Mark-onが新作VRスポーツゲーム「Reflect-on」を2020年夏に早期アクセス開始

自宅でできる新しいスポーツ体験ゲーム

株式会社Mark-on(本社:東京都板橋区、代表取締役:檜山正樹、以下Mark-on)はVRを利用した対戦型スポーツゲーム「Reflect-on」の早期アクセスを2020年夏に開始します。
◆「Reflect-on」は体感型2人用対戦VRゲームで、3D空間でホッケーのような新しいスポーツ体験ができるゲームです。飛んでくる球を手元のラケットで跳ね返して相手のゴールに入ればポイントが獲得でき、制限時間内に多くのポイントを獲得したプレイヤーの勝利となります。
 

 


「Reflect-on」は国内外の展示会でのみ体験を提供していましたが、この度、自宅でも楽しめるようになります。
早期アクセスバージョンでは気楽に対戦ができる”とにかくリフレク”モードで遊ぶことが可能です。
 

開発中ゲーム画面1開発中ゲーム画面1


また、2020年秋のアップデートにて実装を予定している勝敗によってポイントが上下し、プレイヤーのランクが決まる”ホンキでリフレク”モードの練習ができます。”ホンキでリフレク”モードではラケットの種類を選ぶ、ラケットの性能をアップデートする機能などが追加され、よりハイレベルな駆け引きが楽しめます。
 

開発中ゲーム画面2開発中ゲーム画面2


今回はゲーム配信プラットフォームであるSteamで早期アクセスが可能となります。
対応ハードウェアは次の予定です。

・Oculus Rift S
・Oculus Quest (OculusLink使用)
・HTC Vive Cosmos
・Windows Mixed Reality イマーシブ ヘッドセット
・Valve Index

◆「Reflect-on」ではVR内部でのゲーム展開だけでなく、各企業様とのコラボレーションや、各種SNSとの連携、公式大会などのイベントなどを予定しており、今後のロードマップも含めて情報を追って公開していきます。

対戦記録の閲覧や、試合の観戦、各情報が公開される予定のポータルサイトは下記URLとなります。

https://reflecton.net/

公式ツイッターはこちらになります。最新の情報、イベントなどの情報を順次配信していく予定となっています。

https://twitter.com/Reflect_on_vr

◆株式会社Mark-onについて
株式会社Mark-onは、2020年3月30日に設立されたAR/VR/MRなどのアプリケーションの受託開発を行っている企業です。多くの展示会などにAR/VR/MRの技術を使ったゲームなどを出展しつつ、そのゲーム開発で培った技術をアプリケーションへと応用し、現場で活用していただいています。詳細はこちら(https://mark-on.co.jp)をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Mark-on >
  3. Mark-onが新作VRスポーツゲーム「Reflect-on」を2020年夏に早期アクセス開始