加茂商事 株式会社(サッカーショップKAMO)女子サッカー支援プロジェクト「with us project」発足のお知らせ

この度、サッカーショップKAMOを展開する加茂商事 株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:加茂建)は「日本の女子サッカーの発展に貢献する」ことを最大の目的とする「with us project」を発足する運びとなりました。
また、当プロジェクトのロールモデルプレイヤーとして、現役女子プロサッカー選手である小林里歌子選手を起用し、プロジェクト推進のためのイベントやメディアでの活動を行ってまいります。
◆プロジェクト概要

 with us~私たちと共に〜

「with us project」は、すべての女子サッカープレイヤーならびにサッカーファミリーへ、より多くの女性がサッカーを続けていける・いきたいと思える環境を支援するプロジェクトです。
女性が輝く時代へ、支え合い、繋げ、広げて、新しく進む未来へ、我々が共にサポートしていきます。

① 「情報」
・コミュニティサイト「HOME GROUND(https://homeground.commmune.com/)」を活用した情報の提供
・シューズやウェア等のサッカー用品、食、トレーニングについての情報交換  

②「場」
・シューズ、アンダーウェアやアパレル等の試履、試着会  
・オンラインやグラウンドで行うプロ選手、トッププレイヤーとの交流イベント  

③ 「商品」
・シューズ、アンダーウェアやアパレル等、サッカー用品の提案および販売  
・様々な企業と連携し、まだ世の中にないサッカー用品、食事、サプリメントなどの開発および生産  

サッカーショップKAMOによる「コミュニティサイト」、「外商(チーム向け営業)」、「オンラインストアを含む店舗」の3チャネルより、女子プレーヤー、ファン・サポーター、保護者など、それぞれのシーンに合った『情報』『場』『商品』をピンポイントで提供し、様々な角度・方法を用い、女子サッカーの発展へ貢献するべく努めてまいります。


◆ロールモデルプレイヤー

小林 里歌子(こばやし・りかこ)
生年月日:1997年7月21日
出身地:兵庫県

小学生時に兄の影響でサッカーを始め、高校は女子サッカーの名門である常磐木学園高等学校に入学。在学中にU-17、U-19女子日本代表に選出され、2015年のAFC U-19女子選手権では大会の最優秀選手に輝く活躍を見せた。
2016年に日テレ・ベレーザへ入団すると、なでしこリーグ優勝4回、皇后杯 JFA 全日本女子サッカー選手権大会優勝4回、なでしこリーグカップ3回と数々のタイトル獲得を経験し、なでしこジャパン(女子日本代表)としても2019 FIFA女子ワールドカップやEAFF E-1サッカー選手権2019などに出場。2021年は日本女子プロサッカーリーグWEリーグの開幕と共に、さらなる活躍が期待される。

【小林里歌子選手 コメント】
「このたび、with us projectのロールモデルプレイヤーに就任した小林里歌子です。
これまで自分自身がプレーする中で得た経験を、このプロジェクトを通して女子サッカー界に還元できるよう活動していきたいと思います」

◆加茂商事 株式会社 会社概要
所在地:大阪府大阪市北区梅田1-3-1-100
代表取締役:加茂建
資本金:7,350万円
従業員数:200名
事業内容:サッカー用品の総合販売
・サッカーショップKAMOでの店頭販売(全国21店舗)
・オンラインストア (https://www.sskamo.co.jp/
・外商(チーム向け営業)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 加茂商事 株式会社 >
  3. 加茂商事 株式会社(サッカーショップKAMO)女子サッカー支援プロジェクト「with us project」発足のお知らせ