日本板硝子 瞬間調光ガラスUMU(ウム)が量産国産車に初採用

 日本板硝子株式会社(東京都港区、代表執行役社長兼CEO森 重樹、以下NSG)は、電源のON/OFFで瞬時に“見える/見えない”が切り替わる瞬間調光ガラス「UMU(ウム)スマート ウィンドウ」が、量産国産車の車室内向けとして初めてLEXUSのラグジュアリーショーファーカー LM(2020年2月、中国・東南アジアで発売開始)に採用されましたのでお知らせいたします。
 
 瞬間調光ガラス 「UMU(ウム)スマート ウィンドウ」は、2枚のガラスの間に特殊な液晶シートを挟んだ合わせガラスです。液晶分子は、普段は不規則に並んでいるために光を拡散し、「不透視」な状態ですが、電圧がかかると整列し、光を通すため「透視」になります。したがって、電源のON/OFFで“見える/見えない”を瞬時に切り替えることが可能です。また、強靭な中間膜で貼り合わせてあるので衝撃に強く、万が一割れても破片が飛び散らない安全なガラスです。

 瞬間調光ガラス「UMU(ウム)スマート ウィンドウ」は、LEXUS LMの車室内パーティションに採用され、ラグジュアリーで静かなプライベート空間の創造に貢献しています。NSGは、使命である「快適な生活空間の創造で、より良い世界を築く」の実現に向けて事業展開してまいります。

ご参考)
 LEXUS LM 
(写真提供:Lexus International)

LEXUS LM (写真提供:Lexus International)LEXUS LM (写真提供:Lexus International)

 

 


車室内のパーティション OFF状態

 

車室内のパーティション OFF状態 (写真提供:Lexus International)車室内のパーティション OFF状態 (写真提供:Lexus International)

 

 


車室内のパーティション ON状態

 

車室内のパーティション ON状態 (写真提供:Lexus International) 車室内のパーティション ON状態 (写真提供:Lexus International) 

 



日本板硝子株式会社(NSGグループ)は、建築用・自動車用ガラスおよび高機能ガラス製品の分野における主要メーカーです。1918年に創業し、グループ従業員数は約27,000人。世界各地に主要な製造拠点を持ち、100ヵ国以上で製品の販売を行っています。http://www.nsg.co.jp
 

瞬間調光ガラス「UMU(ウム)スマート ウィンドウ」については「日本板硝子 ガラスワンダーランド」をご覧ください。UMU紹介ページ https://glass-wonderland.jp/product/1220/

 













 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本板硝子株式会社 >
  3. 日本板硝子 瞬間調光ガラスUMU(ウム)が量産国産車に初採用