未来の銀行を明示する新しい展示会 地域金融機関に‟真のデジタル化”を提案する「デジタルバンキング展」 金融庁、デジタルバンキング戦略で先行する地銀、BaaS事業を進めるデジタルバンクの基調講演

期間:2020年12月17日(木)・18日(金)会場:ステーションコンファレンス東京(JR東京駅日本橋口直結)オンライン開催も

DBX主催事務局では、金融機関のデジタル化をテーマとした展示会「デジタルバンキング展」(DBX2020)を、2020年12月17日(木)・18日(金)の2日間、ステーションコンファレンス東京(JR東京駅日本橋口直結)で初めて開催します。本展示会は、リアルの会場イベントとオンラインの両方を同時に行うハイブリッド方式で開催します。
「デジタルバンキング展」は、金融庁、有力行トップや国内外の有識者が登壇する基調講演、デジタルバンキングを支える有力企業が最先端のソリューションを金融界に提案するイベントです。

5Gやコロナ禍でネット経済にシフトし、加速するデジタルバンキング

今や、経済は「実物経済」から「ネット経済」へ軸足を移しつつあります。それは5Gのインフラ普及によってさらに加速されていくことでしょう。本格的なIoTの時代を迎えるにあたり、デジタルプラットフォームに基づく、世界と同水準のデジタルバンキングの構築が急務となっています。顧客接点では電話・メール・チャット・店頭などがデジタルに統合化されていて、24時間365日ほとんど無料の支払・送金サービスやデジタルな金融サービスが提供され、さらには新たな役務収益となるBaaS(Banking as a Service)によるホワイトラベル・バンキングなど、幅広い高度な金融サービスが地域を超えて提供されるようになるのです。

こうした経済のパラダイムシフトに適合するためのデジタルバンキングを創出する場として、日本金融通信社(ニッキン)では今回DBX主催事務局として「デジタルバンキング展」を初開催します。また、ニッキンの総力を挙げた紙面作りや研修により、日本の地域金融機関のデジタル変革を支援していきます。

デジタルバンキング戦略で先行する地方銀行

日本の地域金融機関のデジタル化は、欧米や中国などと比較すると、3~5年遅れていると言われています。また、コロナ禍でさらに進化するネット経済にも対応し始めた顧客の利便性を高めるためにも、デジタル基盤を持つデジタルバンク化が喫緊の課題となっております。日本の地域金融機関は、従来型の古い構造や技術でのコアバンキングシステムに頼ったデジタル化から脱却し、クラウド・ネイティブなデジタルプラットフォームの構築を目指す必要に迫られています。

基調講演では、デジタルバンキング戦略で先行する地方銀行やインターネットバンキングを代表する銀行、また、コアバンキングシステムのデジタル基盤プロバイダーとして世界的に有名な企業からのグローバル戦略などを具体的に学ぶことができます。未来の銀行の姿を明示する新しい展示会では、約30の企業がセミナー・出展をしており、クラウド・ネイティブなデジタルプラットフォーム構築に向かうための段階的で具体的なソリューションに触れることが出来ます。

“フィンテック企業目線”ではなく、“バンカー目線”の展示会

本展示会は、“フィンテック企業目線”ではなく、“バンカー目線”で構成されています。それが前述した基調講演の講師陣となっています。

コロナ禍で日本経済の仕組みが大きく変わろうとしている今、日本の地域金融機関には、クラウド・ネイティブなデジタルプラットフォーム上に、戦略的なエコシステムやどこでも金融取引が行える環境を構築する役割を果たすことが求められています。新しい金融サービスを展開していくために、“バンカー目線”によるケーススタディやソリューションの展示から今すぐに学び取る必要があります。そのために、日本の地域金融機関がパラダイムシフトに対応していくための情報交換やビジネスアライアンスパートナーとの出会いの場が、当展示会には用意されています。

【各社・協会様からの賛同文】

ふくおかフィナンシャルグループ様
デジタル革命がもたらすパラダイムシフトを背景に、あらゆる産業界でサプライチェーンやエコシステムの変革が始まっている今、我々金融機関もまた、真に”顧客起点”で「金融」のあるべき姿を再定義し、デジタルによる繋がり(connectivity)が生み出す新たな価値共創としての『金融のDX』(DBX)を実現していかねばなりません。日本金融通信社の「デジタルバンキング展」(DBX2020)は、国内初のデジタルバンキングに特化したイベントとして、バンカー目線で多くの示唆に富んだコンテンツを揃え、『金融のDX』の加速・実現を後押しする素晴らしい取組みであり、ふくおかフィナンシャルグループは本イベントの開催を心より歓迎致します。

一般社団法人Fintech協会様
一般社団法人Fintech協会は、この度日本金融通信社様が「デジタルバンキング展」(DBX2020)を、地域金融機関のデジタライゼーションに特化したイベントとして初めて開催されることを大変嬉しく思います。日本の金融業界では、ある程度オープン・イノベーション環境も整備されてきております。しかしながら、ユーザー観点での浸透はまだまだ進んでいないというのが実態かと思います。Fintech協会は、関連諸団体との連携をはかり、情報交換や連携を通じて、オープン・イノベーションを促進させることを目的の一つにしています。「デジタルバンキング展」での地域金融機関の皆様との交流を通じて、エコシステムの健全な発展に向けて、より注力してまいります。

「デジタルバンキング展」開催概要

イベント名:「デジタルバンキング展」(DBX2020)

期間 :2020年12月17日(木)、18日(金)両日とも9時30分~18時(受付開始9時)
会場 :
ステーションコンファレンス東京(JR東京駅日本橋口直結)   
東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー5F

主催 :DBX主催事務局
共催 :金融ジャーナル社

後援 :
金融庁
一般社団法人 全国銀行協会、一般社団法人 信託協会、
一般社団法人 全国地方銀行協会、一般社団法人 第二地方銀行協会
一般社団法人 全国信用金庫協会、 一般社団法人 全国信用組合中央協会
一般社団法人 全国労働金庫協会、農林中央金庫
公益財団法人 金融情報システムセンター(FISC)
一般社団法人 Fintech協会

セミナー申込方法:
お申し込みは下記公式URLよりお願いいたします。
オンライン視聴希望の方は、お申し込み後URLを送付します。

公式URL:https://dbx.nikkin.co.jp/

基調講演:
金融庁  政策立案総括審議官 井藤 英樹氏
北國銀行  頭取 杖村 修司氏
みんなの銀行設立準備株式会社  社長 横田 浩二氏
ソニー銀行  執行役員 福嶋 達也氏
GMOあおぞらネット銀行  執行役員 小野沢 宏晋氏
りそなホールディングス  オムニチャネル戦略部 部長 伊佐 真一郎氏
Mambu  アジア太平洋地域代表取締役 マイルズ・バートランド氏

出展企業:
ACSiON /Authlete /Backbase /BlackBerry Japan/DataRobot Japan /Fintech協会/iBankマーケティング /iYell /Liquid /nCino /Sansan /TIS /Twilio /インフキュリオン/ウエスタンユニオン・ビジネスソリューションズ・ジャパン /エヌ・ティ・ティ・データ /カウリス /クレジットエンジン/クローバー・ネットワーク・コム/シナジーマーケティング/セールスフォース・ドットコム/ゼロバンク・デザインファクトリー /日本ユニシス/日本アイ・ビー・エム/ネットムーブ/ネットワールド/日立製作所/ふくおかフィナンシャルグループ/富士通/マネーツリー/三井情報/みんなの銀行設立準備株式会社 /ワコムなど約30社

お問い合せ先:DBX事務局(ニッキン)メール:dbx@nikkin.co.jp
TEL:03-5860-7130(対応時間:10時~17時)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本金融通信社 >
  3. 未来の銀行を明示する新しい展示会 地域金融機関に‟真のデジタル化”を提案する「デジタルバンキング展」 金融庁、デジタルバンキング戦略で先行する地銀、BaaS事業を進めるデジタルバンクの基調講演