「そこにないものを、まるで存在するかのように視覚させる」AR(拡張現実)技術を活用した広告事業を展開する『株式会社YONDE』設立のお知らせ。

 


デジタルハリウッドが運営する、起業家・エンジニア養成スクール『ジーズアカデミー福岡』第1期(全日制コース)卒業生である田坂洋一は、広告の新たなスタンダードを確立するという理念のもとAR広告制作を主力事業とする株式会社YONDEを2020年1月14日に設立しました。

同社が制作するコンテンツは、AR化したプロダクトを単純に表示させるだけではなくWebGLなどと組み合わせ様々なシチュエーションを作り込み、表現豊かに世界観をアピールできるサービスです。
また「WebAR*1」を使って開発しているため、アプリのダウンロード無しでコンテンツを見ることが可能。
広告の受け手に負担をかけることもありません。

 

 

 

AR広告は、コンテンツの視聴時間や、コンバージョン率が向上するというデータ*2も出ており海外ではすでにブランドの有効なプロモーション手段として使われています。

株式会社YONDEは、ARを使った新しい広告表現の構築を目指します。
今後は蓄積したノウハウや技術力を活用し、自社サービス展開にも力を入れていく方針です。

 


*1 WebAR …アプリを使用せずにWebサイト上でARを体験できる技術
*2 AWE2019(Augmented World Expo)で、Houzz社(家具・インテリアEC)でARを使用したユーザーのコンバージョン率が11倍になったと報告がありました。 


【問い合わせ先】
mail: info@yonde.co.jp

【会社概要】
住所:福岡県福岡市中央区大名1-3-41 プリオ大名 2F G’s BASE FUKUOKA
代表取締役  :田坂 洋一
URL: https://yonde.co.jp
事業内容: ARを活用したコンテンツの企画・提案 と開発
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社YONDE >
  3. 「そこにないものを、まるで存在するかのように視覚させる」AR(拡張現実)技術を活用した広告事業を展開する『株式会社YONDE』設立のお知らせ。