【2021年度人事についてのお知らせ】次世代の経営者候補として「逃げない」人材を育てることを目的に社内公募により現役エンジニアが執行役員就任

コンピュータソフトウェアの開発および関連業務を行い、社員の約半分が中国人をはじめとする外国人という異色のグロ―バル企業、ベース株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 中山克成)は、2016年から行っている執行役員を社内公募で選出する制度「役員立候補チャレンジ」により選出された執行役員2名を含む、2021年度の人事を2021年1月1日付で発表します。
  • 役員を社内公募で選出する「役員立候補チャレンジ」について
執行役員を現場エンジニアから社内公募で選出する人事制度「役員立候補チャレンジ」は、2016年より次世代の経営者候補を育成する目的で代表取締役社長の中山主導で実施してきました。初回の2016年には、17名の候補者の中からプレゼンテーションなどで管理職社員及び取締役による選考の結果、5名が新任執行役員として選出されました。
 
  • 「役員立候補チャレンジ」実施意図
ベース株式会社は、社員の挑戦をよしとし、挑戦する人を応援する社内風土が根強い企業です。次世代の経営者候補の育成にあたり、「逃げない人」であることが重要だと考えていることから、自ら手を挙げ、名乗り出た人物を逃げずにオーナーシップを持ったリーダーとして育てるため、2016年より現場のエンジニアから社内公募による執行役員の選出を行っています。
 
  • 社内公募で選出された新任執行役員2名について

氏名:趙 懿良(ちょう いりょう)
新役職名:ベース株式会社 執行役員
略歴:
2006年新卒でベース株式会社入社。2009年課長(マネージャ)昇格、2015年に部長着任。以降6年間部長として証券領域で活躍。2019年・2020年にBASE ALL STAR※を2年連続受賞。
※BASE ALL STAR:年間で非常に優れた成績を収めた部長または執行役員に与えられる賞のこと。
コメント:大卒から執行役員へ一直線!やればできる!
 

氏名:張 擎宇(ちょう けいう)
新役職名:ベース株式会社 執行役員 第2システム本部 第4システム部長
略歴:
2011年ベース株式会社に入社し、2014年マネージャ昇格。2018年にERP部門の部長着任。2019年・2020年にBASE ALL STAR※を2年連続受賞。顧客企業のビジネスパートナー賞、ベストイノベーション賞の受賞にも貢献。
※BASE ALL STAR:年間で非常に優れた成績を収めた部長または執行役員に与えられる賞のこと。
コメント:年齢、社歴に関係なく、公募の機会を与えてもらえたため、このチャンスを逃がしたくない、自分がどこまでできるのか試してみたいと思い応募しました。堅忍不抜の姿勢でもっと力を発揮し、会社に貢献したいと思います。
 
  • 2021年度ベース株式会社人事

 

 
  • 会社概要
ベース株式会社は、システム受託開発やERP導入ソリューションを軸にしながら、個人番号対応ソリューションや中国へのビジネス進出サポートといった事業を展開するIT企業です。
社員の半分が中国人、社長も中国・上海出身で中国にルーツを持ち、日本の品質と中国の技術力を兼ね備えた、日中両方の特色を持つ異色のグローバル企業です。

会社名:ベース株式会社(コード番号:4481 東証市場第一部)
代表者名:代表取締役社長 中山克成
所在地:〒101-0021東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX8階
設立:1997年1月
資本金:10.41億円
事業内容:コンピュータソフトウェアの開発および関連業務
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ベース株式会社 >
  3. 【2021年度人事についてのお知らせ】次世代の経営者候補として「逃げない」人材を育てることを目的に社内公募により現役エンジニアが執行役員就任