瀬戸内海の美しい島々の風景を眺めながら船釣りを楽しむ

冬の脂の乗った真鯛が入れ食い

岡山県笠岡市から出航する遊漁船Gransea (グランシー)
最大6名での釣りが可能で少人数でのチャーター(貸切)も可能な釣り船
https://gransea2020.localinfo.jp/
笠岡諸島、下津井沖、しまなみ海道あたりで年中人気のターゲットは釣って楽しい、食べて美味しい真鯛です。
人気の釣法はやはり一つテンヤ、タイラバですが1月から3月にかけて水温が10度前後になるこの時期はサビキ釣りが人気となります。

 


サビキ釣りの醍醐味はなんといっても連掛けです。
真鯛は小さいうちは群れで行動し大きくなるにつれて単独行動をすると言われていて30センチ前後の食べ頃サイズが群れている時期なのです!

サビキ仕掛けは難しいテクニックは必要なく落として巻くだけ!
初心者さんでも簡単に真鯛が2匹、3匹と一気に釣れてしまう事も多々あります!
今シーズンの実績では50センチ、60センチオーバーの真鯛もサビキで釣れていて興奮度はMAXです!!



もちろん自然相手の遊びである以上いつでもというわけにはいきませんがいい群れに当たった時には笑いが止まらないくらい釣れます!

遊漁船Granseaは小型の遊漁船ですが乗り合いはもちろんご家族やご友人同士でのチャーター(貸切)で楽しむ事が出来ます。貸切は4人以上での受付となります。
2月はプレオープン期間としてお一人様5,000円にて受け付けております。https://gransea2020.localinfo.jp/
 
  1. プレスリリース >
  2. Gransea 株式会社 >
  3. 瀬戸内海の美しい島々の風景を眺めながら船釣りを楽しむ