音声自動文字起こしサービス「Smart書記」、メディアドゥよりカーブアウトしCoral Capitalおよびメディアドゥ、個人投資家から総額8,500万円の資金調達を実施

エピックベース株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:松田 崇義、以下エピックベース)は、株式会社メディアドゥ(以下、メディアドゥ)から独立し、メディアドゥホールディングスやベンチャーキャピタルのCoral Capitalおよび個人投資家の三木寛文氏、株式会社SmartHR 代表取締役 宮田昇始氏、取締役副社長 内藤研介氏より総額8,500万円の資金調達を実施いたしました。


背景
 音声自動文字起こしサービス「Smart書記」は、徳島県とメディアドゥが2017年10月より6か月間かけて実証実験を実施し、生まれた新規事業サービスです。2018年6月にサービスをローンチし、トライアル利用など含め、累計で800社以上にご利用いただいております。
 この度、経営の独立性を高め、事業に関する意思決定の迅速化とさらなる経営リソース投下を推進するため、エピックベース株式会社として独立いたしました。今後は、メディアドゥとも協力関係を築きながら、独立企業としてサービスの利便性を向上させるとともに、より広く皆さまにご利用いただけるようにしてまいりたいと考えております。

音声自動文字起こしサービス「Smart書記」とは https://smartshoki.jp/index
 Smart書記は、「高い認識精度と快適な編集でスマートな文字起こしを」をキャッチフレーズに、より精度の高い文書作成を支援するサービスです。マイクが拾った音声を音声認識して文字化することに加え、即時編集が可能な点が最大の特徴です。
 



投資家からのコメント
Coral CapitalFounding Partner 澤山 陽平様(リードインベスター)
会議や商談における「会話」は、ビジネスにおける最も基本的なコミュニケーションであるにも関わらず、多くの場合、断片的にしか記録されていません。スマート書記の音声自動文字起こしサービスは、ビジネスシーンで埋もれていたこの膨大なデータを利用可能な形に変えるという、大きなインパクトのある事業だと考えています。Onlab時代には同じ投資家として協業することもあった松田さんに、今度は起業家・投資家という関係でそのチャレンジを応援できることを嬉しく思っています。

株式会社メディアドゥホールディングス丨代表取締役社長CEO 藤田 恭嗣様
 当社の主たる事業の電子書籍流通事業と、会話を文字に起こすというこのSmart書記事業はシナジーがあると判断し事業を行って参りました。しかし、その潜在市場の大きさなど、本事業の成長可能性を鑑み、スピードを優先するべくカーブアウトという判断を致しました。これからも当社はこの事業を継続する松田さん率いるエピックベースを最大限に支援したいと考えています。

株式会社SmartHR丨代表取締役 宮田 昇始様
 松田さんは、我々のメンターとして、今から5年前の Open Network Lab 時代に知り合いました。当時はまだ SmartHR のアイデアは影も形もなく、松田さんがいなければ SmartHR が生まれることはなかったと本当に思っています。
 今回、このような機会をいただいて、もう一度一緒の事業に関われることを本当にうれしく思っています。きっとSmartHRを抜いてくれると期待しています!

株式会社SmartHR丨取締役副社長 CIO 内藤 研介様
 今回投資させていただく機会を賜り光栄に思います。
 行き当たりばったりにサービスを作っていた私たちに「誰のどんな課題を解決するのか」という観点を叩き込んでくれたのは松田さんでした。
 会議、インタビュー、記者発表、動画のテロップなど、音声をテキストに変換したいニーズは数多くあります。人とAIとの共創によって、より価値の高い仕事が実現される未来を想像し、ワクワクします。

エンジェル投資家丨三木 寛文様
 松田さんのベンチャーキャピタリスト、ベンチャーCOOとしての豊富な経営経験もさることながら、優秀なチームメンバーも集まり、きっと社会を変える素晴らしいプロダクトを創り上げてくれると確信しています。是非飛躍的な成長を目指して頑張ってください!


ピックベース代表からの一言
 まずはじめに今回、このようなリリースを発表するにあたり、投資家の皆様をはじめとして、チームメンバーやメディアドゥの藤田さん、役員や社員の皆様、そして家族など多くの方々のご支援を頂き、このような最高の形でスタートラインに立つことができました。応援してくださっている皆様に深く感謝を申し上げるとともに、よりよいプロダクトを世の中に提供できるようにチーム一丸となって精進してまいります。

 「Smart書記」におきましては、スマートデバイスや5G通信などの普及に伴い「音声」のビジネス可能性はますます広がっていくと考えております。当社は、「音声」をもっとビジネスで活用する世の中を目指し、プロダクトを改善してまいります。


エピックベース株式会社
代表者:代表取締役社長 松田崇義 
所在地:東京都目黒区
設立:2020年1月
事業内容:Smart書記サービスの開発・運営
URL:https://www.epicbase.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. エピックベース株式会社 >
  3. 音声自動文字起こしサービス「Smart書記」、メディアドゥよりカーブアウトしCoral Capitalおよびメディアドゥ、個人投資家から総額8,500万円の資金調達を実施