サステナビリティの連鎖を考えた、間伐材の再利用から生まれた木糸で織られた布マスク「山來・SANLAI(サンライ)立体型マスク」

森林保全を目的に、間伐材の再利用から生まれた木糸で原料から織り、縫製まで国内で生産を完結した『木糸の布を使った立体型マスク』がMakuakeに登場!

株式会社 リトゥリバース(本社:〒603-8054 京都市北区上賀茂桜井町103-3 6F 代表取締役:奥田英二)は2020年10⽉2⽇より「木糸で織られた布マスク山來・SANLAI(サンライ)立体型マスク」を多くの⽅に知って頂くためにクラウドファンディングを実施し、このマスクを⽀援者にお送りいたします。Makuakeにて10⽉30⽇まで募集中 https://www.makuake.com/project/sanlai/

木糸ってご存知ですか?森林保全を目的に、間伐材の再利用から生まれた木糸で織られた『木糸の布』。木糸が使われる事で森が健康になります。国民1人に1枚この布マスクを使用しもらうることで 植える➡育てる➡伐る➡使う サステナビリティの連鎖が始まり災害が少なくなる健康な森、山を育みます。リトゥリバースのものづくりは都会でも田舎でも 人と木が共に生きる意味を発信する企業でありたいです。使い捨てマスクが環境問題となる前に、土に還る、地球に優しい、人間思いのマスクをみなさまにお届けしたいです。


天然素材なので、使い終われば土に埋めたら土に還ります。とってもエコな素材です。
最近、日本の各地を襲う台風や豪雨による水害。それらの災害に大変心をいためています。
被害が拡大する一因として森林がちゃんと適切に管理されず森林で伐採された後、放置された木が流木となって川をせき止め、川の氾濫を招いていたり、山林の水の保水力が落ち、土砂災害を招いていることなどがいわれています。それらの問題を解決する一つの取り組みとして木糸に出会いました。木糸から環境へのイノベーションを目指し、林業と繊維業の融合から新しいカルチャーを生み出そうと活動しています。

 

 

 

  • 特徴(1)原材料からのMade in Japan

実は日本はアパレルの天然繊維の原料98%以上輸入に頼っていることをご存じですか?
「木糸」は国土の2/3を占めている森林の有効活用から産まれた素材です。
原料から織り、縫製まで国内で生産を完結しています。これはSDGsの考えに沿った活動です。

同じ産地から同じ比率(杉とヒノキの割合)でもロット毎で違います。また 比率の違いでの色の違いを楽しめます。まさに木糸は自然の生き物です。

  • 特徴(2)木がもつ温かみと爽やかな香り

「臭いが気にならない」「呼吸が楽」と愛用者様から感想をいただいています。
木、本来が持つ効果がそのまま布となりマスクに活かされています。

木糸製造工程アウトライン

  • 特徴(3)天然の乾きの速さ

木糸の特徴である軽さもあり、乾きも早い。汗を吸っても少し経てば発散してべとつき和らぎます。洗濯後 干してからも嬉しい早さ。

 

  • 商品について

  • 山來・SANLAI(サンライ)立体型マスク2枚(水玉柄マスクケース1枚付)一般販売価格¥3,300円
    早割【先着150名様限定】¥3,000円
    Makuake限定価格¥3,200円
  • 山來・SANLAI(サンライ)立体型マスクケースセット(マスク1枚とマスクケース1枚がセット)+アロマ1本付 一般販売価格¥4,730円
    早割【先着15名様限定】¥4,500円
    Makuake限定価格¥4,600円
    Makuakeにて早割価格でご購入いただけます。
    https://www.makuake.com/project/sanlai/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リトゥリバース >
  3. サステナビリティの連鎖を考えた、間伐材の再利用から生まれた木糸で織られた布マスク「山來・SANLAI(サンライ)立体型マスク」