ENLIGHTENMENT ヒロ杉山によるアート展「DROP SHADOW(ドロップ シャドウ)」8/14より、阪急メンズ東京 タグボートギャラリーにて開催

2020年8月14日 (金) より、阪急メンズ東京7階のタグボートギャラリーにて、アート、グラフィックデザイン、映像制作など多方面で活躍し、京都芸術大学の客員教授を務めるアーティスト ヒロ杉山(ENLIGHTENMENT/エンライトメント)による個展「DROP SHADOW(ドロップ シャドウ)」を開催いたします。
本展では、日本に数台しかない巨大UVプリンターを使用し、ギリシャ神話に着想を得た作品(約12点)を展示販売いたします。本作品群の大きな特徴は、タイトル「DROP SHADOW」にも由来している、デジタルとアナログを混在/融合させることによる精確性と非精確性の表現です。「DROP SHADOW」とは、コンピューターでオブジェクトに影をつける機能を意味しており、絵の具で偶然性を持ってアブストラクトに表現されたキャンバスと、UVプリントで精密に写し出されるDROP SHADOW(影)、更にレイヤーされていくイメージや線が、デジタルとアナログをクロスオーバーする様を描いています。ベースのキャンバスが、まるで宇宙空間を彷彿とさせる無限性や惑星群のイメージに仕上がったことから、その上にギリシャ神話の神々のイメージを用い、最後に本来は元のオブジェクト(物体)であるホワイトラインが逆の順序で、DROP SHADOWに沿う様に手描きで仕上げられています。 
  

「LAOCON」 200,000円(税別)45.5cm x 53.0cm (キャンバス)「LAOCON」 200,000円(税別)45.5cm x 53.0cm (キャンバス)

「DIANA」 780,000円(税別)97.0cm x 131.0cm (キャンバス)「DIANA」 780,000円(税別)97.0cm x 131.0cm (キャンバス)

「ACHILLES」 200,000円(税別)45.5cm x 53.0cm (キャンバス)「ACHILLES」 200,000円(税別)45.5cm x 53.0cm (キャンバス)

 













ヒロ杉山 アート展 ”DROP SHADOW”
【会期】2020年8月14日(金)〜9月3日(木)※営業時間は、阪急メンズ館の営業時間に準ずる
【会場】阪急メンズ東京7階=タグボートギャラリー
【内容】アート作品の展⽰・販売 ※やむを得ない理由により、展示内容が変更になる場合がございます
 

 

ヒロ杉山
アーティスト/アートディレクター。1997年にクリエイティブユニット「Enlightenment(エンライトメント)」を立ち上げ、2002年に開催された村上隆キュレーションのグループ展「スーパーフラット」では、現代アートの世界から注目を集める。パリ、上海、ナポリなどに加え、2018年には六本木ヒルズA/Dギャラリーにて個展「ONE HUNDRED AND EIGHT」を開催するなど、国内外の展覧会でアート作品を発表している。また、イラストレーターとしても活動しており、広告や雑誌、CDジャケットなど幅広いジャンルで独特の世界観を表現している。さらに、PV制作やVJでの評価も高く、m-floや三代目J SOUL BROTHERSなど有名アーティストのライブ映像も手掛ける。近年では活動の幅を広げ、立体作品や空間演出など多方面にわたって創作活動を展開している。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エンライトメント >
  3. ENLIGHTENMENT ヒロ杉山によるアート展「DROP SHADOW(ドロップ シャドウ)」8/14より、阪急メンズ東京 タグボートギャラリーにて開催