ジーネックス株式会社 第三者割当増資による資金調達を実施

2021年1月29日
各 位

ジーネックス株式会社
代表取締役社長Co-CEO 八木 研・飯田 敦

ジーネックス株式会社 第三者割当増資による資金調達を実施
ジーネックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長Co-CEO 八木 研・飯田 敦、以下「ジーネックス」)は、マネックスグループ株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長CEO 松本 大、以下「マネックスグループ」)の支援によって設立され、現在はマネックスグループの関係会社となっています。この度、ジーネックスは第三者割当増資による資金調達を実施し、新たに科研製薬株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 堀内 裕之、以下「科研製薬」)を株主に迎え、全ゲノム情報に代表されるヘルスケアデータ集積を加速し、既存の枠組みにとらわれない形でヘルスケア業界の発展に貢献していく事業を本格的に推進することになりましたのでお知らせいたします。

1.ジーネックスの事業について
ジーネックスは、ブロックチェーンを活用したヘルスケア関連データプラットフォームを構築いたします。当該データプラットフォームには、全ゲノム情報を含むヘルスケア関連のビッグデータ(*1)を集積することができ、高付加価値化されたヘルスケア関連データが創薬開発やヘルスケア関連サービスに活用することで(*2)、人々のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上するサステイナブルな健康社会の創造に貢献いたします。また、ジーネックスは、本事業により得られた対価を、データ提供者に還元するエコシステムの実現化を目指します(*3)。当該エコシステムが機能することにより、将来的には創薬開発が困難な難病領域等にも対象を広げ、国や自治体に頼るだけでなく、患者自身がプラットフォームに参加して創薬開発を推進し、同時に患者自身のデータを価値化できる自助的なシステムが産み出されることが期待されます。このエコシステムが広く発展することにより、患者に限らず健康な人々のヘルスケアデータの価値を高めていきます。

(*1) データ取得時には、データ提供者の同意を取得いたします。
(*2) 個人情報保護法や関連する指針・ガイドラインを遵守した上で実施いたします。
(*3) 金銭による対価は想定しておりません。



2.資金調達の背景・目的
これまでジーネックスは、同プラットフォームを幅広く医療・ヘルスケア領域へ展開することを目指し、同プラットフォームに参画する事業会社や研究機関と提携するための協議を重ねてきました。
今回、ジーネックスが科研製薬を株主に迎えたことにより、既存株主である株式会社スギ薬局(スギホールディングス株式会社 100%子会社、本社:愛知県大府市、代表取締役社長 杉浦 克典、以下「スギ薬局」)、マネックスグループを併せて東証一部上場企業3社がジーネックスの株主となりました。今後は、スギ薬局と科研製薬、ブロックチェーン技術に関する知見を有するマネックスグループ、各社がそれぞれの強みを活かし、ジーネックスの事業を推進してまいります。

ジーネックスは、ビジョンに医療・ヘルスケア領域の発展と健康社会の実現へ貢献することを掲げていますが、当該事業についてESGを考慮した事業へと発展させてまいります。ESG活動をかねて推進してきたマネックスグループとのシナジー効果により、ジーネックスの企業価値を高めてゆき、社会に貢献していく所存です。加えて、ジーネックスは、マネックスグループが有するブロックチェーンに関する技術・知見を積極的に取り入れ、同プラットフォームにおけるセキュリティやプライバシー、イノベーション技術の強化に取り組んでまいります。

3.ジーネックスの概要
所在地東京都港区赤坂1-12-32
設立2019年8月
代表者代表取締役社長 Co-CEO 八木 研
代表取締役社長 Co-CEO 飯田 敦
事業内容 ゲノムおよびヘルスケアに関するデータプラットフォームの企画・運営
株主 マネックスグループ株式会社、株式会社スギ薬局、科研製薬株式会社、その他投資家

以上

(お問い合わせ先)
ジーネックス株式会社  
メール:support@genex.co.jp



 
  1. プレスリリース >
  2. ジーネックス株式会社 >
  3. ジーネックス株式会社 第三者割当増資による資金調達を実施