〈 OECD最下位、ICT関心率3.4%*改善へ 〉女子学生特化型コーディングコース「Waffle Camp」を発表。7/12ローンチイベント開催

〜IT分野のジェンダーギャップを埋める〜

 IT分野のジェンダーギャップを埋めることがミッションである一般社団法人Waffle(東京都渋谷区、代表理事: 田中沙弥果 以下、Waffle)は、この度女子中高生限定のコーディングコース「Waffle Camp(ワッフル・キャンプ)」をローンチし、受講生の募集を開始いたします。
 発表に際し、7月12日(日)19時よりオンラインにて、Waffle Campローンチイベントを開催いたします。本ローンチイベントでは、女子中高生限定の国際アプリ・ビジネスコンペティション「Technovation Girls(テクノベーション・ガールズ 以下、Technovation Girls)」の2020年度の成果報告会も兼ねており、主催団体であるWaffleの普段の女子中高生へのサポートの様子も知っていただける内容となります。

Waffle Camp Webサイト:https://bit.ly/3gznzvp



■Waffle Campとは

 Waffle Campは「これからのITをカラフルにする女の子たちへ」をコンセプトに、ウェブサイト開発のスキルとプログラミング学習コミュニティを提供するオンライン・プログラムです。本プログラムはプログラミングへ興味をもつが、その後学習を継続する場がないという、女子中高生の声をもとに開発されました。
プログラムの提供内容は、事前学習、オンラインでのインタラクティブな1日教室、そして2週間の事後学習とともに、キャリアをイメージできるロールモデルとの対話を組み合わせており、女子中高生のIT分野への進路選択も支援します。

 また、私たちは一人一人に寄り添って丁寧に教えていきたいので、各回の定員を10名に抑えた少人数開催にしています。


■Waffle Campの特徴

1)事前課題と半日の講座で、実践的なスキルがつく
ひとつひとつのコードの説明から、サーバーの仕組みを学習し、ウェブサイトを制作します。何ヶ月も通わなくても、事前学習と半日の講座でしっかり習得できるカリキュラムです。受講後にもサポートがつき、みなさんのウェブサイト作りを最後まで応援します。

2)先輩の声を聞き、IT業界のリアルを知る
国内外のITの舞台で活躍する女性によるキャリアトークを聞くセッションです。ウェブサイト制作を通じて学んだことの先に、どんなワクワクする仕事や職業が待っているかなど進路に対する具体的なイメージを得ることができます。また、英語の回もあり、簡単な通訳がつきます。

3)現役の女性エンジニアが受講後もサポート
受講中はもちろん、修了後2週間の間、メンターへの質問と相談ができるプラットフォームを用意しています。キャンプ後も疑問を解消できる環境を提供することで、ご自宅での学びが定着するようにサポートします。

▼詳しくはこちら
https://bit.ly/3gznzvp


■Technovation Girls成果報告会&Waffle Campローンチイベント

 Waffle campリリース発表会及びTechnovation Girlsの2020年度の成果報告会を7月12日(日)19時から開催します。
 Technovation Girls 2020への出場は日本から2チームです。前半の第一部では彼女たちが4ヶ月間ビジネスからアプリ開発まで行った成果を発表していただきます。
 後半の第二部では、Waffle Camp開発者による説明やモニター参加者の声を共有いたします。

・日時:2020年7月12日(日) 19:00~21:15
・会場:オンライン
・参加費: 無料
・申し込み:https://bit.ly/CloseTheGenderGapJP2020(申し込み期限7月11日中)
・内容:
<第一部:Technovation Girls成果報告会>
19:00 - 19:25 Waffle概要説明、Technovation概要説明
19:25 - 19:55 チーム1の発表
19:55 - 20:25 チーム2の発表

<第二部:Waffle Campローンチ発表会>
20:25 - 20:40 Waffle Camp 開発の経緯説明
20:40 - 20:55 Waffle Camp 内容の説明
20:55 - 21:15 質疑応答


■応援コメント
 


鳥井雪
Webプログラマー。Rails Girls in JPの立ち上げ期など、女性がプログラミングに参入する活動に関わる。翻訳に『ルビィのぼうけん』シリーズ(翔泳社)『Girls Who Code 女の子の未来をひらくプログラミング』(日経BP社)その他。

【応援コメント】
自由と可能性を、女の子に!
テクノロジーを自分の力にすることは、自由を自分のものにすることです。
自分の思い描いたものを実現する力、自分の進む道を拡げる力、わくわくするような可能性が、コンピューターの前に座るあなたを待っています。
チャレンジして、失敗して、そして成功する楽しさを、できるだけたくさんの女の子たちに知ってほしい。「女の子だから」という理由で男の子よりチャンスが少ない、そんな「今」を変えたい。
Waffleの活動を応援しています。
 


増井 雄一郎
Product Founder、Bloom&Co. CTO(最高技術責任者)

【応援コメント】
手を動かして何かを作ること、それをいろいろな人に見てもらい、伝えたいことを自分で形にすること。これを自分のモノにすることは性別、年齢、地域などを超えて力になります。

このキャンプで「自分で作り、理解する」ということを学び、楽しんで行ければその先はいろいろな世界につながっています。

世の中のすべてのWebサイトはここで学ぶHTMLとCSSでできています。ここで学び、それを持って視野を広げてもらえばとても嬉しいです。


■Technovation Girls(テクノベーション・ガールズ)とは

米国のSTEM教育系NPO「Technovation(旧:イリデッセント iridecent)」が2010年から主催しているコンテストで2018年度で8回目の開催となります。世界の10〜18歳までの女の子たちを対象に、これまで78カ国以上、15,000人以上の女の子たちが参加しました。「中学生の部」と「高校生の部」があり、世界中のトーナメントで決勝に選ばれると夏にアメリカ・シリコンバレーに決勝大会に招待されます。そこで優勝すると、それぞれの部門チームに起業資金として1万ドル(約120万円)もの賞金が贈られます。
一般社団法人Waffleは2017年より日本のパートナーとして日本での普及を目指しています。


■一般社団法人Waffle とは
 
一般社団法人Waffleは、IT分野のジェンダーギャップを埋めることをミッションに、2017年から活動しています(2019年度法人化)。主に、日本国内の女子中高生をターゲットに、プログラミングの楽しさやIT分野のキャリアを描いてもらうためのイベントの開催や世界的な女子中高生限定ビジネス・アプリコンテスト「Technovaton Girls」の日本支部を運営しています。その他政策提言として、日本政府主催の「国際女性会議WAW! 6th」にて、代表 田中がユース代表として選出され、ITやSTEM分野の女子教育の重要性を提言しています。



団体名:一般社団法人Waffle
代表:代表 田中 沙弥果
連絡先:info@waffle-waffle.org
ウェブサイト:https://waffle-waffle.org/


*OECDを対象に毎年行われている国際学力調査「PISA」の2018年の調査結果では、「30歳になったときにICT関連の職業に就きたいか」という質問に対し、日本の女子で「はい」と答えたのは3.4%でした。これはOECD加盟国中最も低い割合です。



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人Waffle >
  3. 〈 OECD最下位、ICT関心率3.4%*改善へ 〉女子学生特化型コーディングコース「Waffle Camp」を発表。7/12ローンチイベント開催