Lark Technologies 統合型コラボレーションツール ”Lark” の日本市場での無料提供開始

シンガポールに本社を置くテクノロジー企業 Lark Technologies Pte. Ltd.(本社:シンガポール /以下Lark Technologies)は、同社が提供する統合型コラボレーションツール「Lark」を日本市場に導入することを発表しました。提供にあたりLarkの無料提供を開始いたします。ビデオ会議が50名まで1ミーティングあたり24時間、クラウドストレージが1企業あたり200GBまで、グループチャット5000名まで、スタッフサポートが営業日(10:00-19:00)の利用が可能となっています。

 

 



シンガポールに本社を置くテクノロジー企業 Lark Technologies Pte. Ltd.(本社:シンガポール /以下Lark Technologies)は、同社が提供する統合型コラボレーションツール「Lark」を日本市場に導入することを発表しました。提供にあたりLarkの無料提供を開始いたします。ビデオ会議が50名まで1ミーティングあたり24時間、クラウドストレージが1企業あたり200GBまで、グループチャット5000名まで、スタッフサポートが営業日(10:00-19:00)の利用が可能となっています。

Lark Technologiesについて

Lark Technologies( https://www.larksuite.com/ja_jp/ )は2019年に設立したシンガポールを本社とするテクノロジー企業です。Lark Technologiesの社員の多くはエンジニアとして、最新の機械学習技術を中心に研究開発を行っています。

Larkについて

現在、世界各国でのビジネスコミュニケーション環境において大きな変化を迎えています。テレワークや在宅学習などの企業の労働環境や教育環境の変化、メールなどを中心とするものからチャットなど中心とするコミュニケーションツールの変化、PCからモバイル中心の利用機器の変化、業務スピードを重視するコミュニケーションプロセスの変化などです。一方で、現在アプリケーションをはじめとする様々なコミュニケーションツールが流通する中で、利用する側にとっても別々の機能を持ったアプリケーションやツールを使いこなさなくてはいけない課題に直面しています。

Larkは、チャットとモバイルを軸とした統合型コラボレーションツールとして、ビジネス環境の変革とより迅速なビジネスの効率化を推進していくために生まれました。Larkは次世代のコラボレーションを可能とするオールインワンプラットフォームとして、チャット、カレンダー、ドキュメント、クラウドストレージ、アプリセンター内でのサードパーティー製のアプリケーションの利用など、コラボレーションに必要なさまざまなアプリケーションがひとつのプラットフォームにまとめられています。これらの機能は常時同期しており、ツール間のアクセスも簡単になっています。
 




Larkの主な機能の特長について

チャット機能
Larkのチャット機能は、関連メッセージを画面に「縦並び」で整理し、メッセージが投稿されたグループを自動的に最上位に移動するため、メールのように検索する労力は不要です。また、チャット画面からいつでも音声通話やビデオ会議が利用でき、リモートオフィスでも対面しているのと変わらないコミュニケーションを実現します。
 



カレンダー機能
Larkのカレンダー機能は、複数のカレンダーを表示し、すべてのスケジュールを一括で確認できます。チームメンバーのカレンダーを表示し、空き時間を確認したり、共有カレンダーを表示し、最新のスケジュールを知ることができます。 また、1人ずつを会議に招待するだけではなく、ゲストにグループ名を追加することで、チャットグループ全員を簡単且つ効率的に招待できます。
 


電話・ビデオ会議機能
Larkの会議機能は、ワンクリックでチャットから電話・ビデオ通話に切り替えが可能です。1会議最大50名まで時間制限なし回数制限なしで利用可能。スクリーンの共有もシンプルに行えます。

 


オンライン・ドキュメント
文書作成、表計算、プレゼンシートなど多様なドキュメントをオンラインで一括管理が可能です。オンラインでの編集、共有、チャットやカレンダー機能との連携など統合型コラボレーションツールならではのスムーズな作業が可能です。
 


Larkの活用例

テレワークでの利用:Larkは統合型コラボレーションツールとして、社内と変わらない業務環境をテレワークでも実現します。ビデオ会議、電話会議をワンクリックで開始できます。会議をカレンダーにセットするだけでビデオ会議が開始でき(IDを発行し、共有する面倒なプロセスは不要です)、議事録のテンプレートを使い、同時にアクセスしメンバー全員で議事録を作成でき、会議終了後に、その会議からそのままプロジェクトチャットを作成し、プロジェクトを開始することが可能です。また、コラボレーションを加速する、ビジネスチャット機能、カレンダー管理機能、ドキュメント作成・共有機能など、ビジネスのコラボレーションに必須な機能が充実しています。

在宅学習での利用:Larkは在宅学習での利用にも効果的です。教材をLarkのクラウドに上げておけば、アクセス権に応じ、教材を提供でき、ビデオ会議機能によるオンライン学習をサポートできます。また、付属のチャットのアンケート機能を利用することで簡単な小テストの実施も可能です。現在日本においては一斉休校などで子供たちの継続的な学習環境が課題となっていますが、SCMP(School Crisis Management Plan)の観点から学校や学習塾などでLarkを活用いただけます。

 提供機能

 


対応OS
Windows 7以上  / macOS 10.10以上 / iOS 10.0以上 / Android 5.3以上

 <本リリースに関する一般のお問い合わせ先>
Lark Technologies
Mail: reply@larksuite.com


##

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LARK TECHNOLOGIES PTE. LTD. >
  3. Lark Technologies 統合型コラボレーションツール ”Lark” の日本市場での無料提供開始