遊びの中の行動を計測・記録し「遊びの力」を可視化する、遊びのレポート(KOKOeye)がさらに進化しました。

~有楽町子どもの屋内遊び場KOKO~

株式会社ココ(本社:東京都港区、代表取締役:井出哲平)が運営する子どもの屋内遊び場KOKO(所在地:千代田区有楽町)が提供する遊びのレポート(KOKOeye)が2020年1月に保護者の皆様へお届けする情報を新たにリリース致しました。
保護者の皆様が「より良くお子様を知る」手助けとなるため、遊びの中の行動を計測・記録し「遊びの中で経験できた力」をレポートにしてお伝えします。

 

子どもたちが自ら遊び方を考え、コミニケーションを活性化させる、考え抜かれた遊具の数々子どもたちが自ら遊び方を考え、コミニケーションを活性化させる、考え抜かれた遊具の数々

 

遊びレポートKOKOeye遊びレポートKOKOeye


 


■「KOKO」とは
KOKO(ココ)は子どもたちの想像力を掻き立て、子ども自身が遊び方を考え、遊びの中でのコミニケーションを促す、考え抜かれた遊具を配置した母子分離型の屋内遊び場です。子どもたちはとにかく思いっきり遊び、その中で様々な経験をしてたくさんの学びが生まれています。KOKOでは遊びを通じて得られるお子様の情報を保護者の皆さまへお伝えする仕組みを作りました。

■背景・狙い
保護者の皆様が“より良くお子様を知る”手助けになりたい

 

私たちは子育てに関するたくさんの情報の中で、お子様に関する客観的な情報を得られる機会は少ないのではないでしょうか。KOKOでは遊びを通じて得られるお子様の情報を、レポートとして共有する事で、保護者の皆様が「より良くお子様を知る」きっかけになりたいと考えています。


■遊び場KOKOの環境づくり
子どもは遊びを通じて様々な経験を繰り返し、豊かに生きるための力を育んでいきます。しかし近年、特に都市部では子どもたちの遊びの環境が制限されています。KOKOは子どもたちが「遊び」を通じて多様な力を学べる場所を提供したという考えのもと、次の2つにこだわりを持った環境づくりを行なっています。
・自立して遊ぶこと
・多様性を持たせること
異年齢(4~10才)の普段一緒に遊ぶ機会が少ないお友だちと同じ時間を共有して遊ぶことができます。


いつもと違う空間において、親から離れ、大人が介入しない多様なお友だちがいる中で遊び、コミュニケーションを経験することは子どもにとって冒険のようなものであり、そこでの遊びを通して得られることは子どもたちが将来社会の中で豊かにいきていく力に大きな貢献が有ると考えています。

<KOKOの空間>
大自然をコンセプトに、細部までこだわった遊具施設は、2フロアを立体的に移動できる大きな空間。縦横に広がるネット遊具、大階段や床下トンネル、壁裏スペースなど、子どもたちの想像力を掻き立てる仕掛けを沢山用意しています。


<サービス概要>
場所:東京都千代田区有楽町1-2-12 KOKOビル4F受付
(東京メトロ銀座駅徒歩4分、東京メトロ日比谷駅徒歩3分、JR有楽町駅徒歩5分)
営業時間:土日祝日10:00~17:00(16:30最終受付)
対象年齢:4才〜10才
料  金(表記は全て税抜)
基本料金:初めの30分1600円(保険料含む)
利用料金:以降5分毎200円
定額制度:10,000円/月(期間限定、詳細は店舗スタッフへお問い合わせください)

ご予約/お問い合わせ
予約サイト   :    https://koko-net.jp

<会社概要>
会社名:株式会社ココ
所在地:東京都港区浜松町1-15-3 K&Yビル5F
代表取締役:井出哲平
Mail: contact@koko-net.jp 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ココ >
  3. 遊びの中の行動を計測・記録し「遊びの力」を可視化する、遊びのレポート(KOKOeye)がさらに進化しました。