ヘプタゴンは東北エリア初のAWS Partner Network(APN)アドバンストコンサルティングパートナーに認定されました

東北地方の企業向けにクラウド技術を活用したソリューションやコンサルティングサービスを提供する株式会社ヘプタゴン(所在地:青森県三沢市富崎2-4262 代表取締役社長:立花拓也、以下、ヘプタゴン)は、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)から、AWS Partner Network(以下、APN)アドバンストコンサルティングパートナーに認定されたことをお知らせいたします。

 


AWS Partner Network(APN)とは

APN コンサルティングパートナーは、あらゆるタイプ、あらゆる規模の顧客に対し、AWS でのワークロードとアプリケーションの設計、開発、構築、移行、管理をサポートするプロフェッショナルサービス企業で、顧客のクラウド移行を加速する支援を行います。

*引用元:https://aws.amazon.com/jp/partners/

APNアドバンストコンサルティングパートナーとは

APNコンサルティングパートナーには、プレミア、アドバンスト、セレクト、レジスタードという4つのパフォーマンスティアがあり、会社のAWSに関する専門知識とエンゲージメントのレベルを高めることによって、APNのティアの階段の指標としています。

APNアドバンストコンサルティングパートナーは、APNの中でもAWSに関する営業・技術体制があり、AWSでのシステムインテグレーションやアプリケーション開発などの実績が非常に豊富なパートナーが取得できるもので、ヘプタゴンはこの度セレクトからアドバンストへ認定されました。 東北に本社を置く企業としては初めてのアドバンストティアの認定となります。

ヘプタゴンが提供するサービス

ヘプタゴンは 「世界中の顔を知らない100万人よりも自分たちの身近な100人をクラウドで幸せにする」を経営理念に掲げ、主に東北地方の企業/サービスのクラウド化やデジタルトランスフォーメーション(DX)の支援を行っています。

地方ならではの課題を地方のことをよく知る地方の企業が解決する「ビジネスの地産地消」というビジネスモデルでこれまで200プロジェクトを超える実績を東北であげてきました。

近年では、AI/IoT技術を用いた地方の企業/自治体のDX化にも力を入れており、先端技術を取り入れ成長する意欲的な企業とヘプタゴンが協力して、生産性の向上や業務の改善、新しい働き方の導入支援などを進めています。

https://heptagon.co.jp/
 



※ アマゾン ウェブ サービス、AWS、AWS Partner Network、APNは、米国その他の諸国における、Amazon.com,inc.またはその関連会社の商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヘプタゴン >
  3. ヘプタゴンは東北エリア初のAWS Partner Network(APN)アドバンストコンサルティングパートナーに認定されました