SEKAI NO OWARI、Fukaseが手がけるアニメーションプロジェクト”BAD MOOD(バッド ムード)”Amazon Prime Videoにて2020年10月21日より全世界配信スタート

SEKAI NO OWARIのグローバル展開を目的として取り組むプロジェクト・End of the Worldのクリエイティブ・ディレクター和田直希氏と、RANA UNITEDグループに所属し、デジタルブランディングを強みとする株式会社ラナデザインアソシエイツ(本社:東京都港区、代表取締役CEO:⽊下謙⼀)、アートディレクション・デザインを軸に置いた映像制作を行う「RANA DOUBLE-O-SEVEN」は、SEKAI NO OWARI, Fukase氏が手がけるアニメーションプロジェクト”BAD MOOD(バッド ムード)”の制作を行いました。2020年10月21日よりAmazon Prime Videoにて全世界配信がスタートしました。




【BAD MOOD(バッド・ムード)とは】


Fukase氏が原画デザインの元に生まれた5人のキャラクター”The Pink Elephants”が皮肉なメッセージで世の中を風刺的に描くアニメーション「BAD MOOD」を中心に展開するクリエイティブブランド。クリエイティブ・ディレクターを務めるのはSEKAI NO OWARIのグローバル展開を目的として取り組むプロジェクト・End of the Worldのクリエイティブ・ディレクターでもある和田直希氏。

Fukase氏は、BAD MOODの根源について、「BAD MOODとは自分にとってのクリエイティブの源を意味しています。作品が生まれる瞬間はいつも、清々しい青空を見た時ではなく、気持ちの良い朝食をとった時でもありませんでした。自分にとってクリエイティブとはある種の防衛本能的なものであると同時にネガティブな状況から前へ進む為の前向きなものです。」とコメントしています。

過去には東京のスニーカーカルチャーを世界に向けて発信し続けるショップ「atmos」とのコラボレーションなどを展開しており、主軸となるアニメーションが本日Amazon Prime Videoにて配信がスタートしました。
https://badmood.inc/

 



【BAD MOODクリエイティブ・ディレクター / BAD MOODアニメーション総合監督 和田直希氏のコメント】

Fukaseが持つ固有の世界観(観点)をアニメというミディアムを通して表現する事によって、今の社会観をパッケージすることに拘りました。
各エピソードそれぞれがひとつの作品となるよう、コンセプトにあわせ、音楽も統一性をもって制作しています。第一話では破天荒で突き抜けた西海岸のガレージ・パンクFIDLARのフロントマンZACに手がけてもらっています。ストーリー、映像、音楽と全方向からこの作品を楽しんでもらえたら嬉しいです。


【BAD MOOD監督 山口暁亨(RANA DOUBLE-O-SEVEN)のコメント】

Fukaseさんの原案をもらった際、ただの音楽アニメではなく、一石を投じる社会派アニメーションだと感じました。海外アニメ感もあり、キャラクターの魅力を引き出す演出や動きをつけ、キャラクターに負けない背景の作り込みにも力を入れてます。FukaseさんとCreative directorの和田さんが描くBAD MOODの未来と世界観をより魅力的に伝えられるように、制作チームとしてブラッシュアップしていきました。アニメーションと連動したブランドサイトやグッズの制作(一部担当)も、全体の世界観を一貫したブランディングを意識してます。Amazon Prime Videoによる全世界放送を通して、BAD MOODの世界観をより多くの方に体感していただきたいと思っています。



補足資料

◾️ Fukase(フカセ)

BAD MOOD ブランドのデザイナー・クリエイター。また SEKAI NO OWARI・End of the World として音楽活動を行い、多岐にわたってプロジェクトを主宰するアーティスト。

音楽シーンに突如現れ、「セカオワ現象」と呼ばれるほど加速度的なスピード感で認知を拡大し、日本を代表するグループとなった SEKAI NO OWARI は2019年に行われた全国ツアーでは約30万人にもおよぶ動員数を誇る。音楽の分野にとどまらず自らのスタイルとクリエティブを発揮している。

特にファッションにおいては独自のスタイルが評価され、国内外のファッション誌に度々登場。その存在感は新しいトレンドを作っていく存在となっている。
▶Instagram:https://www.instagram.com/fukase



■和田直希

KAMARQを始め、シンガポール・ニューヨーク・ジャカルタ・東京にて様々なサービスを展開する起業家。

幅広いリーチを活かしグローバルスタンダートでアーティスト・プロジェクトをマネジメントをする LAND, Inc. を設立しプロデューサー兼クリエティブディレクターとして End of the World・BAD MOOD プロジェクトを手がける。

▶Instagram:https://www.instagram.com/wadanaokii




■株式会社ラナユナイテッド

 

RANA UNITED(ラナユナイテッド)は、3つのデザインカンパニーと、複数のスペシャリストチーム、その他、実験的なラボやプロジェクトを包括する、デジタル・クリエイティブグループです。多様性にあふれたスペシャリストの力をかけ合わせ、クライアントの課題解決に必要なあらゆるコミュニケーションを設計、実装していきます。

代表者:木下謙一
所在地:東京都港区六本木7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 7F
Webサイト:https://www.ranaunited.com/
お問い合わせ先:https://www.ranaunited.com/contact.html
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. RANA UNITED >
  3. SEKAI NO OWARI、Fukaseが手がけるアニメーションプロジェクト”BAD MOOD(バッド ムード)”Amazon Prime Videoにて2020年10月21日より全世界配信スタート