コロナ禍に生まれた自動車販売の新しいカタチ NEW LEVORG 先行展示イベントで、VR試乗体験始まる

運転支援システム「アイサイト」を先進体感

株式会社ABAL(本社;東京都港区南麻布2-13-2-5F 代表;尾小山 良哉)は、全国のSUBARU販売店および、株式会社SUBARUが運営するNEW LEVORG 先行展示イベントに、VR試乗体験システムを導入しました。

 従来、SUBARU社は販売店で試乗体験を行い、独自運転支援システム「アイサイト」の「安全機能」や「高度運転支援機能」を体感いただき、その高機能に多くの支持を集めてきました。

 

 この度、当社の空間移動型ヴァーチャルリアリティ・システムは、この試乗をバーチャル化することで、発売に先駆けて「新世代アイサイト」の機能を、手軽に、安心して体感いただけるように致しました。

 

コロナ禍において課題となる、ディスタンスを保った接客にも対応し、8月20日から全国のSUBARU販売店および、NEW LEVORG 先行展示イベントにて体験可能です。

 


<本リリースのポイント>
○コロナ禍における新しい試乗体験がV Rシステムで実現
○発売前の時期に運転支援システム「次世代アイサイト」がSUBARU販売店で体感可能
○試乗体験の所要時間1時間が、たった15分での体験を実現


 <VR試乗体験概要>
期間;2020月8月20日〜
詳細情報;webサイトhttps://www.subaru.jp/campaign/shijo/senshin/levorg/
 

 

 
  • 株式会社ABALについて
商号   :株式会社ABAL
所在地  :東京都港区南麻布2-13-2-5F
代表者  :尾小山 良哉
設立   :2016年1月
公式サイト:https://www.abal.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 ABAL >
  3. コロナ禍に生まれた自動車販売の新しいカタチ NEW LEVORG 先行展示イベントで、VR試乗体験始まる