みずほ銀行が3月23日(月)より、AI(人工知能)を活用したネット住宅ローンの簡単診断「みずほ AI事前診断」スタート!

― 登録後から“業界最速”(※1)の最短1分(※2)で、24時間いつでも(※3)事前診断が可能に―

 

 株式会社みずほフィナンシャルグループ(執行役社長:坂井 辰史)の中核子会社である株式会社みずほ銀行(頭取:藤原 弘治、以下「みずほ銀行」)は、新年度に向けて3月から住宅の購入を検討する人が増えている中、AI(人工知能)を活用したネット住宅ローンの簡単診断「みずほ AI事前診断」(https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/housing/ai_diagnosis/index.html?page=101)を、2020年3月23日(月)より開始しました。
 従来、住宅ローンの正式審査の前に、お申し込みいただいていた事前審査では、結果が出るまでに通常2~3日程(※4)かかっていたところ、「みずほ AI事前診断」では登録から“業界最速”の最短1分で、ご希望の金額での借入ができる確率を確認できます。本サービスは24時間利用でき、必要書類が揃っていなくても、条件が確定していなくても診断が可能です。また、みずほ銀行の口座がなくても利用することができます。
 さらには、条件を変更して何度でも診断することができるため、最適な住宅ローンの計画を立てやすくなり、マイホーム探しがスムーズになります。また、正式審査の申込をする場合は、事前診断で入力した情報が引き継がれることで入力の手間が省け、スムーズに審査を進めることができます。

※1/4 PR事務局調べの情報となります。
※2 場合により、ご回答までに時間がかかることがございます。ご了承ください。
※3 システムメンテナンス等でご利用いただけない時間帯が発生する場合がございます。

■​ネット住宅ローンの簡単診断「みずほ AI事前診断」開発の背景
 これまで、みずほ銀行は住宅ローンを通じてお客さまの理想のマイホーム購入のお手伝いをし続ける中で、多様化していくお客様のニーズに寄り添い、変化する不動産マーケットに適応して商品性を拡大し、審査技術を向上させ、お客さまにとって数十年という長いお付き合いとなることも多い住宅ローンを安心・便利にご利用いただけるよう、サービスのレベルアップを継続してきました。一方でお客様の幅広いニーズや複雑な案件に適応する中で、それに比例して審査工程も複雑化し、審査担当者には高いスキルが必要になっていきました。
 また、近年では都心部を中心に中古物件の需要が高まっており、中古物件は新築物件と比べて短期間での借り入れが必要な場合が多いため、よりスピーディーな審査のニーズが高まっております。
 弊社のみならず、一般的なインターネットで取り扱う住宅ローンでは、正式審査の前に事前審査の申込が必要な場合が多く、その事前審査の結果が出るまでに通常2~3日程度かかっていました。それにより、申し込んだ銀行での事前審査が応諾とならなかった場合、他の銀行に改めて申し込みをすることになるため、借入先が決まるまでさらに多くの日数がかかってしまうこともありました。
 そういった中で、サービスレベルを維持・向上しながら業務を効率化し、お客さまの「やっと見つけたお気に入りの物件が売れてしまう前に、できるだけ早く借り入れの手続きを進めたい」といったお客さまのニーズに応えるべく、みずほ銀行は高度な数理技術を活用したコンサルティングを展開するみずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社と実証実験を2018年10 月に開始。AIを駆使して住宅ローン審査業務のスピードアップをめざしてきました。
 そしてこの度、既存のインターネット上での「事前審査」を新サービス「みずほ AI事前診断」に置き換えたことにより、登録後、最短1分で正式審査通過率を確認できるようになり、スピーディーに住宅ローンのお手続きができるようになりました。また、検討段階での入力負担の軽減を目的に、従来の事前審査に比べ入力項目を約60%減らすとともに、同じ条件の場合、人による審査の結果とほぼ同等の診断結果が出せるように審査モデルを確立することで、高精度のシミュレーションを可能にしました。その結果、登録後から最短1分で審査結果の予想を弾き出す業界最速の「みずほ AI事前診断」の実現に至っています。
 今後も引き続き、さらなる精度向上にむけて、診断状況を継続的に検証し審査モデルをブラッシュアップしていくことで、マーケットの環境変化にも柔軟に対応できるサービスの実現をめざしていきます。


■「みずほ AI事前診断」とは

 「みずほ AI事前診断」では、住宅ローンの借入についての簡単な情報を入力いただくと、正式審査のお申し込み前に、入力いただいた条件で正式審査を通過する確率を、登録から最短1分で診断することを実現しています。
 また、たとえ物件が決まっていない、あるいはみずほ銀行の口座を持っていない場合でも診断することができます。


 


■「みずほ AI事前診断」登録~ 結果表示のフロー
「みずほ AI事前診断」のご利用には、IDの登録(申込ボードの登録)が事前に必要になります。

【ステップ1】申込ボードの登録

初めて「みずほ AI事前診断」を利用する方を対象に、申込ボードの登録をします。

各ページの「お申込」ボタンもしくは「AI事前診断」のボタンをクリックまたはタップしてお進みください。

※新規借入れと借換えで、登録フォームが異なりますのでご注意ください。


【ステップ2】AI事前診断開始

申込ボードにログイン後、「AI事前診断を実行する」ボタンをクリックまたはタップしてお進みください。







【ステップ3】借入希望情報などの入力

表示の指示に従い、借入情報や本人情報を入力します。








【ステップ4】AI事前診断結果を表示

最短1分で、正式審査通過率が表示されますので、ページを更新してください。次回以降はこの画面から、条件を変えて何度でも AI事前診断をご利用できます。

結果確認後、「正式審査を申し込む」のボタンをクリックまたはタップして、正式審査へとお進みください。



■みずほ銀行について​
 みずほ銀行は、国内最大級の顧客基盤、国内外の拠点ネットワークや高度なサービス提供力を有するリーディングバンクとして、幅広いお客さまに最適な金融ソリューションを迅速に提供します。
 個人向けにはモバイル、SNS を中心とするお客さまのスマートライフ化を踏まえ、テクノロジーの活用やオープンな協業により、利便性の高いサービスを、スピード感をもって提供。また、将来に備えた資産形成や老後の介護サポートなどライフイベントに応じた最適なソリューションを提供していきます。
 法人向けには事業構造の転換、それらに伴う事業リスクへの対応や人材確保のニーズ等を踏まえ、高度な産業知見や目利き力を活かして、成長企業へリスクマネーを供給しつつ、ビジネスマッチングや経営人材の派遣等を通じ、企業の成長を支援します。
 今後変化していく環境の中でも、顧客に対し「課題解決のベストパートナー」であり続けることを目指していきます。
 

 

社名:みずほ銀行(Mizuho Bank, Ltd.)
所在地:東京都千代田区大手町1–5–5(大手町タワー)
代表:取締役頭取 藤原 弘治
資本金:1兆4,040億円
発足日:2013年7月1日
Webサイト:https://www.mizuhobank.co.jp/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社みずほ銀行 >
  3. みずほ銀行が3月23日(月)より、AI(人工知能)を活用したネット住宅ローンの簡単診断「みずほ AI事前診断」スタート!