“20年後の延岡をつくる人づくり”を目指し、「U35 nobeoka 未来会議」が宮崎県延岡市でスタート!

“何かしたい”にむけてアクションする「人づくり」を行うことで、「面白いことがしたい!」人が集まる、未来の延岡を目指します

まちづくりを行う「moya moya innovation lab」*1 は旭化成(株)延岡支社延岡総務部地域活性化推進グループとの共催事業として、「U35 nobeoka未来会議」を、2020年11月1日(日)よりスタートします。
近年は地方創生の流れもあり、日本各地でのまちづくり団体や地方で活躍する人が主体となって取り組まれた地域活性化事例が増えています。


私たちのまちづくりの第一歩は「人づくり」です。具体的には「自分のアイデアを実行に移す人」を育成します。自分の好き・興味がある・やりたいを軸に、実際に街で行動していく。「ジブンゴトから始まるまちづくり」を生み出す場が大事だと考えています。
「ジブンゴトから始まるまちづくり」では、ひとりひとりの「好き」が街に溢れます。「好き」が街に溢れると、人が住まなくなった空き家がリノベーションにより素敵なカフェになったり、祖父母と共に世代を超えて営業される本屋ができたり、自分のまちを紹介したYouTube動画が配信されたりと、いままでになかった光景が見られます。私たちは、ここ延岡においても、まちづくり活動で横のつながりをもちながら、多様な若手リーダーを育てていきたいと考えています。
大事なものは「何かしたい」というモヤモヤした気持ちです。

「なにか街のためにしたい」「なにか自分を変えたい」「こういうことをやりたい」「でもどうやって行動すればよいのか分からない」そんな多種多様のモヤモヤが街にあふれています。
このモヤモヤを様々な人・企業が連携して実現することで、「自分の好きを実現していける街nobeoka」をつくっていきます。プロジェクト第一弾として「20年後の延岡をつくる人づくり」を指針に、宮崎県延岡市で「U35nobeoka未来会議」を開催します。20年後の延岡を共に創っていく35歳以下が集まり、その一歩目を踏み出す、きっかけづくりのためのイベントです。 仲間づくりや、自分のモヤモヤからスタートする「あれがしたい、こうなったらいいのにな」の実現に向けて話し合います。

▼「U35nobeoka未来会議」イベント概要
●コンセプト「何かしたい」が実現できるまち
●目的
・対話やワークショップにより、参加者が自分の「好き」を発見し、実現までのサポートを行う
・まちづくり人材の育成
・好きが実現できるまちづくり
●期待すること
・場への参加をきっかけに、若者同士が刺激しあう
・話し合いを重ね、やりたいことが具現化していく
・一緒にやる仲間をみつけることで、「何かしたい」から行動に移すきっかけができる。
・自分の「すきなこと」を実現できる若者が増え、街が活性化し、市街県外からも若者がやってくる

▼今後の実施内容

「U35nobeoka未来会議」の開催(全3回予定)

第一回 2020年11月  1日(日)14~16時「何かしたい」が 見つかる会議
第二回 2020年11月28日(土)14~16時「何かしたい」を カタチにする会議
第三回 2021年  1月16日(土)14~16時「何かしたい」が 動き出す会議
会場:延岡市駅前複合施設エンクロス
定員:各回40名

補足
「moya moya innovation lab」*1 
<vision>延岡を九州で一番面白い街にする
<mission>延岡の未来のタネをみつける
下記の3名で立ち上げた任意団体です。
erinoa design lab(宮崎県延岡市幸町、代表:甲斐慶太朗)
エンコミュニティラボ(宮崎県延岡市幸町、代表:山中はるな)
一般社団法人こゆ地域教育研究所(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:稲田佑太朗)
協力:オノコボデザイン
  1. プレスリリース >
  2. moya moya inovation lab >
  3. “20年後の延岡をつくる人づくり”を目指し、「U35 nobeoka 未来会議」が宮崎県延岡市でスタート!