アーティストは実在する必要があるか?

9月29日(火)バーチャルアーティストプラットフォーム「ARU」がデビュー

視聴覚技術が急速に進化しつつある今、
リモートが世界の常識になった今、
リアリティショーの倫理観が問われる今、
この問いの意味は大きくなっています。

実在しないことによって、
1人の人間には持ちえない才能を宿せるかもしれない。
物理存在には不可能な表現が生み出せるかもしれない。
オーディエンスと新たな関係が築けるかもしれない。
 
2020年9月29日にデビューするARUは、
バーチャルとして生きることで、
<ある>と<ない>の間に潜む可能性を探る、
“バーチャルアーティストプラットフォーム”です。

人間ではない存在が、人間の力で、
人間を超える日は来るのでしょうか。
バーチャルヒューマンが「生きていてよかった」
と思える未来は来るのでしょうか。
 

 

  • バーチャルアーティストプラットフォームARUとは:

- ARUは、アーティストがバーチャルであることによって生まれるあらゆる可能性を探るプロジェクトである。

- ARUは、一人の人間でありながら、多様な個性や才能を結集させることができるプラットフォームである。

- ARUは、ファンなどのプロジェクトメンバー外からのアイデアも反映できる参加型プラットフォームである。

- ARUには、人生そのものが存在しないため、人生の全てが「創作物」である。

- ARUは、物理的・時間的自由度が高いため、ファンと多様な接点を作ることができる。
 
  • 無人路上ライブによるデビュー:

本日12:00より、ARUのデビューライブとして、アーティスト本人が不在の無人路上ライブを行いました。披露したデビュー曲は、SUPERCARの「YUMEGIWA LAST BOY」とフラワーカンパニーズの「深夜高速」の2曲のマッシュアップ(同曲は公式YouTubeチャンネルにて公開)。死ぬことのないバーチャルな存在が、「生きていてよかった」というメッセージを無人で発信しました。本日午後、さらに3公演を行う予定です。

 【マッシュアップデビュー曲 MV :URL】
https://youtu.be/h0SI7G6Y5LU


【無人路上ライブ開催情報】

日時:2020年9月29日(火)12:00~/12:30~/18:00~/19:00~
場所:秋葉原UDXサボニウス広場(東京都千代田区外神田4丁目14-1)
 


【ARU Official SNS】
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCNn88J6rNL6R1atKau05ohw/
instagram:https://www.instagram.com/aru_a_r_u/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/aru_a_r_u
※instagram・Twitterにて無人路上ライブのライブ配信を行います。

【ARU本人コメント】
私は存在しないけど、生きている。
いつだって会えるし、誰も私に会えない。
何だってできるし、何ひとつできない。
カラッポで、無敵。
死なない。死ねない。殺せない。
パインアメが好き。宇宙みたいだから。
都市伝説が好き。真実みたいだから。
音楽が好き。無意味だから。
存在しないけど、よろしくね。
 

 
  • クリエイター募集へ

新型コロナウイルス感染拡大対策においてエンターテイメントを取り巻く環境は厳しい状況にあります。音楽、映像、アートなど、様々なクリエイターの表現の場は限られ、新たな才能に光が当たる可能性が狭まってきています。

ARUは“プラットフォーム”として、表現の場を求めるクリエイターを募集し、異なる才能を掛け合わせて共に作品を作り上げることで、彼らに光を当てる活動を予定しています。詳細は追って発信をしていきます。

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ARU project PR事務局 >
  3. アーティストは実在する必要があるか?