アラフォー・ビジネスパーソンの相談役となるオンライン対話サポート「Biz Mentor」がスタート

〜経営者などのメンターが、人生設計・目標達成・問題解決などを支援〜

「一緒に働きたい」と言われる管理職・リーダーづくりを推進する、一般社団法人 日本リレーショナルリーダーシップ協会(略称:JRLA、事務局:東京都千代田区、代表理事:林 英利)は、企業経営者や弁護士などが相談相手となり、40歳前後のビジネスパーソンの目標達成や問題解決をサポートする、対話型オンライン・メンタリングサービス「Biz Mentor」を、2020年11月1日よりスタートします。

Biz Mentor WEBサイトBiz Mentor WEBサイト

▼「Biz Mentor」の詳細はこちら
https://www.bizmentor.jp

《メンタリングとは》
1980年代にアメリカで制度化された人材育成の手法で、メンター(mentor)と呼ばれる経験豊富な年長者が、定期的・継続的に関わり、対話や助言によって対象者の自発的な成長をサポートすることを言います。仕事上の相談にとどまらず、人間関係、身の処し方など、プライベートな問題まで広く相談にのり助言を与えます。メンターには「助言者」「相談相手」「師匠」などの意味があり、古代ギリシャの叙事詩「オデュセイア」に登場する老賢者「メントール」の名前が語源と言われています。

《Biz Mentorの4つの特徴》

  1. 仕事やプライベートにおける、目標達成や問題解決に向けて取り組む、40歳前後のビジネスパーソンを対象としたサポートサービス
  2. 個別に行われるメンターとの定期的な対話(継続サポートセッション)のほか、利用者の関心の高いテーマに関するメンターの経験や教訓を聞き、ディスカッションも行われるオンライン勉強会が毎月開催される
  3. メンターは、大手企業の役員経験者のほか、弁護士や経営コンサルタント、コーチングのプロフェッショナルなどが所属(スタート時は13名が所属)
  4. サービスは全てオンラインで提供されるため、国内外のどこからでもサービスを受けることが可能


《Biz Mentorの誕生の背景》
厚生労働省の調査によると、年齢別の「悩みやストレスがある人」の割合は40歳代が最も高く、内閣府の調査では、「職場に気軽に話せる人がいない」と答えた人は、男性においては40歳代が最も高いという結果が出ています。つまり、40歳代の人々は他の世代に比べ、多くの悩みを抱えているが、職場に気軽に相談できる人がいないと捉えることができます。

40歳代は悩みが多く、職場に相談できる人が少ない40歳代は悩みが多く、職場に相談できる人が少ない

また、昨今のコロナ禍において、働き方や家族との生活スタイルなどが大きく変化しています。そのような変化が今後の人生を再考するきっかけとなり、プロフェッショナルのコーチにサポートを依頼して、上司・部下との関係や、起業や転職、家族関係のあり方などについて、計画を立てたり行動の後押しを受ける40歳代のビジネスパーソンが増えています。

こうした背景を受け、働き盛りの40歳前後のビジネスパーソンが、仕事もプライベートも充実させ、ウィズ・コロナ、アフター・コロナ時代に、自分らしくイキイキと過ごしていくことをサポートするサービス「Biz Mentor」を開始することとなりました。

《オープニングキャンペーン》
「Biz Mentor」では、11月1日のサービス開始を記念し、特別価格でサービスをご利用いただける「Biz Mentor オープニングキャンペーン」を実施します。(詳細は「Biz Mentor」のWEBサイトをご覧ください)

  • 対象者:仕事またはプライベートにおいて、3ヶ月〜1年以内に達成したい目標、解決したい課題や悩みなどがある方(60名様)
  • 特典1:体験セッション料金 50%割引(60分間オンライン 通常料金 3,000円 → 1,500円)
  • 特典2:継続サポート料金 50%割引


《オンライン無料説明会》
「Biz Mentor」のサービス内容を説明する無料のオンライン説明会を以下の日程で開催します。

  • 2020年11月13日(金)19:00 - 20:30
  • 2020年11月17日(火)14:00 - 15:30
  • 2020年11月25日(水)10:00 - 11:30


《Biz Mentorの概要》

  • 名 称:Biz Mentor(ビズ・メンター)
  • 対象者:40歳前後を中心としたビジネスパーソン
  • サービス内容:メンタリングセッション・オンライン勉強会など
  • 料 金:体験セッション 3,000円/回・60分間、継続サポートセッション 15,000円/月〜
  • サービス提供方法:オンライン会議システム「Zoom」などを使用


▼「Biz Mentor」の詳細はこちら
https://www.bizmentor.jp

《Biz Mentor 登録メンター》

  • 林 英利:(一社) 日本リレーショナルリーダーシップ協会 代表理事、前 銀座コーチングスクール 代表
  • 古舘 正清:マイクロソフト (現:日本マイクロソフト) 業務執行役員などを経て、ヴィーム・ソフトウェア 執行役員社長
  • 森谷 均:元 米国ノエビア社長、元 台湾ノエビア社長
  • 山田 武彦:元 日立製作所グループ企業 取締役副社長
  • 飯塚 予始子:弁護士

ほか、全13名(2020年11月1日時点)

《一般社団法人 日本リレーショナルリーダーシップ協会(JRLA)の概要》
全てのステークホルダーとの間に “Win-Winの関係” を構築するリーダーの育成を理念に掲げ、トヨタ自動車株式会社や松下電器産業(現・パナソニック株式会社)グループなどでのリーダー経験を持ち、プロフェッショナル・ビジネスコーチや組織改革などを得意とする経営コンサルタント等が中心メンバーとなって設立。リーダーシップ研修や管理職向けコーチング研修などの企業研修のほか、外部メンターとして、個人への1on1ミーティングやコーチングサポートを提供しています。  

  • 法人名:一般社団法人 日本リレーショナルリーダーシップ協会
  • 所在地:東京都千代田区岩本町2-18-17-702
  • 理 事:林 英利(代表理事)、大石 典史(理事)
  • 設立日:2019年4月11日
  • URL:https://www.jrla.jp
  • 事業内容:企業研修事業、個別メンタリング・コーチング事業

■代表者プロフィール
林 英利(はやし・ひでとし)

東海大学工学部建築学科を卒業後、大和ハウス工業(株)に就職し施工管理者として従事。その後、トヨタ自動車(株)住宅事業本部で、新規事業(中高級賃貸住宅事業)の立ち上げに加わり、事業計画策定の推進リーダーや商品企画などを担当。事業化後に独立し、企業研修講師や経営者などを対象としたプロフェッショナルコーチとしての活動を開始。2013年より、(株)アンテレクト事業推進部長、取締役副社長を歴任し、銀座コーチングスクール代表に就任。2019年に「一緒に働きたい」と言われるリーダーづくりを目的とした、(一社) 日本リレーショナルリーダーシップ協会(JRLA)を設立し代表理事に就任。2020年より「Biz Mentor」事業を開始する。銀座コーチングスクール 顧問 / 国際コーチング連盟(ICF) 日本支部 元顧問

【本リリースに関するお問い合わせ先】 
一般社団法人 日本リレーショナルリーダーシップ協会 Biz Mentor事務局 担当:御守(みもり)
TEL:03-6884-7730(平日9:00-17:00)
お問合せフォーム:https://www.bizmentor.jp/contact

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本リレーショナルリーダーシップ協会 >
  3. アラフォー・ビジネスパーソンの相談役となるオンライン対話サポート「Biz Mentor」がスタート