\クラウドファンディングで支援者募集/犬を介在したふれあい授業「こども笑顔のラインプロジェクト」

コロナ禍だからこそ求められる、小学校で命の学びの機会を。≪文科省・環境省後援事業≫

子どもたちを取り巻く、いじめや自殺、ストレスなどの諸問題に対する心のケアや学びの場として。そして、動物虐待や飼育放棄などのペットを取り巻く環境改善へ。全国の小学校でコロナ対策を講じた「犬とのふれあい授業」の活動支援プロジェクトがクラウドファンディング「READYFOR」でスタート。

 


文部科学省と環境省の後援名義を受け、小学校で犬を介在した体験授業を実施している一般社団法人マナーニ(本社:東京都港区 代表理事:内田友賀)が、クラウドファンディングで個人・法人の活動サポーターを募集。
 


一般社団法人マナーニは2014年より、全国の小学校で犬を介在した学習プログラムを展開。2017年~2019年には、文部科学省の指定研究として、日本で初となる東京学芸大学による動物介在学習プログラムの開発と調査を共同で実施。

いじめ問題や自殺、孤独やストレスなど子どもをとりまく問題に対し、心のケアや学びの場として取り組む一方、動物虐待や飼育放棄などのペットを取り巻く環境改善にむけて活動。すでに85校、約6000人の児童を対象にした実施実績を持つ。

 

 

 

 

 

現在はコロナ感染予防対策の特別プログラムにて、希望の小学校でふれあい体験授業を実施中。


クラウドファンディングのREADYFORで、2021年1月17日より2021年3月28日まで、個人や法人の活動サポーターの募集している。



■READYFOR 

プロジェクトページ: https://readyfor.jp/projects/manani
プロジェクト名: コロナ禍の子どもに、犬を通じた心のぬくもりを!【小学校訪問】

▶参考資料◀
●団体公式サイト(活動概要)
https://manani.jp/
● Facebookページ(活動報告)
https://www.facebook.com/manani.jp/
●YouTube(こども笑顔のラインプロジェクト活動紹介動画)

 

● YouTube(東京学芸大学との調査研究)

 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人マナーニ >
  3. \クラウドファンディングで支援者募集/犬を介在したふれあい授業「こども笑顔のラインプロジェクト」