新型コロナウイルス禍により困窮する日本人学生に向けた緊急支援金支給のお知らせー本当に支援を必要としている大学生・大学院生に30万円を給付ー

 ドン・キホーテ、ユニーなどを運営するPPIHグループの創業者である安田隆夫が設立した公益財団法人安田奨学財団は、この度のコロナ禍で経済的困窮に苦しむ日本人大学生・大学院生に向けた緊急支援金を給付します。
 新型コロナウイルスの感染拡大に鑑み、罹患された皆様には心からお見舞いを申し上げますとともに、全国のウイルス対策の最前線に立たれている全ての関係者、特に医療従事者の皆様には心から感謝申し上げます。

 ドン・キホーテ、ユニーなどを運営するPPIHグループの創業者である安田隆夫が設立した公益財団法人安田奨学財団は、この度の新型コロナウイルス禍により、少なからぬ日本人大学生がアルバイトもままならない事による経済困窮で退学を検討せざるを得ない状況を鑑み、『本当に支援金を必要としている「日本人大学生・大学院生」』への緊急支援を致します。
 本支援は、財団の趣旨や運営に深いご理解とご協力をいただいており、例年の奨学生の採用実績も多く、新型コロナウイルスの影響を強く受けたと思われる地域の大学を選定し、支援金を給付致します。

 本財団は、一日も早く事態が終息し、平穏な日常生活が戻ってくることを心から願っております。

                       記
【支援金の特徴】
(1)本財団では対象者の選考は行いません。対象者が支援金を必要としているか否かは大学側の判断とします
(2)支援金は給付とし、返済の義務はありません
(3)対象者の卒業後の就職、その他一切については、本人の自由とします
(4)他の奨学金等との併給についての制限はありません
【応募資格】
新型コロナウイルス禍により経済的に学業継続が困難な状況に瀕していると大学が認めた日本人大学生もしくは大学院生
【採用人数】
各大学10名以内(全大学合計100名以内)
【支援金額と方法】
支援金額:30万円(5万円×6か月間) 支援の期間:6か月間
支援の方法:2020年8月~2021年1月までの毎月末に月額5万円を直接本人に支援します
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人安田奨学財団 >
  3. 新型コロナウイルス禍により困窮する日本人学生に向けた緊急支援金支給のお知らせー本当に支援を必要としている大学生・大学院生に30万円を給付ー