元サッカー日本代表・戸田和幸氏がリアルタイムスポーツ実況アプリ「GayaR (ガヤール)」に登場!

第100回天皇杯決勝、川崎F vs G大阪にて実施!2021年1月1日(金・祝)14:20〜配信開始!

「GayaR (ガヤール)」にて戸田和幸氏による「SHIN_KAISETU」が配信されることが決定いたしました。
【試合情報】
2021年1月1日(金・祝)14:40キックオフ(14:20 配信開始予定)
天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会決勝
川崎フロンターレ vs ガンバ大阪

 

リアルタイムスポーツ実況アプリ「GayaR (ガヤール)」を運営する株式会社スピードリンクジャパン(東京都渋谷区、代表取締役社長 西田祥)は、新たな解説者として、元サッカー日本代表・戸田和幸氏を招聘しました。
戸田氏と「GayaR (ガヤール)」の出逢いを記念して、「SHIN_KAISETU」をリアルタイムスポーツ実況アプリ「GayaR (ガヤール)」で配信することが決定。独自の目線と卓越した分析力に定評がある戸田氏が、スポーツ音声プログラムに参画するのは、初めてのこと。
記念すべき初声(はつごえ)が披露されるのは、2021年1月1日(金・祝)14:40〜天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会決勝。(川崎フロンターレ vs ガンバ大阪)

◇「SHIN_KAISETSU」とは?
https://shinkaisetsu.official.ec/


「SHIN_KAISETSU」とは試合映像・現地音声なし、ピッチで行われているサッカーとサッカーそのものについての言語化を図りグループメンバーと一緒にサッカーを楽しみ考えていく事を目的に、戸田和幸氏が立ち上げた解説専門コンテンツ。様々な要素が複雑に絡み合って成立するサッカーというスポーツの本質を理解していく事を目標としているのが「SHIN_KAISETSU」。
戦略・戦術・ゲームプラン・テクニックアクション・メンタル・監督采配といった要素を包括的に扱いながら試合と選手個々のパフォーマンスについて独自の視点を用いて分析し解説を行うコンテンツです。選手・指導者・ファンである皆さんがこれまで慣れ親しんできたサッカー中継と大きく変わる点としては2つ。

1つ目は試合映像・音声なしでの解説のみの配信となるが試合30分前からのプレビュー、ハーフタイムを使っての前半振り返り、そして試合後はグループメンバーからの質問にも答えながらの平均1時間に渡る試合振り返りを行う事。
そして2つ目の実況アナウンサーを置かないという点については、メンバーとのインタラクティブなやり取りを大切にしながら、より専門的な見地からの解説を行う事を行う事が理由になります。

GayaR Family仲間入りした戸田和幸氏によるコメント

 


「この度、西田社長からお声がけいただき「GayaR(ガヤール)」にて試合解説をさせていただく事になりました。タイムラグなしでの実況解説配信アプリの誕生により、これまでとはまた違うスポーツ観戦の新しいスタイルが生まれていく事を楽しみにしています。元日の天皇杯決勝に向けてのテスト配信も既に行いました、沢山のサッカーファンの方達の参戦を楽しみにしています。」

◇戸田和幸 プロフィール
戸田和幸(とだ・かずゆき)1977年、東京都町田市生まれ。その後、相模原市に転居し、市立淵野辺東小3年生の時にサッカーを始め、市立共和中、高校サッカーの名門・桐蔭学園高を経て1996年、清水エスパルスに入団。サッカー日本代表歴は、1989年ジュニアユース、1993年U-17、1999年U-22代表入り。フル代表では、2000年シドニー五輪で最終選考まで残り、多くのベテラン選手とのポジション争いに加わり頭角を表す。2006年、サッカーワールドカップ(W杯)に日本代表として全試合フル出場、決勝トーナメント入りを果たした大きな原動力となる。個性的な髪型(モヒカンカット)でも話題となった、日本が誇るフットボーラー。現役引退後は、サッカー解説者や執筆者として幅広く活動。国内外のサッカーシーンに独自の視点と知識を活かし、卓越したコメントやサッカー愛溢れる真っ直ぐな人間性を賞賛するファンも多い。2021年、満を持してリアルタイムスポーツ実況アプリ「GayaR (ガヤール)」の解説者として、GayaR Familyに仲間入り。

リアルタイムスポーツ実況アプリ「GayaR (ガヤール)の聴きかた
「GayaR (ガヤール)」は、これまで単純に会場や映像でみるだけだったスポーツ観戦に独自の“実況”を取り入れて、より選手や試合内容を理解して楽しむためのアプリです。実際の会場で試合を見ながら実況者と繋がることができる“観戦アプリ”機能、さらにはリアルタイムでスマホ仲間と一緒にスポーツやイベントをわいわいガヤガヤ言いながら楽しめる“繋がるアプリ”機能が特徴。チャット機能から質間や応援メッセージを書き込めば実況者や仲間が反応してくれるかもしれません。使い方は、簡単スリーステップ。

「GayaR(ガヤール)」のアプリを立ち上げ、競技タブを選び、好きな実況者を選択するだけ。アプリの使用料金は、無料で通信量は1時間あたり約25MB 、電池消耗は1時間でわずか15%程度(自社調べ)と音声アプリならではの嬉しいデータ消費量でコンテンツを楽しめます。

GayaR (ガヤール)について
・サービス名:「GayaR (ガヤール)」
・対応:iOSアプリ、Androidアプリ、ブラウザ(PC/スマートフォン)
▼サービスURL
https://www.gayar.net/lp/
▼App Store URL
https://apps.apple.com/jp/app/gayar/id1451584371
▼Google Play URL
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gayar.app
▼WebブラウザURL
https://www.gayar.net/streaming/index.html
※イヤフォンをしてご視聴ください。

株式会社スピードリンクジャパン 会社概要
・社名 :株式会社スピードリンクジャパン
・所在地 :東京都渋谷区道玄坂1-18-5VORT6階
・TEL:03-5459-3388
・代表取締役社長:西田祥
・設立:2004年5月
・URL: https://slj.jp

GayaRが目指す「I T」×「スポーツ」×「音声」領域の高み、とは?


「I T」×「スポーツ」×「音声」でスポーツ観戦の新しいカタチを創出する実況観戦アプリです。会場で見るだけだったスポーツに実況・解説をつける事でよりスポーツを理解でき、チャット機能を使い更に一体感の生まれる観戦体験を提供します。

我々は年々拡大している音声コンテンツ市場、スポーツ特化の実況音声配信アプリで収益を得る仕組みを実現するためにサービスを立ち上げました。近年、AirPodsを始めとするワイヤレスイヤホンや、Amazon Echo・Google Homeなどのスマートスピーカーの普及が進んでいることを背景に、音声コンテンツへの接触時間がますます拡大すると予測されています。アメリカでは、音声コンテンツ(Podcast)を聴いたことがある人が、12歳以上の国民の51%にあたる1.4億人に達するなど、その影響は世界規模で広がっています。

音声配信サービスの利用者増加に伴い、音声広告やライブ配信で配信者側が収益を得られる仕組みも多数登場し、音声配信を中心に活躍するユーザーは年々増加しています。「GayaR」はスマホさえあれば、誰でもどこにいても実況ができるプラットフォームを目指します。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スピードリンクジャパン >
  3. 元サッカー日本代表・戸田和幸氏がリアルタイムスポーツ実況アプリ「GayaR (ガヤール)」に登場!