ウズベキスタン政府がクリーンエネルギーへの取り組みを強化、エネルギー省とACWA Powerが共同で画期的なマイルストーンを達成

  • 合計で25億米ドルの投資と2,500MWの最大出力からなる、3つの新たな大規模発電プロジェクトを展開
  • シルダリヤで発電容量1,500MWのCCGT発電所の起工式を開催
  • 日本の三菱パワー株式会社が最新鋭ガスタービン2基を本プロジェクトに供給
  • ブハラとナヴォイの2つの風力発電所(合計最大出力1,000MW)における、2件の電力販売契約と投資協定に署名
  • ウズベキスタンのエネルギー省、ACWA PowerおよびAir Productsは、再生可能エネルギー・水素分野での研究プログラムに向け戦略的枠組契約を締結
  • ウズベキスタン、サウジアラビア、ACWA Powerの高官・代表がタシケントとシルダリヤの式典に出席

2021年1月25日、ウズベキスタン、タシケント:ウズベキスタン共和国のエネルギー省および投資貿易省、ならびにACWA Powerはこのほど、2020年3月に締結した契約に基づく本発電プロジェクトの進展における3つの大きなマイルストーンを結実させました。これにより、同国が掲げる野心的なエネルギー改革計画の実現と、2,500MWの発電容量の増加が可能となります。

シルダリヤのガスタービンコンバインドサイクル(CCGT)発電所(1,500MW)の起工式は、ウズベキスタン共和国からサルドール・ウムルザーコフ副首相兼投資貿易大臣アリシェル・スルタノフ・エネルギー大臣のほか、サウジアラビア王国のハーリド・アル・ファーレフ投資大臣およびヒシャーム・ミシャール・アル・スワイレム在ウズベキスタン大使率いるサウジアラビア使節団出席のもと執り行われました。そのほか、ウズベキスタンのエネルギー省および投資貿易省、ACWA Power、Air Productsからそれぞれ代表が出席しました。 起工式の終了後、ブハラとナヴォイにある2か所の風力発電所に関する2件の電力販売契約と投資協定の署名式が行われました。

2030年には年間1,100億kWhに達するほどの高成長が見込まれるウズベキスタンの電力需要を満たすため、ACWA Powerは技術的な知見、専門知識、経験に基づき、これら3つのプロジェクトを実現してまいります。ACWA Powerの貢献は、近年のエネルギー部門の改革のもと、エネルギー効率の向上、省エネルギー技術の導入、再生可能エネルギー源の開発および利用を目指すウズベキスタンの国家的な目標にも沿ったものです。

サウジアラビアのハーリド・アル・ファーレフ投資大臣は次のように述べています。

「これらの先見的なプロジェクトは、我が国とウズベキスタンの間の投資関係の新たな1ページを開くものです。ACWA Powerのようなサウジアラビア企業が、このようにウズベキスタンの経済改革の中核となるインフラ投資プログラムで重要な役割を果たし、同国を支援することは、サウジアラビアの投資大臣として特に喜ばしいことです。この極めて重要な契約を我が国の投資省が主導できたことは私たちの誇りです」。

「ACWA Powerはサウジアラビアの真の成功事例であり、我が国で急成長する民間セクターの礎です。その成長は、ウズベキスタン投資貿易省が導入した様々なビジネス支援改革により支えられています。このパートナーシップが、両国の貿易および投資分野における、更なる協業の始まりの端緒となることを確信しています」。

ファーレフ大臣はまた、サウジアラビアのエネルギー省がこの契約締結の支援において果たした素晴らしい役割を称賛し、ウズベキスタンが、エネルギー分野、特にクリーンで再生可能なエネルギーに関するサウジアラビアの専門知識を活用することを勧めています。

ウズベキスタンのアリシェル・スルタノフ・エネルギー大臣は次のように述べています。

「最も重要なのは、本日のマイルストーンによって我が国が自ら掲げた約束を履行していることが示されたということです。ウズベキスタンのクリーンエネルギーの発電容量を増強するには、多くの開発、投資目標を継続的に達成していくことが必要です。計画を効率的に実行することで、ウズベキスタンへの更なる投資を呼び込み、我が国のエネルギー事情を改善することにつながります。エネルギー省としては、ACWA Powerやサウジアラビアの様々な協力がこの成功をもたらしてくれたことに深く感謝します。私たちは長期にわたる成果に溢れた関係を楽しみにしております」。

ACWA Powerは、プロジェクトの建設および運用フェーズにおいて、ウズベキスタンの現地従業員1,000人に対するトレーニングやスキルアップにも取り組み、知見の共有と雇用の創出により、長期にわたる社会経済的価値を創造していきます。

ACWA Powerのムハンマド・アブナイヤン会長は次のように述べています。

「誇り高きサウジアラビアの企業として、当社はウズベキスタンの脱炭素およびエネルギー改革の取り組みに重要な貢献ができたことを光栄に思います。これは、革新的で先見的なリーダーシップから生まれた、サウジアラビアとウズベキスタンの間の国際協調に基づくものです。この機会をお借りして、このプロジェクトへ価値ある支援を頂いたサウジアラビアのハーリド・アル・ファーレフ投資大臣とヒシャーム・ミシャール・アル・スワイレム在ウズベキスタン大使が率いるサウジアラビアの使節団に謝意を表したいと思います。私たちはまた、責任をもって安全、確実に低コストの電力を生み出すという当社の使命を、ウズベキスタン政府、エネルギー省、投資貿易省が信頼していただけたことに感謝します」。

「当社は、新たな再生可能エネルギーの増強や、革新的な技術の探索、より効率的でクリーンなコスト競争力のあるガス発電の発展を通じて、高い成長力のあるウズベキスタン市場でのプレゼンスを高め、世界的な専門知識や技術ノウハウを活用してウズベキスタン社会に長期的かつ持続可能な価値を創造してまいります」。

シルダリヤCCGT 発電所について

発電容量1,500MWを誇るシルダリヤCCGT発電所の起工式を受け、建設が始まりました。日本の三菱パワー株式会社が、当プロジェクトに対し現在業界最高水準の最新鋭ガスタービン2基を供給します。

当プロジェクトは、ウズベキスタンのあらゆる産業へ、より効率的でクリーンな、コスト競争力のあるガス発電を提供し、完成時にはウズベキスタンの設置電力容量の8%を占め、電力需要の15%を供給する予定です。総投資額およそ12億米ドルのこの発電所は、60%を超える発電効率を有し、同国の古い発電所での発電に現在使われているガスの量と比較して約半分ですみます。その設計や運用、リアルタイムモニタリング構造は、世界の専門家により設計された最新鋭のもので、昼夜を問わずエネルギー生産プロセスを改善し、空気絶縁されたスイッチヤード(開閉所)からウズベキスタンの国内パワーグリッドまでシームレスな流れを作り、同時に二酸化炭素(CO2)排出量を年間220万トン削減します。

ブハラ、ナヴォイ風力発電プロジェクト について

合計で1,000MWの発電容量となる、2か所の風力発電所に対する2件の電力販売契約が、共同出資会社National Electric Grids of Uzbekistanのイサクロフ・ダダジョン・アイナクロヴィッチ会長ACWA Powerのラジット・ナンダ・チーフポートフォリオマネジメントオフィサー兼臨時CIOにより署名されました。2件の投資協定はサルドール・ウムルザーコフ投資貿易大臣ACWA Powerのアブナイヤン会長により署名されました。

ブハラとブハラ/ナヴォイ地域にそれぞれ位置する「Bash」および「Dzhankeldy」発電所は、総投資額13億米ドルで、年間のCO2排出量を160万トン削減すると予測されています。約200台の風力タービンを有するこのプロジェクトでは、270万世帯への電力供給が行われ、ウズベキスタンの風力発電の目標である3GWの3分の1に貢献し、2030年に全電力の30%を再生可能エネルギーから得るという政府の目標を支援します。

再生可能エネルギー開発と水素プログラムでの協業について

ウズベキスタンのエネルギー省は、電力および水資源の開発、投資、運営におけるリーダーであるACWA Powerと、水素製造および流通の世界的リーダーであるAir Productsと共同で、2社の広範な経験を生かした、水素および再生可能エネルギー分野での研究プログラム・プロジェクトの発展に向けた戦略的枠組契約を締結しました。契約はウズベキスタンのアリシェル・スルタノフ・エネルギー大臣ACWA Powerのムハンマド・アブナイヤン会長により署名されました。

この契約は、国際連合気候変動枠組条約に基づくパリ協定に則した世界の取り組みの一環として、ウズベキスタンが現在行っている温室効果ガス排出削減の取り組みを支援するものです。

ACWA Powerは今後も、優れたオペレーションと技術的専門性により、高い成長性が見込まれる市場でのリーダーシップを高めることに引き続き注力し、電力と淡水を世界13か国の地域社会に供給していきます。

ACWA Powerについて

ACWA Powerは発電所および淡水製造工場のデベロッパー、投資会社および運営会社です。2004年にサウジアラビアのリヤドで設立、登記され、従業員数は約3,500人。現在、中東、アフリカ、中央アジア、東南アジアの13か国で事業を行っています。ACWA Powerのポートフォリオには、626億米ドルの投資価値がある62の資産が含まれており、38.9 GWの電力と580万m3/日という大量の淡水を供給し、公益事業サービスのアウトソーシングおよび官民連携モデルの下、長期のオフテイカー契約で国の公益事業や産業界のニーズに応えています。

ACWA Powerの使命は、電力および淡水を低コストで安定して供給し、地域社会や国の持続可能な社会経済的発展に効果的に貢献することです。ACWA Powerは、世界のあらゆる地域で、安全、人および運用性能の価値に全力を傾けています。より詳しくはwww.acwapower.comをご覧ください。

Air Productsについて

Air Products(NYSE:APD)は80年の運営実績を持つ世界一流の産業用ガス会社です。同社はエネルギー、環境および新興市場に焦点を合わせ、産業に必須のガスや関連設備、利用の専門知識を、精製、化学、金属、電子、製造、および食品/飲料など何十もの業界の顧客に提供しています。Air Productsは、液化天然ガスのプロセス技術や設備の供給でも世界的な有力企業です。同社は、高価値な電力や燃料、化学製品製造のために豊富な天然資源を合成ガスに持続的に変換するガス化プロジェクトや、炭素捕集プロジェクト、グローバルな輸送やエネルギー変換を支援する世界的なカーボンフリーの水素プロジェクトなど、世界最大の産業用ガスプロジェクトのいくつかを開発、設計、建設、保有、運営しています。

同社は50か国で事業を行っており、2020年度の売上高は89億米ドルで、現在の時価総額は約600億米ドルです。様々なバックグラウンドを持った19,000人を超える、情熱的で才能あふれる熱心な従業員は、環境に優しく、持続可能性を向上し、顧客や地域社会、世界が直面する課題に取り組むための革新的なソリューションを創造する、というAir Productsの高い目標により動機付けられています。より詳しくはairproducts.comをご覧になるか、LinkedInやTwitter、Facebook、Instagramで公式アカウントをフォローしてください。 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ACWA Power >
  3. ウズベキスタン政府がクリーンエネルギーへの取り組みを強化、エネルギー省とACWA Powerが共同で画期的なマイルストーンを達成