テントで迅速に対応、PCR検査⽤ドラスイブスルーテントを新潟市、⻑岡市に今泉テント株式会社が寄贈。第2波に備えて、全国のニーズに応える。

設置簡単なPCRテントを今泉テントが開発。患者も医療従事者にも最適な環境を作る。

新潟市、⻑岡市で稼働開始、全国に向けて⽣産をスタート。
第2波の訪れが懸念される新型コロナウイルスに向けて、⼤型膜構造建築の今泉テント株式会社(本社・新潟県⻑岡市、代表取締役・今泉義春)はテントの利便性や耐久性、同社の技術⼒を⽣かし、PCR検査⽤ドライブスルー型の検査テント を開発。⼀号基は地元の⻑岡市と新潟市に寄贈し、稼働を始めた。

同社は巨⼤テントなどの膜構造建築から、⽇よけ⽤⼩型テントまで、様々なテントを⼿がけているが、そのノウハ ウを⽣かして今回はPCR検査⽤のテントを⾃社製作した。

 

そもそもこのテン トはPCR検査⽤として改良される以前 、東京丸の内で開催されるイベントで 使⽤するために設計されたもので、本 来であれば初夏に⼤々的にお披露⽬に なる予定だった。



設計は東京と台湾に 拠点をおく建築集団noizで、クライア ントは台湾の財団法⼈国家⽂化芸術基⾦会(The National Culture and Arts Foundationと財団法⼈⽂化台湾基⾦会(The Cultural Taiwan Foundation)。

しかし、イベントが中⽌。せっかくの試作モデ ルをこのまま使わずに置くのはもったいないと、新型コロナウィルス対策に活かせないかと考えたところ、転⽤使⽤に建築家はもちろん台湾の関係者も快諾。 検査⽤テントだけではなく、ソーシャルディスタンスが保たれる患者待合室、スタッフ衛⽣管理室、受付など現場の医療従事者や新潟県内の医師会の⽅々の幅広い意⾒を仰ぎ、⾃社でさらにデザイン開発を⾏った。

これからの季節に対応する冷暖房設備も完備している。すべて⼯場で製作、クレーンで設置し現地施⼯が不要なこと、必要な時だけ利⽤可能なリースベースで、PCR検査以外にも様々なカスタマイズ⽅法、短期長期にわたり活用が可能となる。「活動がしやすい」「⾼い利便性と安全性」 「すばやい導⼊」ができ、より迅速に医療現場はもちろん様々な現場に届けることが叶った。

基本サイズは、w2.2m×L4m×H2.4m で、レンタル基本料¥531,000(初月)、以降1ヵ月ごとに¥150,000 。納入運搬設置費及び搬出運搬撤去費は別途となり、設置場所、用途に合わせたオリジナルオーダーも受けている。

今回の⼀号機の活⽤でより医療現場の意⾒を活かし、noizのデザイン協⼒を受け、ドライブスルー型などさらに改良を⾏い、月産25台を⽣産予定で、全国の医療施設に届けていきたいと考えている。


 

 





今泉テント株式会社
代表取締役 今泉義春
本社 新潟県⻑岡市滝⾕町1917-5
0258-22-0088
http://imaizumitent.com/

東京営業所
東京都中央区⽇本橋箱崎20-3 箱崎公園ビル3階
TEL(03)6661-1547

商品に関するお問い合わせ
今泉テント株式会社 東京営業所
担当:高松
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 今泉テント株式会社 >
  3. テントで迅速に対応、PCR検査⽤ドラスイブスルーテントを新潟市、⻑岡市に今泉テント株式会社が寄贈。第2波に備えて、全国のニーズに応える。