トレードシフト、NTTコミュニケーションズの「BConnectionデジタルトレード」に基盤を提供

~業務プロセスのデジタル化により、企業の競争力強化を支援~

トレードシフト、NTTコミュニケーションズの「BConnectionデジタルトレード」のプラットフォームに採用されました。また、NTT Comと企業間取引のデジタル化を推進するサービスを提供していくことに合意いたしましたのでお知らせいたします。
グローバルな電子取引プラットフォーム「Tradeshift」を提供するトレードシフトジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:菊池 孝明、以下、トレードシフト)はNTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸岡 亨、以下 NTT Com)の「BConnectionデジタルトレード*1 」のプラットフォームに採用されました。また、NTT Comと企業間取引のデジタル化を推進するサービスを提供していくことに合意いたしましたのでお知らせいたします。

昨今、多くの企業がテレワークを推進し、ハンコやFAX、紙を用いた取引形態から電子文書を用いた契約や発注、請求業務に移行する企業が増えています。しかしながら企業間取引における国内の電子化率は約3割 *2 となっており、未電子化(紙取引)による業務遅延、間接コストの増加等が課題となっています。

トレードシフトが提供する汎用的で機能を柔軟に拡張できる企業間取引プラットフォームと、NTT Comが持つ顧客基盤と幅広い業界にサービスを提供したノウハウを組み合わせ、「BConnection」ブランドの下、様々なサービスを共創・提供していきます。NTT Comは「BConnection」ブランドにおける第一弾として企業間の請求書のやりとりを電子化する「BConnectionデジタルトレード」を提供し、国内企業の請求・支払業務における効率化をスムーズに実現するサービスを提供していきます。
トレードシフトは今後も、バイヤー・サプライヤー間における見積から注文、請求、支払業務にまたがる取引プロセスのデジタル化を一気通貫でサポートしていきます。

*1[BConnection]、[BConnectionデジタルトレード] はNTTコミュニケーションズの登録商標です。
*2経済産業省発表 「電子商取引に関する市場調査」より引用

●トレードシフトジャパン株式会社について
トレードシフトジャパンは、米国サンフランシスコに本社を持つTradeshift Holdings Inc.の子会社で「Tradeshift」の日本国内におけるサービス提供と導入支援サービスを行っています。グローバルな電子取引プラットフォーム上で動作する世界共通のアプリを提供するとともに、日本国内の商習慣や取引プロセスに対応したアプリをリリースしているほか、金融サービスやBPO企業と連携したサービスを日本国内市場に対し提供しています。「Tradeshift」はそのユニークなビジネスモデルが評価され、2015年に世界経済フォーラムにてデジタル・ディスラプター賞を受賞したほか、世界で数々の賞を受賞。2018年には創業8年で時価総額10億ドルを突破しユニコーン企業の仲間入りを果たしました。
公式サイト:https://tradeshift.com/ja/

【報道関係者お問い合わせ先】
トレードシフトジャパン株式会社
マーケティング担当 平島
TEL:050-1743-1970
Mail:jpninfo@tradeshift.com
  1. プレスリリース >
  2. トレードシフトジャパン株式会社 >
  3. トレードシフト、NTTコミュニケーションズの「BConnectionデジタルトレード」に基盤を提供