“外部パートナーCFO”事業を展開するプレアス、オンラインで“中小・ベンチャー企業向けスポットパートナーCFOサービス”を開始

~新型コロナ禍で経営難に直面する企業や経営者を全面的にサポート~

 「外部パートナーCFO」事業を展開する(株)プレアス(東京都千代田区、代表取締役 水野 靖彦)は、オンライン・短期スポットでのパートナーCFOサービスを開始いたします(最低3ヶ月から利用可能)。経営戦略の再構築や収益力強化、資金調達やM&Aへの迅速な対応、バックオフィスや上場準備の体制見直しなど、新型コロナ禍で急激な経営環境の変化に対応しなければならない企業や経営者皆様(特に中小・ベンチャー・スタートアップ企業)を全面的にサポートいたします。

  • 新サービス開始の背景

 昨今の新型コロナウィルスの世界的な感染拡大および日本国内における「緊急事態宣言」の発令により、企業を取り巻く経営環境は急激な変化に見舞われており、景気に関する各種指標も悪化の一途をたどっているのが実情です。その中で各企業や経営者皆様にとって、特に下記の項目について迅速な対応が必要となっており、お問い合わせが増加しております。

・短期での収益力改善および資金創出に向けたアクション
・資金調達実行に向けた迅速な対応 ※ファイナンシャルアドバイザー機能
・M&Aへの対応(候補先選定~デューデリジェンス~契約締結~PMI)※ファイナンシャルアドバイザー​機能
・中長期での全社経営戦略の見直し
・経営管理の仕組み再構築、KPI(重要な経営管理指標)の見直し 等

 一方で、中小・ベンチャー・スタートアップ企業においては、上記に関して「ノウハウがなく、どのように着手してよいかわからない」「CFO(=最高財務経理責任者)のような人材がいないし、すぐには採用できない」「手が回らず、短期でもよいから右腕になってくる人材サポートが欲しい」という声が多いのが実態です。

 今回プレアスは、これまでの「外部パートナーCFO」事業で築き上げたノウハウを生かし、こうしたニーズに対応する為、オンラインでの“中小・ベンチャー企業向けスポットパートナーCFOサービス”を開始いたします。

 

  • 新サービスの概要
 今回プレアスが開始する“中小・ベンチャー企業向けスポットパートナーCFOサービス”概要は以下の通りです。

・「外部パートナーCFO」として、契約期間中に重要な経営課題解決に向けてハンズオンで対応
・定例ミーティングを開催し、経営者のディスカッションパートナーを担いつつ、経営課題解決の進捗確認を実施
・定例ミーティングは原則オンラインを前提(1回につき、2~3時間を想定)
・具体的に解決したい経営課題および契約期間については応相談
・領域は財務経理に留まらず、経営企画、法務、人事総務、IR、情報システム等、バックオフィス全般対応可能
・通常は年間顧問契約を締結するところ、最低3ヶ月間からサービス利用可能(ミーティング回数は応相談)
・契約期間満了後、通常の年間顧問契約への移行歓迎(社外取締役・アドバイザリー就任可能)

サービス内容の詳細につきましては、下記当社窓口へお問い合わせ下さい。


==================================
【会社概要】
会社名:株式会社プレアス
設立:2019年8月
代表取締役社長:水野 靖彦
本店所在地:〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5階
事業内容:「社外パートナーCFO」として、経営全般に関して”経営者のディスカッションパートナー”としての役割を担いつつ、単なるコンサルティングに留まらず、重要な経営課題をハンズオンで解決する。
2020年2月には、仙台市の「仙台未来創造企業プログラム」に協力企業に選出され、将来的に上場を目指しているベンチャー・スタートアップ企業の経営支援も積極的に行っている。

主な事業・サービス内容は以下の通り。
・パートタイムCFO業務による定例支援
・個別重要経営課題へのプロジェクト支援
・経営資源(人材・資金・M&A等)の調達支援
・企業内研修の企画・実施による人材開発・育成支援


【本リリースに関するお問い合わせ先】
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プレアス >
  3. “外部パートナーCFO”事業を展開するプレアス、オンラインで“中小・ベンチャー企業向けスポットパートナーCFOサービス”を開始