「鮮明化」「復元化」の技術を、低コストかつ限定的な通信環境化でも実現する「ロジック・アンド・デザイン」株式投資型クラウドファンディングを開始

~「画像鮮明化および復元化」による「より見える化」の役割と社会的意義を確立する~

画像・映像の鮮明化を可能とする技術「LISr(リサ)」および劣化した画像・映像の復元化を可能とする「AI復元超解像度化技術」を開発・提供している株式会社ロジック・アンド・デザイン(東京都 代表取締役:佐藤 公明)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2020年10月5日(月)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。

報道関係各位
                                                                                                      株式会社ロジック・アンド・デザイン

 



【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/167

当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について
より高精度に「復元」を実現する第二世代のAI復元化アルゴリズムの構築を目指す

株式会社ロジック・アンド・デザインの提供する「LISr」および「AI復元超解像度化技術」は、画像・映像の再現できていない部分の「加工補正」を行うものではなく、「あるべき姿に戻す」といった部分に特徴を持っています。また、これまでに最上位機種である4K対応の第四世代アルゴリズム搭載の鮮明化装置「LISr-400」の開発を完了しております。さらに、弊社の鮮明化技術を手軽に体感できるクラウドイメージングサービス(CIS)も完成し、BtoC向けに展開準備中です。この度、AIによる機械学習を行うことによる「医療機器分野」への本格参入、「内視鏡・手術用顕微鏡対応Ai復元鮮明化装置」及び「オンライン診療画像鮮明化アプリ」の開発の促進を目指し、2020年9月25日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたします。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2020年10月5日~2020年10月7日、上限とする募集額は 56,000,000円(1口 10万、1人 5口まで)です。
 



ロジック・アンド・デザインの強みは、多彩な画像鮮明化及び復元化技術を搭載した商品ラインナップ、ユーザーや対象市場に合わせての応用・活用展開が可能な点です。また、幅広いマネタイズ方法と事業のリスクマネジメント(「防災/防犯・セキュリティ/検査その他領域」と「医療医領域」のマーケット・ミックス)を実現しています。また、販売に関しては医療機器やセキュリティ等の各分野で大手販売代理店が持つ販売網を活用し、様々な利用現場への導入を図っていくことができます。今後は弊社とともに製品開発を希望している様々なパートナー企業とともに、オンライン診療をはじめ、様々な分野での課題解決に向け大きく貢献し、企業の成長を目指します。
 

 




■会社概要
・会社名:株式会社ロジック・アンド・デザイン
・所在地:東京都新宿区四谷1-15 アーバンビルサカス8 B棟1階1号
・代 表:佐藤 公明
・設 立:平成30年3月
・事業内容:画像鮮明化アルゴリズム開発/関連機器&ソフト・システム開発・販売
・URL : https://www.lad.co.jp


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ロジック・アンド・デザイン >
  3. 「鮮明化」「復元化」の技術を、低コストかつ限定的な通信環境化でも実現する「ロジック・アンド・デザイン」株式投資型クラウドファンディングを開始