競走馬になれなかったサラブレッドをみんなで育てるプロジェクトが始動!クラウドファンディング型コミュニティ『馬旅倶楽部』のパトロンが100人突破!

競走馬になれなかったサラブレッドのゲヴュルツは今後、競走馬としてデビューできなかった馬や引退競走馬に限り出場が認められる馬術大会、「引退競走馬杯」の出場を目指してトレーニングを開始します。

クラウドファンディング型コミュニティ『馬旅倶楽部』のパトロンが100人に到達(令和元年11月開設、令和2年1月100人突破)いたしました。これにより馬旅倶楽部を運営するホースパートナーズは、サラブレッドのリトレーニングを専門とする認定NPO法人サラブリトレーニング・ジャパンの監修のもと、令和2年4月1日より競走馬としての能力が認められずデビューすることが出来なかったサラブレッド「ゲヴュルツ(4歳/牝/産地:鹿児島県)」の乗用馬へのトレーニングを岡山乗馬倶楽部で開始し、馬旅倶楽部ではその会費を活用してゲヴュルツの管理費やトレーニング費等を支援いたします。
※約2ヶ月のプロジェクト適正確認期間を経てゲヴュルツに正式決定いたしました。

今後は『ゲヴュルツチャレンジ』を合言葉に、競走馬になれなかったサラブレッドや引退競走馬の明るい未来の象徴になれるようゲヴュルツを支えてまいりますので、報道機関各位におかれましては、『競走馬としてデビューできなかった頑張るサラブレッド、ゲヴュルツ』の周知と応援にご協力を賜わりますようお願いいたします。

支援馬に決定したゲヴュルツの写真 馬具は中江物産(兵庫県神戸市)より提供された支援馬に決定したゲヴュルツの写真 馬具は中江物産(兵庫県神戸市)より提供された

  • 引退後のサラブレッド
サラブレッドには、速く走る能力が見出されず競走馬になれなかった馬がいます。また、多くの馬が若くして競馬界から引退します。一般的に馬の寿命は約25〜30歳と言われていますが、5歳で競馬を引退したとしてまだ人間にしたら20歳。残りの人生をどのように過ごすかという課題が残ります。誰かの役に立ち、かわいがられながら、それぞれの馬が充実した人生を送って欲しいという想いは恐らく全ての人の共通認識だと思います。
 
  • 引退馬の社会課題
一方で、この「役に立つ」というのが最も難しい課題であり重要なことだと考えています。馬の飼育管理には犬や猫以上にかなりの金銭的負担や労力の負担を要するため、一時的に保護することはできたとしても継続的にその馬を管理するのはとても大変なことです。
 
  • サラブレッドの再就職
そのようなことから、馬に次の仕事を与え、『経済的価値を高めること』が最も重要だと考え、引退競走馬の『乗用馬への再調教』を促進することが大切だと考えています。そして、それと同時に乗馬を今よりももっと身近なものに普及させ、引退競走馬の活躍の場を拡げ、引退競走馬の再就職を応援してまいりたいと考えています。​今後は『馬旅倶楽部』の理念を多くの方にご理解いただくよう努め、競走馬になれなかったサラブレッドや引退競走馬の第2の人生を支えられるような活動をしていきたいと考えています。

リトレーニングの様子リトレーニングの様子

乗馬人口の増加と引退競走馬の再調教が引退競走馬の活躍を支える乗馬人口の増加と引退競走馬の再調教が引退競走馬の活躍を支える

  • 今後の展開
1)馬旅倶楽部のパトロンが100人に到達したため、倶楽部の会費を活用してゲヴュルツの管理費やトレーニング費などを支援いたします。また、今後、パトロンが200人突破した際には引退競走馬杯のエントリー費や遠征費等を支援いたします。
2)ゲヴュルツが日々トレーニングをしている岡山乗馬倶楽部で開催される「岡山グランプリ2020ホースショースプリング大会」に出場を予定しております。なお、この競技会への参加がゲヴュルツにとって初めての馬術競技になりますので暖かいご声援をお願い致します。
※ゲヴュルツの体調等により出場を見合わせることもありますので予めご了承ください。

⬛︎  岡山グランプリ2020ホースショースプリング大会の概要
【日時】
2020年4月3日(金)〜4月5日(日)
【会場】
岡山乗馬倶楽部(岡山県加賀郡吉備中央町上田西2393-11)
 
  •  支援馬について

ゲヴュルツの写真ゲヴュルツの写真

1)馬名 ゲヴュルツ
2)年齢 4歳(2016年3月8日生)
3)産地 鹿児島県
4)性別 牝
5)血統 父:アラムシャー 母:ウネントリッヒ 母父:アグネスデジタル
6)ゲヴュルツの紹介
ゲヴュルツはサラブレッドにも関わらず、競走馬としての才能を見出されることはなく1度もターフを駆け抜けることはありませんでした。しかし、まさに今、同世代の馬たちは華やかに競馬場を駆け抜けています。競走馬になれなかったサラブレッドのゲヴュルツはその後、2歳でサラブリトレーニング・ジャパンにて乗用馬となるためのトレーニングを受けました。そして、満を持して乗用馬セールに参加しましたが、ゲヴュルツに買い手がつくことはありませんでした。 現在は4歳になったゲヴュルツ。ゲヴュルツは競馬で活躍した"引退馬"でもありません。人気のある"血統"でもありません。今はまだ何一つ誇れるものはないのかもしれませんが、今後もトレーニングを続け乗用馬としての原石を磨いてまいります。どうかゲヴュルツの"成長"と"可能性"を暖かい目で見守っていただければ幸いです。
7)今後の目標
ゲヴュルツは今後、岡山グランプリ2020ホースショースプリング大会での馬術競技デビューを経た後、競走馬としてデビューできなかった馬や引退競走馬に限り出場が認められる馬術大会である『引退競走馬杯』の出場を目指します。
⬛︎  引退競走馬杯の概要
引退競走馬杯は未出走馬や競走馬を引退し、乗用馬という第2の人生をスタートさせたばかりの馬のみが出場できる馬術競技会です。2018年より、引退競走馬のセカンドキャリアを支援するため、JRA(日本中央競馬会)の特別振興資金支援事業を受けて公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会が主催しています。
 
  •  馬旅倶楽部について


馬旅倶楽部は会費を活用してゲヴュルツの管理費やトレーニング費等を支援します。また、今後、パトロンが200人に到達した際には引退競走馬杯のエントリー費や遠征費等を支援いたします。(引退競走馬杯へのエントリー時期はゲヴュルツのトレーニングの状況を見て判断いたします。)

入会金無料/月会費980円〜

会員特典
1)馬旅冊子の郵送(ホースパートナーズが発行する季刊誌)
2)ゲヴュルツのポストカードを製作し郵送(毎月)
3)会員限定ゲヴュルツの近況報告

入会特典
1)オリジナルグッズプレゼント中

馬旅倶楽部サイトhttps://community.camp-fire.jp/projects/view/204113
(クラウドファンディング企業:株式会社CAMPFIRE)

トレーニングの進捗状況を見ながらパトロン200人で引退競走馬杯出場(エントリー費や遠征費等を支援)を目指すトレーニングの進捗状況を見ながらパトロン200人で引退競走馬杯出場(エントリー費や遠征費等を支援)を目指す

 

 

  • 関連ホームページ
1)ホースパートナーズ:http://horse-partners.com
2)引退馬パートナーズ:http://rhc-japan.org
3)馬旅公式サイト:http://www.umatabi-joba.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ホースパートナーズ >
  3. 競走馬になれなかったサラブレッドをみんなで育てるプロジェクトが始動!クラウドファンディング型コミュニティ『馬旅倶楽部』のパトロンが100人突破!