【コロナを機に米国市場への挑戦を決断】インテグラル・テクノロジー社(大阪市)がアメリカ市場参入へ代理店契約締結

このたびインテグラル・テクノロジー株式会社(北区・西浦光一社長)では、米国大手自動車・電装品メーカー等との取引拡大を目指し、米国イリノイ州にあるI.T.A., Inc(アイティーエー)社と販路拡大に向けた代理店契約を締結いたしました。


当社では、今回のコロナウィルスを機に、シミュレーション作業が在宅でも作業が可能になるように、設計用ソフトウェアの利用ライセンスを会社内での利用に限定していたものを在宅ワークでの使用が可能となるSAAS(Software as a Service)形態の販売ツールをメニューに加えて提供を開始。国内需要はネット上での取り込みを進め、大手自動車メーカーや電装品メーカーなどの開発スピードアップに貢献しています。

一方、これまで営業事務で利用してきた東京・品川のオフィスが不要となることから、9月にクローズすることを決断し、その原資を米国市場開拓に必要な費用として米国での代理店開拓に充当し、本格的にアメリカ市場参入を展開することに致しました。

今般提携した米国のI.T.A., Inc.社は、日系企業の米国市場進出に精通、在米自動車サプライヤーとも取引をしている岸岡慎一郎社長に加えて、米自動車大手のフォード社にCADを利用した金型コスト予測システムの納入実績があるENSPIREA社の平章人社長がI.T.A.社のパートナーであることから、これらのネットワークを活用してアメリカ市場への販路拡大を進めることで合意したものです。

当社では、米国市場の参入などを機に、年内にシリーズAの資金調達を幅広く募るべく準備を進めているほか、5年後のIPOを目指し、活動の裾野を海外市場に広げて年商10億円を目指して参ります。なお今回の代理店契約にあたっては、 締結先を公益財団法人大阪産業局のスタートアップエコシステムの皆様にご紹介いただき実現したものです。これを機に米国販売代理店のネットワークにより、さらなる成長を見込んでおります。

当社では米国市場でのプロモーション活動の第1弾として11月30日から12月4日まで開催されるVirtual Engineering Week 「バーチャル・エンジニアリング・ウィーク」にオンライン出展し、自社製品のPRを行う予定です。(主催者:Informa Markets、申込先:ジェトロ、イベント HP :https://www.engineeringwk.com/en/home.html) 

なお、同展示会の出展対象業種は、医療機器、先端製造技術、自動化等の分野で米国市場での販路開拓や企業提携を目指す企業となっています。

 リリースの問合せ先などの情報は以下の通りとなります。

インテグラル・テクノロジー株式会社(本社:大阪市北区 2007年4月創業)
大手製造業・メーカー向けにコンピューター実験用データ作成処理技術(形状認識)ソフトの提供と、顧客のニーズに合わせたカスタマイズ化により開発時間の大幅削減を実現。航空機会社や鉄道会社からの引き合いもある。海外進出では既に韓国に代理店を設置し、同様のビジネス展開を行っている。資本金1,657万、現在の年商は2億円。従業員数15名

代表取締役社長 西浦 光一
〒530-0033
大阪市北区堂島2丁目2番2号 近鉄堂島ビル19階
TEL 06-6131-5881
E-Mail hirokazu_nishiura@integral-technology.co.jp
WEBサイト:

 



I.T.A., Inc.社(本社:米国イリノイ州 1980年12月創業)
日本のアメリカ事業部を合言葉に、日系企業のアメリカ進出・立ち上げから、オペレーション支援、経理支援、IT化支援、営業マーケティング、現地サプライヤー、JVパートナーリサーチなどを手掛ける。パートナー企業は40社以上。米国政府からマイノリティ調達の認定資格を取得している。

代表取締役 岸岡慎一郎
150 Pierce Road, Suite 550, 
Itasca, IL 60143, USA
1-847-502-8115
E-Mail shink@itaoffice.com
WEBサイト:https://www.itaoffice.com/

(提携先仲介)
公益財団法人 大阪産業局 国際事業部 齋藤、南野
大阪市中央区本町橋2-5 マイドーム大阪7階
TEL 06-7657-4320
  1. プレスリリース >
  2. インテグラル・テクノロジー株式会社 >
  3. 【コロナを機に米国市場への挑戦を決断】インテグラル・テクノロジー社(大阪市)がアメリカ市場参入へ代理店契約締結