションの企画・開発・販売に携わってきた不動産開発会社。
長年のマンション開発で培ってきた経験・知識を公開し、「仲介業者主導の家選び」から「購入者が主役の家選び」への転換を目指します。
2017年からはホテルや商業施設の開発にも注力しています。

【会社概要】
社名:株式会社トラスト・ファイブ
所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町13番地3 ラウンドクロス一番町
代表者氏名:南薗 浩一
資本金:8,000万円
従業員数:15名
事業内容:
・収益不動産の企画・開発事業
・マンション、一戸建ての企画・開発・分譲事業
・不動産コンサルティング事業、不動産売買事業


 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トラスト・ファイブ >
  3. WEB小説『腐女子、家を買う』連載開始──オタクだって、おひとり様だって、自分の家を持ってもいいんだ